呪術廻戦 260話ネタバレ: 虎杖・東堂VS宿儺の戦いが始まる?

呪術廻戦 260話ネタバレ: 虎杖・東堂VS宿儺の戦いが始まる?

3.2/5 - (5 votes)

呪術廻戦 260話ネタバレ: 虎杖・東堂VS宿儺の戦いが始まる? 260話以降では、領域展開の直後のため術式使用が困難な状態にある宿儺を相手に、虎杖・東堂が共闘する展開になるでしょう。

呪術廻戦 260話 はここでリリースされる予定で、オンラインで読んだり議論したりできます。➡ 呪術廻戦 260話 Raw – オンラインで無料で読む

呪術廻戦 260話ネタバレ

呪術廻戦 260話ネタバレ: 虎杖・東堂VS宿儺の戦いが始まる?

新宿決戦の状況のおさらい

新宿決戦のマッチアップ
虎杖悠仁


東堂葵


(脹相)

VS 両面宿儺

宿儺が再び領域「伏魔御廚子ふくまみづし」を展開した上、「カミノ」「フーガ」を披露することとなった新宿決戦。
カミノ」という宿儺の最終奥義が発動されたことで、命を賭して虎杖を庇った脹相が死亡し、戦場には虎杖だけが残る様子が描かれました。
ただし、虎杖・宿儺が対峙する場には東堂も姿を現し、宿儺の眼前に虎杖・東堂の二人が並び立つという状況へと移行することに。

領域内にいた高専術師の現状とは?

死亡したキャラ
脹相
現状不明となっているキャラ
禪院真希 三輪霞 猪野琢真

領域「伏魔御廚子ふくまみづし」の範囲内にいた上記の面々は、死亡した脹相以外、現在の生存・死亡状況は不明となっています。
ただし259話では、冥冥の烏・領域内の人間を、東堂の術式で入れ替えて領域外へ脱出させるという作戦が、決戦前に東堂・冥冥の二人の間で立てられていたことが判明しました。
実際の安否に関しては不明なものの、作戦通りであれば真希・三輪・猪野の三人は生きていると言えそうです。

虎杖・東堂VS宿儺の戦いが始まる?

焦土が広がる光景を目の当たりにし、自身を何があっても役割を全うする部品と言い聞かせた、覚悟の根底が揺さぶられることとなった虎杖。
しかし、戦場に現れた東堂から「多分大丈夫だ!!」と声を掛けられると、今は信じるしかないと気持ちを入れ替えることに。
260話以降では、領域展開の直後のため術式使用が困難な状態にある宿儺を相手に、虎杖・東堂が共闘する展開になるでしょう。

東堂の術式・左腕の現状とは?

渋谷事変において、真人の0.2秒の領域展開を受け、自身の左腕を切り落とす選択を取った東堂。
その後、「俺の『不義遊戯じゅつしき』はもう死んでいる」と口にしたものの、259話では不義遊戯ブギウギ」の鼓動を感じると話しているのが特徴です。
乙骨に同行して術式の調整を行なっていたとの文言からも、東堂は左腕を失っているものの、術式「不義遊戯ブギウギ」は使用可能と捉えられるでしょう。

左腕には義手をつけている?

岩手県・御所湖結界コロニーに姿を現し、乙骨が羂索に奇襲をかけた際には、「カァァァン」と何やら意味深な効果音が記されていました。
この効果音の直後、乙骨の位置が入れ替わっていたため、乙骨に同行していた東堂が「不義遊戯ブギウギ」を使用したと考えられるでしょう。
左腕に包帯を巻いて登場した東堂ですが、左腕には義手などをつけているのかもしれません。

虎杖の腕の変化の秘密・能力とは?

引用元:『呪術廻戦』公式X

腕に呪具を装備している
「呪胎九相図」を取り込んだことによる変化

虎杖は238話の最後に戦場に現れた時から、腕が変化しているのが特徴となっています。
腕の変化の理由は明かされておらず、呪具を装備しているほか、虎杖自身の肉体が変化しているという二つが候補として考えられるでしょう。
仮に両腕に呪具を装備している場合、呪具に存在する効果に注目と言えそうです。

再度伏黒の魂への接触を試みる?

宿儺と戦う高専術師たちには、最終的に虎杖が伏黒の魂を叩き起こすという狙いがありました。
しかし251話では、伏黒の魂が既に限界を迎えており、虎杖たちの作戦は失敗に終わることに。
ただし、このまま伏黒の魂を放置するとは考えにくく、259話以降では虎杖が再度伏黒の魂を叩き起こす展開になるのではないでしょうか?

宿儺の下右腕は使用可能となった?

カミノ」「フーガ」と唱えた際の宿儺は、上右腕だけでなく下右腕も使用しているのが特徴です。
下右腕は乙骨に刀で斬られ、戦闘に使えない状態となっていたため、領域展開中に使用可能となったと捉えられます。
反転術式の効きが鈍かったはずの宿儺ですが、このタイミングで下右腕の治療を優先したのではないでしょうか?

続きを読む:  呪術廻戦253話ネタバレ考察: 真希が天逆鉾を取り出す

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です