古代兵器ウラヌスの正体とは?ナミやエネルと関係あるのかを調査

古代兵器ウラヌスの正体とは?ナミやエネルと関係あるのかを調査

5/5 - (1 vote)

今回は『ワンピース』の古代兵器ウラヌスについて解説していきます。ウラヌスは『ワンピース』作品内で66巻に初登場後、102巻になった現在でも名前以外は謎のままです。関係している人物はナミやエネル以外にも、ズニーシャ・ルフィ等多くの説があるので紹介していきます。

続きを読む:  ワンピース1112話ネタバレ考察: 五老星はなぜニカを恐れているのですか?

古代兵器ウラヌスとは

今回は漫画『ワンピース』に登場した古代兵器ウラヌスについて取り上げていきます。ウラヌスは66巻で名前が判明しましたが、名前以外は全てが謎です。ウラヌスを指しているだろうワンピース単行本に載っていた伏線やヒントから、ファンが立てた多くのウラヌスの正体の仮説がネット上へあがっています。その中からいくつかの説を紹介していきます。

古代兵器とは

『ワンピース』で古代兵器と呼ばれているのは全部で3つであり、それぞれ神の名を与えられています。古代兵器の威力は、世界を滅ぼせる・島を消し飛ばす・世界を海に沈める等という発言が作中にあります。

ウラヌスの本来の言葉の意味とは

ワンピース本編の会話から古代兵器は神の名前から取っていると言われています。ウラヌスはギリシャ神話で出てくる天空神ウーラノスから名前を取ったと思われます。日本語ではウラノスと表記されます。ギリシャ神話で有名なゼウスはウーラノスの孫にあたり、ウーラノスの母はガイアで同時に妻にもなります。また、天王星の事をウラノスとも言います。

【ワンピース】ウラヌスの正体とは

古代兵器ウラヌスの正体とは?ナミやエネルと関係あるのかを調査 古代兵器ウラヌスの正体とは?ナミやエネルと関係あるのかを調査

ウラヌスは『ワンピース』本編では名前だけしか分かっていません。ですが長い連載の中でウラヌスの正体に繋がりそうな箇所がいくつもあり、ワンピースファンからは多くの仮説が立てられています。その仮説をいくつか解説していきます。

続きを読む:  【ワンピース座談会】イム様の正体は小さな女の子?ドンキホーテファミリー「シュガー」とのリンク関係

ウラヌスは空や天候に関係する

ウラヌスは、ギリシャ神話で登場する天空神であるウーラノスという神の名を与えられたと考えられます。天空神ウーラノスは全宇宙を初めて統べた神であり、ウーラノスはギリシャ語で天を表しています。この事から、古代兵器ウラヌスは空や天候に関係しているという説が考えられました。

ウラヌスはナミ説

古代兵器ウラヌスの正体とは?ナミやエネルと関係あるのかを調査

麦わらの一味のナミがウラヌスではないか、という説があります。ナミがウラヌスという理由ですが、ナミの出生がはっきりしないことや、同じ古代兵器であるしらほし姫がナミと会った時のセリフ、アラバスタ編でナミに対してビビの『天候を感じ取っている』というセリフ等から空や天候に関係すると推測されるウラヌスとの関係が疑われています。

ウラヌスはカームベルト説

カームベルトはグランドラインを挟む2本の無風の海域の事です。風がない代わりに海王類の巣となっていて非常に危険な場所です。そんなカームベルトを泳いで渡ってる人間もいましたが普通の船は渡る事は不可能です。海軍だけは船の底に海楼石を敷き詰める事で渡ることを可能にしています。

カームベルトがウラヌスと関係していると考えられている理由は、ウラヌスの能力が空や天候に関係している能力という事からカームベルトみたいに海を無風状態にできる、と考えられているからです。ただ、無風にできるだけでは兵器としては少々物足りないので、ウラヌスの能力は天候操作ではないかという声もあります。

ウラヌスはズニーシャ説

古代兵器ウラヌスの正体とは?ナミやエネルと関係あるのかを調査

ズニーシャは海を歩きまわる象です。ズニーシャの学名はワンピースの単行本によると『ナイタミエ・ノリダ』となっています。扱いは象でなく島とされてますが、生き物のため記録指針(ログポース)に反応せず、歩き回るため幻の島とされています。ズニーシャは過去に罪を犯した事で歩き続けることしかできなくなりましたが、罪の内容は明らかにされていません。ズニーシャの背中にはモコモ王国という王国をミンク族が築いています。

ズニーシャのモデルはサルバドール・ダリという画家がよく描いた宇宙象という足の長い象です。また、ズニーシャの学名を逆にすると『ダリの絵みたいな』となり、宇宙象がモデルという説がますます強くなります。神としてのウーラノスは全身に宇宙を鏤めた宇宙の神とも考えられていて、宇宙象がモデルのズニーシャとは関係があると考えられています。

