悪魔の実の能力は使用者が死ぬと消えるだけ?

悪魔の実の能力は使用者が死ぬと消えるだけ?

5/5 - (1 vote)
悪魔の実を食べると、食べた者に悪魔の実の力が宿るらしい。 本当に消えるのは所有者が亡くなったときだけです! では、なぜそうなるのでしょうか?

悪魔の実の能力が死亡以外に失われない理由は?

悪魔の実の能力者は実を一かじりでもした瞬間から死亡するまで能力を分離する事は叶わないようですね…

悪魔の実の能力は使用者が死ぬと消えるだけ?

海水や海楼石アイテムなどの海のエネルギーに触れている時、またヤミヤミの実の能力の闇水の影響を受けている時には一時的に能力は封印されるようですが、それでも身体から能力が分離されているというわけではないですね…

続きを読む:  サンジの覇気まとめ!見聞色が得意?覇王色を使えるようになる?

死亡すれば肉体から能力が分離していくのは実証されているようで、ティーチの能力者狩りによる能力の獲得も能力者の命を奪ってはじめて可能になるようですから、死亡すれば能力が自然と肉体から分離する…

個人的なイメージなんですが、おそらく悪魔の実の能力は死んだ能力者の肉体から波動エネルギーのような形で抜け出して、その波動エネルギーが何かの果実に取り憑くみたいな、依り代にするみたいな形で再び同じ姿で世界に物質化するのではないかと思います。

だとしたら、その波動エネルギーとは何ぞや?という事になりますが、素直に考えると魂である可能性が高いんじゃないかと思います。

ゾオン系悪魔の実には意思があるという事ですが、全ての生き物には生きる意思というものがあるはずですから納得いきますが、ゾオン系にだけ意思があるというのは納得がいかないんですよね…

また、意思は精神であり精神は魂と言ってもいいんじゃないかと思え、個人的には全ての悪魔の実には魂があり、それが生き物なら人間が認識できるような形で意思を現すだろうと思いますし、生き物以外なら意思を現していたとしても人間には認識できないとか、そういう事なんじゃないかと思います。

実を食べる事によりその魂が宿り、その魂が実を食べた者の魂と結合する事によって能力が備わるという事なんじゃないかとも思います。

それなら、能力者が死んで魂が抜けたなら実の魂も一緒に肉体から出てきそうな気がしますよね…

また、それは古来からよくある悪魔に魂を売り渡すという表現をモチーフにしているのではないかとも思うんですよね…

悪魔に魂を売り渡した代償

過去にも少し書かせて頂きましたが、古来より何かの目的を果たす為に何らかの禁忌を犯して目的を果たす力を得るような事を『悪魔に魂を売り渡してまで』と表現したりしますよね…

悪魔の実の能力は使用者が死ぬと消えるだけ?

悪魔に魂を売り渡すというのは、悪魔から何かすごい力なり強運を与えられる代わりに死んだ時には自分の魂を悪魔に与えるという契約を意味しますね…

悪魔の実の能力を得るといのは、それと同じなんじゃないかと思います。

自分から望んで実を口にする者、望まないでも口にしてしまった者…シチュエーションは色々なわけですが、結果として超人的な能力を得るのは確かなわけで、悪魔の実を食べた者は悪魔と契約した事になる…

悪魔の実を食べるという事は悪魔の実の魂…つまりは悪魔と契約した事になる…

続きを読む:  ワンピース 1108話ネタバレ考察: ウソップはセイントサターンを倒すことができるのか?

その時点でカナヅチになるというデメリットはあるわけですが…

それは一見、その契約の代償かと思いきや、契約者ではない海に嫌われて海からペナルティを与えられているだけで、悪魔との契約には関係ない事、という可能性もあるでしょう…

悪魔は能力者が死ぬまで一心同体、運命共同体として能力を与えるが、死んでしまえば悪魔に魂を取られてしまう…

もしかしたら、悪魔は人間の魂を永遠に存在する為の栄養みたいにしているのかも?

悪魔の実は食べられて能力者と一つになり、能力者が死ねばその魂を栄養として再び世界に現れる…
命を持たない武器なんかにも能力は宿るようですが、ロジャーやルフィが持つ万物の声を聞く力というものがあるわけですからONE PIECE世界の万物には意思や魂があっても不思議じゃないですよね…

そういうサイクルを繰り返し永遠に存在する事を目的としており、それは全ての実に共通する意思だったりするんじゃないかと思います。

意思があるなら、できるなら永遠に存在したいという願望は抱きそうですしね…

しかし、悪魔の実は能力者の血統因子からコピーを作る事もできるんですよね…

魂と血液=生命

悪魔の実は能力者の血統因子からコピーを作る事ができ、またグリーンブラッドという悪魔の実の能力を宿す血液を精製できるわけですが…

血統因子は科学的であり魂は非科学的で相反するような存在であるのかも知れない…

それについては個人的に、魂は血液と一緒に肉体を循環しているのではないかと思うんですよね…

続きを読む:  ワンピース1088話考察: コビー現在の戦闘能力

血液は人間の生命そのものと言えますし、魂も生命そのものでしょう…

それならば、悪魔の実の能力者は血液と自分の魂と悪魔の魂が肉体を循環しているのではないかと思えます。

ですから、人間の魂は脳や心臓にあるわけではなく、また、悪魔の実の能力も肉体のどこかに宿っているというわけではなく、生命そのものに宿っていると言えるのではないかと思いますね…

ティーチと黒ひげ海賊団が持っている能力を奪う方法は死んだ人間から抜け出る魂と悪魔の魂を何かに…おそらく自分の肉体に直接憑依させるみたいな形で行なっているんじゃないかと思いますね…

能力者は能力が宿った瞬間にそれが何の能力だとか使い方とかがわかるようですが、魂同士が結合するなら、それもわかるような気がします。

悪魔の実の魂…悪魔は能力者が死ぬまで力を与え能力者が死ぬ時を待っていたりするのかも知れないですね…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です