呪術廻戦234話以降考察 | マホラガの力と能力の説明

呪術廻戦234話以降考察 | マホラガの力と能力の説明

4/5 - (4 votes)

呪術廻戦234話以降考察 | マホラガの力と能力の説明: 八柄剣ダイバージェント・シラ神将マホラガは、 最強の 』の十影の術で召喚できる式神。 柔術海戦。 禪院一族はマホラガを究極の武器と考えていますが、一族の魔術師でその野生の力を制御することに成功した者は一人もいません。

十影法

十影の術とは、呪術廻戦の世界において古くから禪院家に伝わる強力な能力です。 この術により、ユーザーは影を媒体としてXNUMX種類の式神、つまり精霊生物を召喚することができます。 各式神は、戦闘でユーザーを助けたり、他の方法でユーザーに役立つ独自の能力を持っています。 式神を制御するには、魔術師はまず激しい悪​​魔祓いの儀式で式神を倒し、式神に対する自分たちの力を証明する必要があります。

式神は一度倒されると召喚者と結びつき、影を形成して呼び出すことができる。 十影を制御するには、優れたスキル、強さ、忍耐力が必要です。 この術で最も恐ろしい式神はマホラガです。 マホラガは強大な力を持っていますが、制御するのが非常に困難です。 最も才能のある禪院マスターのみが戦闘でそれを召喚することができます。

呪術廻戦234話以降考察 | マホラガの召喚方法

マホラガを召喚するには集中力とスキルが必要です。 まず、魔術師は心をクリアにして集中しなければなりません。 彼らはハンドサインを使って呪われたエネルギーを形作り、魔法の言葉を言ってマホラガを呼び出します。 召喚の呪文が終わると、マホラガが姿を現し始める。 まず筋肉質の巨大な体が形成され、次に翼と尾が形成されます。

続きを読む:  伏黒恵は本当に死んだのか? 呪術廻戦 237 後の考察

仏教では、マホラガはダルマ (仏教の教え) を守護する XNUMX つのクラスの神の XNUMX つです。 これらのクラスは総称して Eight Legion として知られています。 マホラガは蛇の神として描かれることが多く、その役割は仏陀に仕え、仏陀を守ることです。 そのような、 呪術廻戦のこの式神は、シリーズの他の要素と同様に、仏教の伝統からインスピレーションを得ています。。 JJKのマホラガは主に八ハンドルと滅びの剣から力を得ています。

XNUMX ハンドルホイール

呪術廻戦234話以降考察 | マホラガの力と能力の説明

呪術廻戦では、車輪はマホラガのデザインの重要な要素であり、式神の比喩的および物理的側面の両方として機能します。 仏教における車輪は、生、死、再生の循環的な性質、輪廻、そして悟りへの道を象徴しています。 マホラガの文脈では、 車輪は式神の変身能力を表し、敵の攻撃に対抗するために調整し進化することができます。。 この動的な適応は仏教の無常(無常)の概念を反映しており、式神の姿や能力を含め、存在するすべてのものは変化する可能性があることを示しています。

マホラガは式神として、本質的にこの輪と結びついています。 スクナとの戦い(第118-119章)で見られたように、そのような脅威に応じて適応し進化することで、最も強力な技術にも対抗できます。 そうすることで、マホラガは全能の存在に近づきます。 だからこそ、スクナはめぐみに特に興味を持っているのです。 マホラガがその意志に従えば、魔術師の世界に不可能なことは何もありません。 最近では217話で車輪を使って万を倒しました。 したがって、 宿儺は五条に勝てる可能性がある。 しかし、作者の芥見が最終章を終えた後、彼らの戦いの結果がわかります。

続きを読む:  呪術廻戦 248話の分析: 日車寛見の宿儺戦での役割とは?

滅却の剣

呪術廻戦234話以降考察 | マホラガの力と能力の説明

皆殺しの剣は、マホラガが戦闘で使用する主な武器です。 一見すると、この剣はマホラガの右腕に取り付けられた単なる刃に見えます。 しかし、その控えめな見た目は、その驚くべきパワーを裏切ります。 ポジティブなエネルギーで作られたこの大きな刃は、戦うほとんどの敵にとって致命的であることが証明されています。 呪いの王のような強大な敵でさえ、最初はこの剣の激しい打撃に苦戦しました。

しかし、滅却の剣の本当の強さは、そのポジティブなエネルギーにありません。 スクナのような型破りな敵と対峙したとき、マホラガは戦術を変更し、代わりに悪意のある呪われたエネルギーを剣に向けました。 この柔軟性と狡猾な適応はマホラガそのものの特徴であり、 滅却の剣は式神の力の延長である。 古代のマホラガの手にかかれば、絶滅の剣は無数の敵を打ち負かすことができるダイナミックに強力な武器となります。

 

Response (1)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です