ウラヌスは竜の角笛説

竜の角笛とは竜を呼び出せる笛です。ワンピースに登場したものではなく、ワンピースの作者である尾田栄一郎の読み切り作品である『MONSTERS』という作品で登場しました。ワンピースと同じ世界線ではありませんが似通った部分は多く、主人公はワノ国の剣豪であったリューマがモチーフで、リューマも竜とは無関係で無い事からウラヌスは竜の角笛説が立てられています。

ウラヌスはサンファン・ウルフ説

サンファン・ウルフは元インペルダウンLEVEL6に収監されていた囚人で、黒ひげの手により脱獄してからは黒ひげ海賊団に所属しています。巨人族という事が判明していますが、並の巨人族の身長が10~20mに対してサンファン・ウルフの身長は180mあります。海に浸かっている時に力が抜ける、というセリフから悪魔の実を食べている可能性が高いですが、何の実を食べたかは不明です。

サンファン・ウルフがウラヌスとされる説ですが、マリージョアに登場したイム様というキャラが関係してきます。イム様は、世界政府の最高権力者である五老星が平伏しているシーンがあるため、世界の王や物語の黒幕と見られるキャラです。ただし名前以外の詳しい設定は明らかになっていないので、謎の多い人物となっています。

そのイム様がルフィ・黒ひげの顔写真をばらばらに切り刻み、リュウグウ王国のしらほし姫の顔写真にナイフを突き立ててるシーンがあります。ファンからは『処刑リスト』と呼ばれていたりするシーンですが、処刑リストに関係する3人は古代兵器に関係あるという説があります。何故なら海賊の2人はともかく、しらほし姫は正体を知らなければ殺害する理由が見当たらないからです。

しかし、しらほし姫が古代兵器ポセイドンと知っているのであれば古代兵器の関係者のため殺害する理由ができ、同じ理由でルフィと黒ひげも殺害しようとしてると考えられます。そのため、ルフィと黒ひげは古代兵器とすでに何か関係を持っている可能性が出てきます。

黒ひげの関係者で古代兵器と関わりが考えられる人物の一人がサンファン・ウルフです。天空神ウーラノスは全身に銀河を鏤めた宇宙の神と考えから非常に巨大な神だと思われ、巨大な巨人族からさらに並外れて巨大なサンファン・ウルフと共通点があります。悪魔の実の能力が不明であるので、サンファン・ウルフの正体が古代兵器ウラヌスという可能性は捨てきれません。

ウラヌスは月とエネルに関係している?

エネルの空島でルフィ達と戦い敗れた後の動向は、扉絵で連載されていたエネルのスペース大作戦で判明しています。戦艦マクシムに乗り月へ向かい宇宙海賊に勝利した後、月で古代文明の都市を発見しています。その後、都市内で眠っていたロボット達をエネルが再起動させてエネル軍団を結成しました。

続きを読む:  シュガーがかわいいと話題?強さや能力・声優も紹介

月の都市内の壁画には、月からポセイドンとプルトンらしきものに攻撃してる様子が描かれています。古代兵器に対抗できる可能性の一つとしてウラヌスが考えられ、天空神ウーラノスは宇宙と関係があるため月にウラヌスの存在がある可能性が考えられています。

ルフィの覇王色が関係する?

覇王色の覇気は数百万人のうち1人しか持っていないと言われています。覇王色の覇気を持つ人間は人の上に立つ王の資質を持っているとされていて、覇王色の覇気を持つ者は人を引き付ける力があると作中で数名から言及されています。神ウーラノスは全宇宙を最初に総べた原初の神々の王であり、古代兵器ウラヌスは覇王色の覇気のように周囲の人を引き付ける力を持っている可能性もあります。

話は変わりますが、Dの一族に対して天に生かされたというセリフや場面が度々あります。ローグタウンでのルフィや金獅子と戦った時のゴール・D・ロジャー、13年前のトラファルガー・ロー等です。ウーラノスとはギリシャ語で『天』という意味であり、天に生かされるDの一族はウラヌスと関係があるのでは?と言われています。

Dの一族かつ覇王色の覇気を持っているルフィ自身がウラヌスではないか、という声もあります。それを裏付けるように、ルフィと同じくロジャーもDの一族であり覇王色持ちであり古代兵器の居場所を知っている事も分かっています。この事から、Dの一族と覇王色が関係ある可能性は十分にあり得ます。

【ワンピース】古代兵器とは

ワンピースの古代兵器はウラヌス以外の古代兵器も存在します。作中で明らかになった古代兵器の名前や性能・威力など、作中で明らかにされてきた箇所の解説をしていきたいと思います。

