ワンピース 1114話の分析: ジョイボーイとマザーフレイム

ワンピース 1114話の分析: ジョイボーイとマザーフレイム

2.6/5 - (13 votes)

ワンピース 1114話の分析: ジョイボーイとマザーフレイム | ワンピース 1114話ネタバレで次のことが明らかになりました: 世界に向けて放送されたメッセージの中で、ベガパンクはジョイボーイとマザー フレイムについて言及しました。 次は何が起こるのだろう? この問題については、この記事で詳しく分析していきますので、ぜひご参加ください。

次のリンクでワンピース1114ネタバレを読んでください。New Brand New GIF - New Brand New Brand Spanking New ...【確定】ワンピース1114話ネタバレ:ベガパンクが「空白の世紀」を語る!New Brand New GIF - New Brand New Brand Spanking New ...

ワンピース 1114話を投稿する予定です。読んで議論するには次のリンクにアクセスしてください。➡ ワンピース1114話 Raw – 読んで議論する

ワンピース 1114話の分析

空白の100年とジョイボーイ

ワンピース 1114話の分析: ジョイボーイとマザーフレイム

第1114話のサブタイトルは『イカロスの翼』であるようです。

続きを読む:  エッグヘッド島の戦いに黒ひげは登場するのか? | ワンピース1104話考察

イカロスの翼と言えば、ロウで固めた鳥の羽の翼を作って空を飛んだイカロスが、太陽に近づき過ぎ、翼が溶けて墜落したというギリシャ神話のエピソードの一つですが、ONE PIECE世界でも、それは同じような意味なのか?

これはまた別記事にて考察したいですね!

本編では、やはり五老星はベガパンクのメッセージ動画を止める事はできず、ベガパンクは話を続けるようです!

ベガパンクは実は空白の100年については、ほとんどわかっていないようです。

過去にも書かせて頂きましたが、おそらくは世界政府の歴史書らしき『GENESIS』の内容、また断片的な情報しか記されていないだろう貴重な文献とポーネグリフ…それらの情報を結びつけ、推測と考察によって、歴史の大筋については仮説を立てる事ができたが、具体的な中身は分からないというような事なんだろうと思います。

しかし、やはりベガパンクは『ジョイボーイ』という人物の存在については知り得ているようです!

ベガパンクはジョイボーイについて、900年前に存在した一つの王国にいたゴムの能力を持つ青年だったと語るようですが、ジョイボーイはズニーシャのセリフによって既に先代ニカだった事は明らかですから、それは新しい情報とは言えないわけですが、一つの王国というのは高度な文明を持つ巨大な王国の事でしょうから、やはりジョイボーイはその国に属する存在だったという事は確定し、それは新しい情報だという事になるでしょうね!

また、気になるのはジョイボーイが900年前の人物となっているところで、仮にもジョイボーイが800年前まで生きていたとしたら、最後はONE PIECE世界でも、かなりの高齢だった事になりますが、やはり人間以外の種族であり長命だったりしたのでしょうか?

続きを読む:  イム様の手にあった写真の4人の共通点は?

ONE PIECE世界には、Dr.くれはのような中寿の人物、巨人族のように人間の3倍生きる種族、イム様のような不老の人間がいますが、ジョイボーイも何らかの要素により長命だったのでしょうか?

気になりますよね!

また、ベガパンクはマザーフレイムについても話すようです…

マザーフレイムは水中の炎

ワンピース 1114話の分析: ジョイボーイとマザーフレイム

ベガパンクは『マザーフレイム』についても話すようです。

ベガパンクは自分は2つの罪を犯したと言っていました…

その罪の1つはマザーフレイムを作ってしまった事と考えているじゃないかと思えるのですが、その理由は、やはりイム様達がそれを欲しているという事にありますよね…

過去に書かせて頂いたように、イム様がルルシア王国に使った兵器は古代兵器ウラヌスでありマザーフレイムはその動力となるものであると思っているのですが、ベガパンクが語るマザーフレイムの正体からするに、そうである可能性は極めて高いと思います。

ベガパンクはマザーフレイムとはタンクの中に満たされた水の中にある炎だと語るようです。

つまり『消えない火』であるわけですが、個人的にイメージするのは、それは気体の燃焼によって生ずるものではなく、水の中にある何らかのものにより燃える炎…

その水が海水であるなら海のエネルギーが可視化したようなものではないかと思えますし、ベガパンクは少なくとも水が持つ何らかのエネルギーを実用化する事に成功したのではないかと思いますし、それはやはり月の文明が持っていた技術であり、また巨大な王国が実用化していたものでもあるんじゃないかと思います。

そうだとしたら、今は水がないように見える月の民が資源不足で青色の星に飛んだというのは水を資源として求めたという事になりそうな気がしますね…

また別記事にて改めて考察させて頂きますが、マザーフレイムはやはり月の文明をルーツとするようなエネルギー技術だろうと考えます。

海に穴を開けるほどの威力を持つのですからマザーフレイムが持つエネルギーは現実世界の核をも上回るような膨大なものだろうと思えますが、やはりベガパンクは作るべきではなかったと後悔しているのか…?

しかし、全ては使い方…エネルギー自体や作った者の責任ではなく、使う者達の心の在り方次第ですよね!

また、世界中の人々の更なるリアクションも描かれるようですね…

続きを読む:  [ワンピース1077話] グリーンブラッドによる悪魔の実の能力も覚醒する

世界中の反応

世界海没という俄かには信じられないし、受け入れ難い予言を聞かされた世界中の人々…

今はベガパンクの話を最後まで聞くしかできないという心境だと思いますが、世界一の天才であるベガパンクの口から出た言葉ですし、死後に世界中を電波ジャックして発表しているという時点で、嫌でも信憑性は高いと言わざるを得ないですよね…

またそれは、人々がベガパンクが知る世界の真実を共有するという形になるわけですが、おそらく知りたくないという思いよりも知りたいという気持ちが勝っているでしょう…

ある意味、世界一役に立つ男ベガパンクが最後にもう一つ役に立とうとしているのだと人々はその心意気もくんでいるだろうと思いますし…

ワンピース第1114話では、ベガパンクはジョイボーイとマザーフレイムについて語るようですが、まだ世界海没には直接的には繋がりないような内容になっているかと思います。

世界中の人々にとって大切なのは、世界海没に対して自分達がどうなってしまうのかというところだと思いますが…

世界政府はそれを知らなかったのか?

知っていて隠していたのか?

それは止められないのか?

止められないなら自分達を救ってくれるのか?

世界中の人々は世界政府を支配している天竜人がどういう存在であるのかを痛みと共に知っているわけですが、彼らが世界海没でも安全そうなレッドラインの上で暮らしている事についても思い至るでしょう…

ベガパンクの話が世界海没の理由に近づくに従って、自分達が何をすべきかについて見えてくるのではないかと思いますが、五老星達はメッセージ動画を止める事ができるのか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です