【確定】推しの子149話ネタバレ:かなと黒川茜

【確定】推しの子149話ネタバレ:かなと黒川茜

3.2/5 - (26 votes)

【確定】推しの子149話ネタバレ:かなと黒川茜 | 推しの子149話ネタバレの完全な情報を入手しました。 この章の内容を見てみましょう!!!

推しの子149話はこちらで公開予定です。 読んだり議論したりするには、次のリンクにアクセスしてください。➡ 推しの子149話 Raw – 読んで議論する

【確定】推しの子149話ネタバレ:かなと黒川茜

【確定】推しの子149話ネタバレ:かなと黒川茜

かな:「たとえ私がアクアだったとしても、あなたを選ぶと思います。」

黒川茜「どうして?」

かな:「だって…君は可愛いんだよ。」

かな: 「あなたは誰が見ても顔が整っていて、頭が良くて、俳優としての才能があるのがわかります。性格は、上手いのが気になるくらい優しくて優しいです。あなたはそんな人です」私が男性だったら、あなたを選ぶと思います。」

黒川茜「……うーん」

(黒川茜は顔を赤らめ、指で髪をくるくる回している)

続きを読む:  ‎ボルト90話 Raw – 読んで議論する

彼女はアクアと黒川茜が最後の章で仲良く話しているのを見た(彼女は木の後ろにいました)

かなは、アクアが再び彼女と友好的になり始めた経緯について愚かな誤解をしていたことに気づきました。

かな:「当たり前ですよね?私みたいなつまらない意地悪な女よりあなたの方がずっといいですよ」

黒川茜「聞いて!」

(黒川茜はかなの肩に手を置き、かなは涙をいっぱい溜めた目で彼女の方を振り返る)

すると黒川茜は、かなは自分の魅力に無自覚すぎて告白する勇気がないから逃げ続けていると言う。

かなはそれを激しく否定し始める

「そんなことはない……そんなことはない……!……??」

そして走り去る

翌日、かなはベッドに横たわり(泣いていたと思います)ドアベルを聞きます…黒川茜です、彼女は言いました、「私はあなたを逃がしません」

黒川茜は先日のビーチでの会話について考えていて、ある決断を下したと彼女は言います。

「私はかなちゃんの恋を応援することにしました。」

黒川茜は、アクアについては、結局のところ元カノだったため、彼の好きな服やメイクなど、役立つ情報をたくさん持っていると主張している。

かなはこれをすることに何の意味があるのか​​と尋ね、黒川茜は、黒川茜自身が承認する女性でない限り、アクアは誰ともデートしたくないと言います。

黒川茜は、かなにもう告白するように頼みます(彼女はまだそれを否定しています) – かなは彼女にそのように見るのをやめるよう言います(黒川茜は目を閉じて微笑んで話しています)

出発前、黒川茜はかなにすべて任せろと言い、かなの目は混乱しているように見える

黒川茜は歩いているとアクアの看板を見つけてこう言います。

「やあ、アクア君。君のことはよく知っているよ」

続きを読む:  名探偵コナン1125話 Raw – 読んで議論する

「大切な友達を復讐に巻き込みたくないから距離を置いているんですよね?」

「じゃあ、大切な恋人がいれば、もう復讐なんてできないですよね?」

「私は……アクア君の嫌いなものはよく知っています」

「今でも大切なアクアを止めるために…」

「次号、かなはどんな感じ?」

Responses (14)

  1. ちっともフラットな目線じゃなく重曹アンチフィルターかかりまくった感想で草
    今のところは女優としてもアイドルとしても全く売れてなくてアクアとくっついてもいないのにブチ切れるの早すぎだろ

  2. アクアとの恋愛に生きる有馬かな
    アクアへの無償の愛に生きる黒川あかね
    の違いか

    1. ここのネタバレだと省かれてるが、あかねは「アクアのことはまだ好きだがそれは恋愛感情というより母が子を思うような感情だ」って言った模様
      母性愛も無償の愛の一種かもしれないがもはやアクアと恋愛する気はあかねには無いんじゃないかな

  3. 予想通り
    来週は告白する覚悟もつ
    今回の章の終わりは卒業ライブ終了で告白かな

  4. あくまでも大切な恋人が入ればアクアは止まってくるるだろうという考えな訳か。
    にしても2.5舞台の時も大口叩いたくせに本番で逃げ、売れたいくせに恋に溺れアイドル業からも逃げ、今度は恋愛からも逃げ、のわりに周りのお膳立てで1番美味しいところだけ貰えるキャラだな
    あかねは別れた時すら涙描写はなく今も未練はあるはずなのに謎にタフネスにされ続けいい加減作者の搾取が酷いな
    もっと悲惨なキャラばかりなのに特定キャラだけやたら泣き描写ばかりで読者を「あの子は可哀想あの子は頑張ってる」と印象操作してくる漫画

    1. 誤字すまん
      居れば○止まってくれる○
      そういえば演技すら天才役者に仕立ててもらえるんだよな
      なんかさも1番辛いキャラです感出すけど1番簡単にのし上がってくやん
      全キャラ平等にしてくれ作者

    2. いや、別れた時あかね泣いてたじゃん
      両親に愛されず(父親は他の女と浮気して出ていった)長年ずっと売れず(舞台で観客を魅了したのに相変わらず売れなかったのが謎)好きな男に理由もわからず1年間ずっと避けられてたのに、何も苦労していないとでも?
      アンチだってさんざん重曹のこと惨めな負け犬として馬鹿にしてたじゃん
      演技でもアイドルでも恋でも惨敗の惨めな負け犬って
      馬鹿にされるほどの惨めな目にはしっかり遭ってたってアンチが証明してる

      1. アンチなんて知らんわ
        逃げ続けてるくせに周りのお膳立てだけで成り上がってる現状をどうにかせいって言ってんだよ
        アイドルも土壇場で弱気、舞台も土壇場で弱気、アイドル業は恋に溺れ疎かに、恋愛からも逃げ…役者も天才役者売りされる
        子役時代も自分の周りへの生意気な態度からの自業自得展開。親からの八つ当たりだけは可哀想だがルビーやアクアのが悲惨やろ?
        他の悲惨なキャラ差し置いてこいつだけ泣き顔展開ばかりで凄いなーって感想くらい持つわ

    3. 正直なところ、ここまでの百数十話何を見てきたんだろ…と思うばかり

      1. 見てきた上での感想。せめて周りへの当たりや大口叩くムーブや煽りが少なければ負け犬だなんだなんてそのアンチとやらには言われなかったのでは?
        フラットな目線で自分はこの感想だわ
        自力でなんとかする展開が無さすぎる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です