古代兵器は3つ存在する

ワンピースに登場する古代兵器は3つです。3つの古代兵器はそれぞれ神の名前を与えられていて、『ウラヌス』は天空神ウーラノスから、『ポセイドン』は海神ポセイドンから、『プルトン』は冥府の神ハーデースの別名から名前を取られています。古代兵器の名前は全てギリシャ神話に登場している神の名前です。

古代兵器ウラヌス

古代兵器ウラヌスに関しては名前以外の事は何も分からないです。ですが、ワンピース単行本に載っているBBSで作者の尾田栄一郎がウラヌスに関する質問に答えていたり、扉絵シリーズでウラヌスの事を示しているような絵がいつくも書かれていたりとヒントらしきものは多く散りばめられています。

古代兵器ポセイドン

古代兵器ポセイドンは空島にあったポーネグリフに場所が記されています。古代兵器ポセイドンの正体は、リュウグウ王国のしらほし姫になります。その力は『海王類を操る力』で、悪意を持てば世界を海に沈めてしまう力と言われています。名前の元となったポセイドンは、天空神ウーラノスの孫になります。

古代兵器プルトン

古代兵器プルトンの正体は世界最悪の戦艦になります。その威力は、島1つを消し飛ばせ威力を持っている模様です。現在の居場所はアラバスタ王国のポーネグリフに使い方と共に書かれていて、クロコダイルはプルトンの居場所を知るためにアラバスタ王国を乗っ取ろうとしました。アラバスタ王国でポーネグリフを読んだロビンはプルトンの場所を知っているようです。

プルトンに対抗するために当時の技術者達がプルトンの設計図を残していましたが、フランキーによって燃やされています。その内容はフランキーやアイスバーグの反応から、最悪の戦艦と名に恥じないほどの性能だと思われます。ちなみに、ローマ神話にプルートという神も出てきますが、ハーデースがローマ神話に取り入れられプルートと呼ばれているため同一人物です。また、ハーデースはポセイドンの兄にあたります。

ロジャーと古代兵器の関係

ロジャーはエッド・ウォーの海戦の時の金獅子のシキのセリフから古代兵器がある場所を知っていた模様です。ですが、ポセイドンの事はこの時知らないため除外されます。何故なら。エッド・ウォーの海戦は27年前のため、ポセイドンであるしらほし姫は生まれていない上、ポセイドンの場所を知るのはエッド・ウォー海戦の1年後だからです。

プルトンはアラバスタのポーネグリフで居場所は分かりますが、27年前ではポーネグリフを読めるおでんは乗っていなかったのでロジャー海賊団にはポーネグリフを読める人物はいませんでした。そのため、ロジャーは消去法でウラヌスの居場所を知っていたという可能性が一番高いです。

3種の悪魔の実との関係

悪魔の実は『超人系(パラミシア)』『動物系(ゾオン)』『自然系(ロギア)』の3つに分かれています。同じく覇気も古代兵器も3種類なのでそれぞれに対応しているのでは?という説があります。ポセイドンであれば人の姿のまま海王類と会話するという力なので『超人系』と会話するという能力から見聞色の覇気が対応しているのではないか、と言われてます。

プルトンは戦艦で乗り物なので『動物系』、戦艦は武器であるから『武装色』が対応してると思われます。残っているものからウラヌスは『自然系』と『覇王色』です。ウラヌスは天候を操ると言われているため『自然系』が、神ウーラノスは全宇宙を総べた原初の神々の王であるため、王の資質を持っているから『覇王色』が対応しているのかもしれません。

【ワンピース】古代兵器ウラヌスの世間での評判

未だに名前だけしか明かされず長い間謎のままの古代兵器ウラヌスですが、その正体が明かされる時はとても楽しみである瞬間なのでしょう。

ウラヌスの登場が今か今かと待ち望んでいる方もいらっしゃいます。長い間謎だったものが登場するシーンはとても待ち遠しいものです。ウラヌスも長く謎の存在であり、謎が明かされたり登場シーンを期待してる方はやはり多い印象です。

ウラヌスはワンピースの単行本内に多くの伏線が散りばめられています。ワンピースファンの数も多いことあり、ウラヌスの正体を予想する数多くの説がネット上に出回っています。物語の謎を早く知りたい!って方もいらっしゃるでしょうが、伏線から物語中での謎を推測する事も作品の楽しみ方の一つだと思います。

【ワンピース】古代兵器ウラヌスはいろんな説がある

今回はワンピースの長い連載の中でもまだ多くの部分が謎に包まれている古代兵器ウラヌスについての多くの説を紹介させていただきました。謎だらけのウラヌスですが、扉絵やワンピースの単行本のBBSには多くのヒントが散りばめられています。これを機に謎に包まれたウラヌスの正体について色々予想してみるのはどうでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です