サツドウ26話「頼り頼られ」口を開く前に アプリを閉じろ

サツドウ26話「頼り頼られ」口を開く前に アプリを閉じろ

記事の目次

3/5 - (4 votes)

サツドウ26話 | 赤森を狙うP3軍に会社に爆破事件を起こされたので、赤森はサラリーマンをしばらく休業。FUJINに優勝したい青田に修行をつけてくれと頼まれ、赤森は引き受けたが…

あらすじ

赤森の後輩の柏カエデに「赤森が青田に修行をつける」という話を聞かれた。困った赤森は青田の指示で、青田はプロゲーマーで赤森はプロになる気は無いが腕は確かなので修行をつけることにしたという話だったんだよと誤魔化す。

続きを読む:  魔々勇々1話 Raw – 読んで議論する

感想

赤森は青田に修行をつけると偉そうに言っていたが、逆に赤森が青田から普通に生活するやり方・上手い嘘のつき方の修行をつけられたという回だった。

そして今回の話で、やはり赤森は教えたがりじゃないのか?と。今まで対戦してきた相手に背信活殺流拳法の技を使った時、赤森自身が相手に技の説明をしていた。漫画的に技の説明は必要だが、ナレーションベースでも説明は出来る。赤森自身が喋るというのは…これは殺しを止めた赤森が、相手に「もう勝てる見込みはないここで退け」という意味で技の効果を説明していることも含まれていたと思う。だから教えたがりでは無い可能性もあると思ったが、今回の青田に修行をつけている時に

サツドウ26話「頼り頼られ」口を開く前に アプリを閉じろ

この赤森の微笑みは、弟子の成長を喜んでいる微笑み。明らかに教える喜びを味わっている。このまま青田が強くなってFUJINとかいう大会で優勝したのなら、赤森は殺しの才だけでなく教えの才能もあるんじゃないか? ならば赤森は就く職業を間違ったのかも知れない。

そして主要キャラの赤森六男と青田健春。それぞれ赤と青という名前に色が入っているが、これから出てくるキャラ名に色が入っていると重要キャラなんじゃないのか?と、そして白や黒がつくキャラが出てきたら強そうと思っていたら…色がつく名前の奴が一人も出てこねえ! ムキハゲが仲間っぽくなったが、本名は「火島滉一」で色名なし! ハゲ色なんて色も無し! もしかして…

サツドウ26話「頼り頼られ」口を開く前に アプリを閉じろ

「むしょく」という色なのか?

ムキハゲは格闘技系YouTuberなだけあって喧嘩は強い、さらにキャラも強いので…

サツドウ26話「頼り頼られ」口を開く前に アプリを閉じろ

これは彼岸島の吸血鬼に噛まれた時の反応と同じ!

サツドウ26話「頼り頼られ」口を開く前に アプリを閉じろ

この吸血鬼に噛まれて身体が痺れて放尿するという再現は、彼岸島ファンでもやった奴はいない。と思う、多分。もしやったとしてもお茶とかで代用していてほしい。それを街中でマジでやれるムキハゲは確実に強者。こんな姿を街中で晒せる者は強者でしかない! 実際に赤森を気絶まで追い込んだ。そんなムキハゲでもどうやら色付きの名前ではない… 名前に色が入っているのは主要キャラというこだわりは特に無い? 勝手にこっちが思っていただけ? まぁ、このまま読み続けていけば分かる、このまま読み続けていれば白黒ハッキリつく。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です