サカズキとボルサリーノは覇王色ホルダー!?|ワンピース1087話

サカズキとボルサリーノは覇王色ホルダー!?|ワンピース1087話

この post を評価します
 
シャンクスとガープが怪物としか言えない強さを見せた今、他の全てが霞んでいるという印象ですが、海軍元大将達も例外ではない…という感じ…今回はそれについて色々と書かせて頂きます!

海軍元中将クラスは低レベル?

これまでの物語を振り返るに『海軍は弱い』という印象がある方は少なくないのではないかと思います。

続きを読む:  ワンピース1103話ネタバレ考察: くまがルフィをなぜ救ったのか?

頂上戦争ではセンゴク、サカズキ、ボルサリーノ、クザンは強さを見せてくれましたが、他は酷かったですよね…

大将級よりも圧倒的に現場への出撃が多い中将級は四皇級との戦いとなると、ほとんど出番は無く階級に見合った活躍を見せてくれない…

しかし、彼らはれっきとした覇気使いなんですよね…

覇気使いの割にはどの戦場でも誰かを倒したという描写はほとんどなく、せいぜい海楼石アイテムで能力者を拘束したり、海賊の猛者が弱ったところを袋叩き的に攻撃するなんていうような感じに見えます…

これから活躍が見られるのかも知れないですが基本的に億越えレベルの海賊は討ち取れないというくらいの実力しかないように思います。

しかし、先程も書かせて頂いたように中将は武装色と見聞色の覇気を使えないと昇進できないという事ですから、おそらく見えないところで功績をあげているのでしょうが、大将級とはあまりにも実力差がありすぎる…

また、大将級もこれまでは海賊の四皇級と呼べるほどの実力は見せておらず、また、頂上戦争の際にはサカズキは汚い手も使っていて、やはり海軍は海賊より弱いという印象は否めないのですが、大将級以上なら覇王色を持っていないと、少なくとも、これからはほとんど何もできないはず…

個人的には中将級は二色の覇気、大将級以上は覇王色ホルダーなのが昇進の条件であって欲しいなと考えているのですが、元帥サカズキもまだ覇王色ホルダーだと確定していない現状なんですよね…

覇王色が大将級以上の条件?

元帥、大将級になると海軍の『顔』と呼べる存在であり、全ての海兵達が尊敬し頼りにする存在であるはずです。

自分達が歯が立たない敵でも、元帥や大将達なら何とかしてくれるはず…

元帥と大将はそんな存在だと思いますが、今のところ海軍大将級でそんな活躍をしているのは汚い手を使って手負いにした白ひげの頭半分を吹き飛ばしたサカズキくらい…
あれでも仕留める事が出来なかったわけですから、やはり大将級はロックスやロジャーの時代からの生き残りには及ばないわけですが、相手が悪かったともいえ、もしかしたらカイドウやリンリンとは互角以上だったかも知れないとは思います。

続きを読む:  セイントサターンは本当に不滅なのでしょうか?

個人的には大将達は四皇と互角に戦える実力が必要であり、それには覇王色の覇気は必須でしょうから、大将になるには覇王色ホルダーであるのは条件なんじゃないかと思いますし、クザンがたった一人で黒ひげ海賊団数人を凍結させて無力にしたのは実力の現れで覇王色の覇気による能力のブーストが無ければ難しかっただろうと思いますので、やはり持っていると思います。

しかし、ガープとクザンの戦いを見るに、おそらく纏えるレベルには無く悪魔の実の能力をブーストするに止まっているんじゃないかなとも感じますが、それはおそらく藤虎イッショウと緑牛アラマキにも言えると思います。

アラマキはシャンクスに威圧されて金縛りみたいになっていましまたから完全に格下だと思われます。
おそらくドフラミンゴやカタクリでもシャンクスに威圧されたら同じ事になりそうな気もしますし…

覇王色を持っているのは稀有な才能ですが、それを纏うには更に稀有な才能が必要っぽいですから、おそらく現状それができるのはサカズキだけなんじゃないかと思いますね…

クザンとの決闘で開眼?

ルフィはカイドウとの戦いで覇王色を纏う事に開眼したわけですが、おそらく二年前のサカズキも覇王色を備えているが纏えないという同じ状態だったかと思います。

今のサカズキはおそらく誰に対しても自信満々であり、二年前にはびびっていたシャンクスに対しても態度は変わっているかと思え、おそらく覇王色を纏えるようになっているでしょうしガープができているわけですから、できていなければ、これから誰にも勝てそうな気がしませんしね…

それに開眼したなら、その機会はやはりクザンとの決闘だったんじゃないかと思います。

十日も戦ったなら実力は互角だったはずで、個人的には横槍が入ってサカズキが勝ってしまったという感じなんじゃないかと思っていましたがクザンが黒ひげ海賊団にその話をした際の雰囲気からクザンは実力で負けたのだと思いますし、左脚を欠損するような傷を負わされている事からして、おそらくサカズキは最後に覇王色を纏う事に開眼した結果、クザンに致命傷レベルのダメージを与える事ができたんじゃないかと思うんですよね…

ルフィは覇王色を纏えるようになった後にはオーラが数倍に大きくなっていたように思いますが、元帥になってからのサカズキも二年前より確実にオーラが大きくなっているように感じられますので、個人的には少なくともサカズキはガープに近いくらいの素の力にマグマグの実の能力がついているという感じの、まさに怪物級になっていると思います。

続きを読む:  サターン聖のジェイガルシア家のルーツ|ワンピース1087話

ボルサリーノももしかしたら…とは思うのですがボルサリーノは元々能力に頼るタイプですし、イッショウとアラマキも覇王色ホルダーだとしても纏えるような雰囲気はない…

しかし、サカズキ、ボルサリーノ、イッショウ、アラマキはまだ全力を出している様子も
見られないですから、早く全力の戦いを見せて欲しいですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です