呪術廻戦 233話の予想: 宿儺反撃へ!

呪術廻戦 233話の予想: 宿儺反撃へ!

4/5 - (3 votes)

『呪術廻戦』は魅力的な新たなディテールでファンを興奮させています。 「spoilerplus.net」にて「呪術廻戦 233話」が先行公開されましたので、232話の内容を予想してみましょう。

まだ第232話を読んでいない場合は、以下のリンクにアクセスして読んでください。

呪術廻戦 232話のまとめ

  • 前回最新話では、五条の”赫””黒閃”のコンビネーションで宿儺を意識消失まで追い込むことができました。
  • しかし、魔虚羅の歯車は4回回転してしまい無下限呪術に適応されてしまったが挙句、
  • 魔虚羅本体が登場し、八握剣で五条の胸元を切り付けてしまいます。
  • これにより五条はどれだけのダメージを負ったのか?宿儺の状態はどうなのか?

呪術廻戦 233話の予想

2023年8月28日(月)発売の週刊少年ジャンプ(2023年39号)に掲載予定となっている、呪術廻戦最新話233話のネタバレ、考察についてお伝えしていきます。ただし、いつものように、2023 年 8 月 23 日水曜日に「spoilerplus.net」ですぐにリークされます。新しい章のリンクが予定されています。以下のリンクをご覧ください。

◆ 五条の生死
◆ 宿儺の状態
◆ 伏黒恵の魂の動向と自我は?
◆ 対決の行方は?
◆ 魔虚羅の適応のカラクリ

続きを読む:  呪術廻戦253話ネタバレ考察: 真希が天逆鉾を取り出す

呪術廻戦 233話の予想 |  五条のダメージと生死は?

前回最新話で五条は魔虚羅に胸元を切られてしまっています。

呪術廻戦 233話の予想: 宿儺反撃へ!

今までであれば反転術式が使用できましたが、今は脳のダメージにより反転術式を使えない状況になっています。

ですが、メタ的な考察ですが五条は今後死ぬことはないと思います。

そして、五条が胸元を切られてしまったことが以前伏黒甚爾戦でも見られています。

あの時は呪力の核心を掴み反転術式を使用できるようになったことで復活しています。

その時と同等のダメージを負っている可能性は高いのではないでしょうか?

五条といえどもピンチかもしれません。

呪術廻戦 233話の予想 | 五条が覚醒?

上記でも考察しましたが、伏黒甚爾戦と状況が似ています。

五条は伏黒甚爾戦で反転術式を使用できるようになり、加えて呪力の核心も掴んでいます。

そして、現代最強の呪術師へと成り上がりました。

今回も呪いの王宿儺相手に善戦していますが、現在の状況ですら圧倒的に五条のほうが不利です。

そこに今回の魔虚羅の一撃により、五条が再覚醒を果たし新技極ノ番初披露になるのではと考えます。

むしろファンであれば絶対に見てみたいシーンですよね!?

呪術廻戦 233話の予想 | 宿儺のダメージとその状態は?

宿儺は五条にの”赫”と”黒閃”のコンビネーションを真っ向から食らっています。

呪術廻戦 233話の予想: 宿儺反撃へ!

それにより、意識を失った状態になっています。

五条は普通のパンチでも黒閃級の威力なのに、正真正銘の”黒閃”を食らってしまえば宿儺もたまらずダウンしてしまうほどだと判明しました。

宿儺も五条の無量空処を10秒も受けてたことによる脳のダメージがあるため、反転術式が五条と同じく使用できないと思われます。

なので、黒閃のダメージを負ったまま戦いを継続していかなくてはいけません。

しかしそれでも、五条より優位な立場であることは変わりません。

これからの戦いが見ものですね!

呪術廻戦 233話の予想 |  魔虚羅の適応のカラクリは?

前回最新話で日下部、虎杖などの解説サイドも気になっていた魔虚羅の適応のカラクリについてですが、

  • 同じ攻撃を受けることで適応の経験値を貯めていく方法
  • 1度受けた攻撃に徐々に適応していく方法

上記方法のどちらかではないかと考察していましたが、

個人的にはどちらも考えられるかと思います。

続きを読む:  呪術廻戦 260話ネタバレ: 虎杖・東堂VS宿儺の戦いが始まる?

