五条悟は反転術式や髙羽史彦の術式で復活できない?

五条悟は反転術式や髙羽史彦の術式で復活できない?

5/5 - (3 votes)

五条悟は反転術式や髙羽史彦の術式で復活できない? 五条は復活できるのか? 五条はあっけなく殺された。

五条悟の復活は反転術式や髙羽史彦の術式でも不可能なのか?

五条悟が反転術式で復活する可能性はないのか?

反転術式を含めた術式は、術師の脳に刻まれているわけですから…

術師が、脳以外のどこかに大きなダメージを負っても脳さえ無事ならば、反転術式で肉体を戻すことは可能なはずですね。

ですが… いかに脳に直接ダメージを負ったわけではなくても、術師が命を失ってしまえば、もう反転術式を使うことなどできないはずですね!

また… 死後、時間が経過すれば、血流が止まった脳もダメージを受けてしまいますし…

やはりどう考えても五条悟自身の反転術式による復活はあり得ないだろうと思います!

髙羽史彦が五条悟をサポートしようとしているのかと思ったが…

現代最強の術師・五条悟と史上最強の術師・宿儺の最強対決が始まってから呪術高専関係者などの術師たちが対決の様子をモニターを通じて見ていました。

続きを読む:  呪術廻戦246話考察: 没収失敗!!

そして、その術師たちの中には鹿紫雲一や日車寛見などもいましたが… なぜか髙羽史彦の姿は見当たりませんでした。

ですから、髙羽史彦は五条悟をサポートするために対決中の五条悟、宿儺の近くに潜んでいるのではないかと推察していました。

髙羽史彦は「ウケる」と確信した想像(イメージ)を実現させる五条悟にも対抗できうる術式「超人」(コメディアン)を持っていますから…(呪術廻戦20巻 第173話)

五条悟が死にそうになった時に五条悟が無事でいた方がウケると想像しさえすれば、五条悟の命を救うことができそうでしたからね!

もっとも髙羽史彦は自分の術式のことを全く知らなかったようですが…(呪術廻戦20巻 第173話)

本来なら即死するはずだった天使と来栖華が命を失わずにすんだのは、甘井凛が術式で受け止めた事だけでなく、髙羽史彦がそばにいた事が大きかった気がすると天使が言っていましたから…(呪術廻戦 第220話)

天使は、髙羽史彦の術式がどのようなものかという事に気づいていたのではないでしょうか?

そして、天使が髙羽史彦の術式がどのようなものという事に気づいていたとしたら…

天使から自分の術式がどのようなものかを教えられた髙羽史彦が、その術式で宿儺と対決する五条悟をサポートしようとしていたとしても不思議はなかったと思います。

髙羽史彦の術式で胴体を真っ二つにされた五条悟を復活させることはできない!?

天使がそう言っていたように天使と来栖華が命を失わずにすんだのは、そばに髙羽史彦がいたためだったのかもしれませんが…

来栖華の失われた右腕が元に戻る事はありませんでした。

ですから… 五条悟が、宿儺によって胴体を真っ二つにされてしまった以上、髙羽史彦の術式で五条悟の体を元通りに戻したり、五条悟を生き返らせたりする事はでないだろうと思います。

続きを読む:  呪術廻戦 252話ネタバレ: 乙骨憂太はまだ生きていますか?

【呪術廻戦考察のその他の記事】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です