シャンクスに目的や夢はあるのか?

シャンクスに目的や夢はあるのか?

この post を評価します

シャンクスに目的や夢はあるのか? この記事では、ワンピース考察として、シャンクスが海賊活動をする目的や意味についてを、

続きを読む:  ワンピース 1081: 章から何を期待する

シャンクスに目的や夢はあるのか?

シャンクスに目的や夢はあるのか?|シャンクスに夢や目的はあるのか?

シャンクスに目的や夢はあるのか?〜海賊活動の意味は?〜

シャンクスに夢や目的はあるのか?

シャンクスが四皇の一角として認識されるようになったのは6年ほど前の話みたいですが、ロジャー海賊解散が25年前の事ですからシャンクスは四皇の地位につくまでに19年ほどかかっていますね…
しかし、ロジャー海賊団が解散した時にはまだ14歳ぐらいとルフィが海に出た時よりまだ3歳ほど年下であり、それまでは海賊としては半人前だったでしょうから、実際、ロジャー海賊団から独立し、四皇になるまでの期間は15年ほどだと考えていいのではないかと思えますが、ルフィはシャンクスより4、5倍早く四皇にまで成り上がったと言えるでしょう…

ルフィに比べ、シャンクスには今までそれだけの時間があったという事になります…

ルフィは世界一周、ラフテル到達、ワンピース入手などを航海の目的とし、四皇を全て倒して海賊王になろうとしていますが、ルフィにはまだその先に『夢の果て』と呼ばれている更に壮大な夢があるようです。

シャンクスはその夢の果てを聞いて、それはかつてロジャーが言っていたのと同じ言葉だと驚いたようですが、それがシャンクスがルフィを見込んでいる理由になっているように感じられますが、シャンクスは未だに自分が海賊として活動している事についての理由よ、夢や目的というものを口にした事がないですよね…

シャンクスはロジャー海賊団がラフテルの場所を特定し、そこに向かう最後の航海を前にしてバギーが病に倒れた事により、その航海には加わらず残ったわけですが、その際にいつか自分の船でラフテルに行くと言っていましたが、ルフィよりも多くの時間があったにも関わらず、ラフテルに向かうような活動をしているようには見えない…

シャンクスの目的や夢はラフテルやワンピースでは無いのでしょうか?

続きを読む:  ワンピース 1115話ネタバレ分析: イム様介入の可能性は?

シャンクスに目的や夢はあるのか?|ラフテルとワンピースには興味がない?

ラフテルとワンピースには興味がない?

ロジャーは光月おでんという古代文字を読み書きできる男との奇跡的な出会いと助力を得てラフテルに到達できたわけですが、シャンクスがその際、すでにラフテルの場所を聞いている可能性はあり、何らかの理由で故意にラフテルを目指すような航海をしていないだけかも知れないですが、場所を聞いていないのであれば、やはりロード・ポーネグリフを獲得する為にリンリンやカイドウと戦っていて然るべきですが、シャンクスはそんな事もしていないようです…

また、シャンクスは大好きだったおでん様がカイドウによって殺されたくらいの情報を知らないわけないと思いますが、それに対するアクションもなく、また、おでん様に代わる古代文字の読み書きができる人物を獲得しようとする行動もしていないようですよね…

シャンクスが『悪魔の子ニコ・ロビン』の存在を知らないわけはなく、また、ロビンはクロコダイルの部下になり、今はルフィの仲間になっているわけですが、ラフテルを目指すつもりがあるならロビンを獲得しようとはしなかったのか?
カイドウとリンリンもラフテルを目指す活動に本腰を入れたのは、ワノ国編に入ってからであり、その気になればいつでもできるというのが四皇級余裕であるかもしれないですが、シャンクスが本気でロビンを仲間にしようとしていたなら、カイドウはリンリンよりは彼の人格ならロビンは仲間になっていただろうと思えるんですよね…

また、クロコダイルがロビンを仲間にできていたのですから、シャンクスならば必ずできただろうと思います。

ロビンの力を欲していたが、運命の巡り合わせが原因でそれができなかっただけかもしれないですが、やはりシャンクスはラフテルやワンピースにはあまり興味がないような気がします…

それよりは、頂上戦争前後での彼の行動を見るに、海の均衡を保とうとしていたような印象が強く、シャンクスの夢や目的はラフテル、ワンピース、海賊王などには無く、他の何か…ロジャーとルフィの『夢の果て』に繋がっているような気がします…

シャンクスに目的や夢はあるのか?|夢の果ての実現が夢?

夢の果ての実現が夢?

シャンクスは…シャンクス本人であるのかは未だにわからない状態ですが、彼は五老星との面会が許される立場にある存在であるようで、また、頂上戦争前後では海の均衡を保とうとするような言動を見せているという反面、おそらくは世界を変える事になるだろうルフィの夢の果てを笑わず、その実現を望んでいるように見え、なんだか矛盾しているような印象がありますが、あのシャンクスが矛盾した行動をするようには思えず、全ての言動は何か強力な信念が根源になっているようにしか考えられない…

続きを読む:  ヒョウ五郎は元ヤクザの親分?正体や強さ・能力を紹介

五老星との会話するに、シャンクスは本来は天竜人達の一員か、それに相当する身分にあるべき存在だろうと思われますが、そうだとしたら、シャンクスが五老星が知っているような世界の秘密を同じように知っている可能性はあり、ラフテルにある情報やワンピースの正体をすでに知っている可能性はあるように思えます。

そういう立場にありながら海賊…それも四皇として海に君臨にしているのには、ちゃんとした理由があり、シャンクスはやはり世界は変わるべきだという信念を持って活動しているのではないかと思います。

ですから、シャンクスは世界政府寄りの存在ではなく、ルフィの『夢の果て』の実現と己の夢や理想を重ねているのではないかと思えますが、何故、自分で世界を変えようとしないのかと言うのが引っ掛かります。

ロジャーやレイリー、またおでん様の言動から世界を変えられるのは今の時代じゃないと不可能だったのはわかりますが、シャンクスは今の時代に生きているわけですし、シャンクスの力ならばできない事はないように思えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です