相手の攻撃に応じて、1度で適応できないものは経験値タイプで適応していく1度で適応できるものor適応が難しくない攻撃は徐々に適応or一度で適応するのではないかと思います。

相手に応じて柔軟に適応の仕方を変えられる能力も持ち合わせているのではないかと考えます。

しかし、魔虚羅にも弱点はあると思われ、今の所宿儺が実践した”適応される前に火力勝負で仕留める”のが対処法の一つになっています。

呪術廻戦 233話の予想 | 五条は極ノ番を隠しているのか?

領域展開勝負で宿儺と互角に戦っていた五条ですが、無下限呪術の極ノ番に注目が集まっています。

無下限呪術では領域展開の他に、虚式「紫」が強力技として知られています。

極ノ番も強力な技として知られており、夏油傑の呪霊操術「うずまき」、漏瑚の「隕」、壊相の蝕爛腐術「翅王」が出てきています。

現代最強の五条にも極ノ番がある可能性は高いです。

現状無下限呪術は適応されないように使用しない状態で戦っています。

もし習得しているなら、適応されないうちに火力勝負のために残している可能性は高いですよね。

これまでの傾向から、色関係の技名になることは確かですね。

呪術廻戦 233話の予想 |  宿儺の術式や■・フーガを発動する?

宿儺は自身の術式とは別の能力を持っている可能性があります。

それが■・フーガです。

まだ五条戦では見せてはいません。

五条に悟られないように隠しているのか、はたまた作戦があるのか、未だ不明ですが、

宿儺の強力な技の一つであることは確かです。

漏瑚の「隕」にも負けない火力を有していることもあって五条にも通じる可能性があります。

無下限呪術を引き出すために使う可能性もあり?

呪術廻戦 233話の予想 |  宿儺の薄ら笑みの理由は?

最新話で宿儺が最後に薄ら笑いしたのは五条に対して絶対的な秘策があるからor五条も気づかない体のトラブルを宿儺は知っているからだと考えます。

呪術廻戦 233話の予想: 宿儺反撃へ!

自身に無量空処が効いていたのは流石に唖然としていましたが、それでもまだ余裕の表情ができるのはそれなりの理由はありそうですね。

五条よりも宿儺の方がまだまだ手札を残しています。

伏黒恵の生得術式「十種影法術」に加え、自身の生得術式「御厨子」もまだまだ使用していない技があります。

フィジカル的にはお互いまだまだ余裕がありそうな印象なので、勝負が傾くとしたら術式勝負の部分になるかもしれません。

呪術廻戦 233話の予想 |  五条宿儺の術式の回復は?

最新話で、お互いがダメージにより術式が展開できずにいましたが、

両者術式の回復ができるのか?

五条は反転術式で術式の回復をしていましたが脳をフルに使用し回復させていたことで鼻血が出る結果となりました。

しかし宿儺は反転術式は使用していたもののフルまで使用はしていません。要所要所で反転術式を使用しそのほかは生得術式を使用しています。

術式の使用に余裕があるのは宿儺です。

五条よりも宿儺の方が術式回復を短時間で行える可能性があります。

なので、格闘戦もすぐに終了し宿儺の術式が五条を襲うかもしれません。

呪術廻戦 233話の予想 | 宿儺が魔虚羅顕現させるのはいつ?

宿儺は五条の手札を全て出させるべくこれまで術式もセーブして戦ってきました。

そして無量空処を伏黒恵に肩代わりさせて自身はダメージを最小限にして戦っています。

しかし、実際は魔虚羅が適応させる方が精度は高いのではないでしょうか?

そのため五条の初見でとっておきの技のために残して置いている可能性があります。

そのため魔虚羅完全顕現まではまだまだ先かもしれません。

呪術廻戦 233話の予想 |  宿儺は他の術式を使う?

宿儺は生得術式のほかに、アンチグラビティの術式、十種影法術を会得しています。

しかし五条が違和感を感じるように他の術式を使うタイミングはいろいろあったはず。

それでも使用しないということは五条には使わずに戦う縛りを作って自身の生得術式の出力を上げているのか、

最終手段のとっておきとして意図的に発動させないのか、

前回最新話で魔虚羅の舵輪が描かれていたため、次回229話で宿儺が十種影法術を使う伏線になっているかもしれません。

呪術廻戦233巻はいつ発売されますか?

2023年8月28日(月)発売の週刊少年ジャンプ(2023年39号)に掲載予定となっている、呪術廻戦最新話233話のネタバレ、考察についてお伝えしていきます。ただし、いつものように、2023 年 8 月 23 日水曜日に「spoilerplus.net」ですぐにリークされます。

呪術廻戦233はどこで読める?

新しい章のリンクが予定されています。以下のリンクをご覧ください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です