五条悟が生き残る可能性のある2つの方法は次のとおりです

五条悟が生き残る可能性のある2つの方法は次のとおりです

3.9/5 - (7 votes)

漫画シリーズ「呪術廻戦」は、第236話のネタバレ公開により劇的な展開を見せた。シリーズ最強のキャラクター同士の対決は決着したが、それはファンが期待していたものではなかった。

呪術廻戦 236 の完全版は以下のリンクで読むことができます。

五条悟と両面宿儺の激闘は全14章、約3か月に及びました。 戦いは長かったが、宿儺が五条を破ったかに見える驚くべき展開で終わった。

五条悟が生き残る可能性のある2つの方法は次のとおりです
五条は負けて宿儺に真っ二つにされた

長期にわたる戦いの末、五条が勝利したかに見えたが、事態は急速に変化し、宿儺が五条を圧倒した。 宿儺の五条に対する強力な攻撃により、五条の体は真っ二つになり、彼は死んだように見えました。

続きを読む:  【正式版】呪術廻戦233話ネタバレ!|宿儺&魔虚羅+顎吐VS五条

この予想外の結果は、呪術廻戦のファン層に衝撃を与えており、特にマコラの攻撃が五条にどのような影響を与えたかについてゲゲ先生がほとんど明確にしていなかったためである。

注目に値するのは、呪術廻戦は少年漫画であり、少年シリーズの典型であるように、キャラクターが奇跡的な回復をしたり、死から復活したりすることさえ前例がないわけではありません。

この記事では、五条が復活して宿儺と対決し、同時に雷神である鹿紫雲と協力する可能性についての理論と可能性を探ります。

現在、五条の復活の可能性を示唆する2つの説があり、それらについて詳しく掘り下げていきます。

理論その1:反転術式で自身を再生する

反転術式は、主に傷の治癒や再生を目的として、ユーザーがネガティブなエネルギーをポジティブに変換するユニークな方法として際立っています。

しかし、疑問が生じます。特に現在の状態で、五条悟は自分自身を癒すためにこのテクニックをどのように利用できるのでしょうか? これを理解するには、呪われたエネルギーとその逆のエネルギーの両方の起源を探る必要があります。

第186話から第190話にかけて行われた殺戮ゲーム編での鹿紫雲とハカリの激闘を思い出しながら、鹿紫雲がヒカリの脳を狙う瞬間があった。

なぜこの特定のターゲットを設定するのでしょうか? それは、反転術式は魔術師の脳から直接エネルギーを引き出しているからである。

一方、隠し在庫編、特に五条と伏黒甚爾の戦いを振り返る。

確かに刀使は五条を殺しましたが、彼は復活しました。 復活後、五条は頭を刺すのに「天の逆鉾」を使うかクビチョンパした時真に倒すことができると説明します。

これらの洞察を総合すると、五条には復活のチャンスがあると考えられます。

マコラの攻撃で五条は下半身に大きなダメージを負ったものの、頭を含む上半身は無傷のままだ。 これは、彼がまだ逆転の呪われたエネルギーを使用する可能性を持っていることを示唆しています。

ただし、課題は残っています。逆転呪術は魔術師の脳によって生成されるスキルではありますが、それでも呪われたエネルギーのサブセットです。 では、五条はこのエネルギーをどうやって生み出すのでしょうか? 通常、魔術師の呪われたエネルギーは胃の中で生まれます。

続きを読む:  呪術廻戦 240話考察: 黄櫨折(はぜのきいおり)は死んだのか?

五条の上半身(腹部と頭部を含む)がまだ無傷であることを考えると、一縷の望みがある。

五条が十分な意識を維持していれば、呪われたエネルギーと反転術式を利用して自分自身を癒し、スクナとの戦いで雷神鹿紫雲を助けることができるかもしれない。

説その2:メイメイと七海、五条の会話

シリーズの第 236 章では、マンガ全体の中で最も重要と思われる会話が明らかになります。 章が始まると、ナナミ、ゲトー、メイメイなどのおなじみの顔と一緒に五条が登場します。

五条の心の中で起こったこの会話は、本質的には親しい友人たちとの別れを意味する。 七海は、五条の行動を全面的に支持することはできず、彼の死を悲しむだろうと率直に語る。

興味を持った五条は、マヒトの致命的な攻撃の前に最期の瞬間の気持ちを七海に尋ねます。 ナナミはメイメイとの過去の会話を思い出し、メイメイはこう言った。

「別の視点から自分自身を探したいなら、北に移動してください。 あるいは、同じ人間であり続けたいなら、南に引っ越してください。」

七海は南の方向を向いたが、それは彼が同じままでいたいという意味だった。 五条が北を選ぶ可能性もあるかもしれないし、それは彼が自分自身を探すための第二の覚醒になるかもしれないが、別の視点から見ると。

前に述べたように、五条の頭と腹はまだ体に無傷であり、「死後の世界」では、五条は空港で友人たちと立っています。

五条は友人たちに別れを告げ、飛行機に乗り込む。 その飛行機は第二の目覚めとして北へ向かっているのかもしれない。

このシーンには蓮の花も登場します。 伝統的に、蓮は精神的な再生を表しており、五条が復活する可能性をさらに示唆しています。

続きを読む:  五条悟は死んだ?復活の可能性はないのか? | 呪術廻戦237話考察

七海のアドバイスに基づいて、五条は決断を迫られます。南に向かい運命を受け入れるか、それとも北に移り、彼の魔術を新たな高みに押し上げるかです。

七海が南を選択したことにより、五条が北を選択し、復帰の可能性を示し、鹿紫雲とともに宿儺との新たな対決の舞台を整えることは考えられます。

五条悟が復活する可能性を示唆する有力な説が2つあります。 ただし、これらの理論はまだ確認されていないため、ある程度の懐疑心を持って取り組むことが重要です。

さらに、日本の漫画の人気投票によると、五条悟は呪術廻戦の世界で最も愛されているキャラクターとして際立っています。 広大な空を思わせる魅惑的な青い瞳と、その類稀なる強さから「最強」の称号を得る。

このような重要なキャラクターを削除すると、マンガの売り上げに悪影響を及ぼす可能性があります。 五条の絶大な人気を考えると、クリエイターが彼を永久に脇に置くことは考えにくいでしょう。

今のところ、私たちにできることは、五条の運命について推測し、彼が本当に最後を迎えるのか、それともひねりが用意されているのかを確認するために次の章を心待ちにすることだけです。

Responses (7)

  1. 呪力は腹で回すのに腹を切断されたら終わりだと思う

  2. 伏五郎刀使→伏黒甚爾
    『頭を完全に除去した場合にのみ』→『頭を刺すのに「天の逆鉾」を使うかクビチョンパした時』と説明していました

  3. 伏五郎刀使→伏黒甚爾
    『頭を完全に除去した場合にのみ』→『頭を刺すのに「天の逆鉾」を使うかクビチョンパした時』と説明していました

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です