キングダム795話ネタバレ: 王翦は何故敗北したのか?

キングダム795話ネタバレ: 王翦は何故敗北したのか?

3.4/5 - (5 votes)

キングダム795話ネタバレ: 王翦は何故敗北したのか? | 前回は王翦が敗走を始め、それを助ける為に現れた亜花錦が王翦を激励する様子、また傅抵軍によって王翦軍が壊滅するという展開が描かれましたが…

キングダム794話 の内容予想についてかなり徹底した分析を書きました。その記事は次のリンクから読むことができます。➡ キングダム794話 Raw – 読んで議論する

キングダム795話ネタバレ: 王翦は何故敗北したのか?

キングダム795話ネタバレ: 王翦は何故敗北したのか?

王翦は何故敗北したのか?

キングダム第794話、王翦は亜花錦に激励されるという様子が描かれていますが、何だか亜花錦は王翦の敗北を予想していたようにも感じられました…

続きを読む:  【キングダム】六大将軍とは?

今回の戦は最初からいつもとは違うムードがあったように思います。

桓騎が討死した先の戦もそうでしたが、史実で負けている戦だけに、読む側としても、そういう目で読んでいるわけですが、それにしても違和感がありましたよね…

『無策』…

王翦という男の戦とは思えないくらい、何だか全く何の策もなく戦に臨んでいるようなムードだったように思います。

王翦は先の戦でも閼与を落としてから全く動かなかったわけですし、何やら地図を見て考え込むようなシーンもありましたよね…

王翦はもしかしたら、李牧が兵権を握る立場に戻った事、また青歌軍の参戦も予想し、現状は趙を滅ぼすに難しい状況だと考えていたのではないでしょうか?

しかし、中華統一の大事業を成し遂げるに趙は滅ぼさねばならない…

もしかしたら、王翦は李牧に勝ち、趙を滅ぼす為の策を見出す為に今回の戦に臨んだのではないでしょうか?

王翦にしては不可解と思える今回の戦に意味があるのなら、そうではないかと思うのですが、それに対して青歌軍の力が想定していたレベルとあまりに違い過ぎた…

それが亜光と田里弥をはじめとする手塩にかけて育ててきた子飼いの将兵の大半を失う惨敗という結果に繋がったのではないでしょうか?

今回の惨敗の理由は必ず明らかにされるものと思いますが、最終的に趙滅亡は王翦の功績になるのですから、王翦は必ず趙を滅ぼす策を見出すと思います!

そして、復活の道筋とは?

王翦復活の道筋とは?

王翦は敗走中の現在、既に復活の道筋を考えていると言っていますが、それは一体どのようなものなのか?

子飼いの将兵を多く失っていますから、王翦は六大将軍の一人としては力が半分以下になったとも言えるでしょう…

どんな名将であろうとも、一人で敵に勝てるわけないですからね…

今から新たに『王翦軍』を以前の規模、また実力にまで育て上げるには時間がないものと思いますから、おそらく王翦はそういう事に力を入れるのではなく、これまでの『王翦軍』ではなく『秦軍』を『王翦軍』にしてしまうようなイメージを抱いているのではないかと思います。

それには、やはり六将で筆頭的立場にあらねばならないはずだと思いますが、王翦はやはり史実からしてもそういう立場だったように感じられますから、秦軍の事実上の総司令官として今後の戦に臨めるような形を作っていくように思います。

また、それが王翦の『復活』という事にはならず、おそらくは李牧を倒し趙を滅ぼして、はじめて復活は成るのではないかとも思います。

王翦は今回の戦で戦場だけで勝敗を決する事のみが『勝ち』ではなく、戦場以外で敵を倒すというような、更に大きな盤面で戦を考えるようになるのではないかと思います。

趙滅亡に繋がる李牧の誅殺と司馬尚の更迭は、王翦の策になるのではないかと思っているのですが、王翦はそのように軍略だけでなく謀略にも才能を発揮するような形に成長するように思いますね…

続きを読む:  キングダム796話ネタバレ考察: 番吾城は落ちるのか?

今回、多くの将兵を失った事もあり、やはり戦えば犠牲はつきものだと改めて実感し、王翦はそれを少しでも減らす為に成長しなけれはならないと考えいそうな気がします…!

既に完成され完璧に思えた常勝将軍にも、やはり成長は必要であり、今回の戦は王翦の成長イベントにもなっているのではないでしょうか?

副将・楊端和は王翦敗走にどうする?

王翦が敗走し、その軍勢が壊滅した今、戦場に残されている将兵達の頼りとなるのは、やはり六将の一人であり副将である楊端和でしょう!

楊端和は絶対にキタリと壁を見捨てないでしょうから、おそらく王翦敗走を聞いても簡単に退却するような事はないだろうと思います。

しかし、いかに勇猛な楊端和軍でも兵力差は否めず、また勢いも士気も趙軍が上でしょうから持ち堪えるにも限界があるでしょう…

王翦と楊端和はほとんど連携も取らず戦っていたように感じられますし、おそらく楊端和は王翦をアテにはしていなかったのではないかと思われますが、そうだとしても総大将が副将に何の指示も与えずに逃げるというのは異常だと思います…

楊端和は自分で判断し、退却し帰国せねばならなくなったと言えますが、もしかしたら、これから楊端和が単に『恐王』と呼ばれるような武勇に頼るだけでなく、歴とした大将軍らしい器を見せてくれるのではないかとも思いますね!

攻めに特化しているような印象がある楊端和軍すなわち山の民の軍勢が、どのような退きの力を持っているのか非常に気になります。

相対している舜水樹率いる李牧子飼いの将兵達が猛攻を開始する可能性もあると思いますが、楊端和は見事は指揮を見せて大半を無事に退却させるのではないかと考えているのですが…

Response (1)

  1. アカキンは敗北を予想してた?
    全くそんな発言も雰囲気もないですけどw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です