呪術廻戦 226話 Raw – 読んで議論する

呪術廻戦 226話 Raw – 読んで議論する

3.5/5 - (6 votes)

呪術廻戦 226話 Raw – 読んで議論する | 五条反撃!五条は簡易領域で必中効果を打ち消し、その間に反転術式で治癒するという状況で一応のピンチは凌いだようですが、誰かが何で反転術式と通常の呪力操作が同時にできるんだと突っ込んでいますが。

著作権上の理由により、この画像は当サイトでは利用できなくなりました。 無料で読むには、メニューバーのリンクにアクセスしてください。

呪術廻戦226話ネタバレ: 五条反撃!

呪術廻戦 226話 Raw – 読んで議論する

五条、超ピンチ!?

前回ラストで宿儺の領域にのまれて首を斬られてしまった五条ですが、やはり当然の対処として反転術式で治癒します。

治癒の様子を見るに、おそらく常人なら致命傷になっていたレベルの深傷だったように見えますが、やはり反応速度と治癒スピードが段違いなんでしょうね…

宿儺とて、今の一撃で倒せるとは思っていなかったでしょうが、問題は五条が宿儺の領域内にいるという状況で、領域内から脱出しない限り、必中効果つきの斬撃を浴び続けてしまう事になる…!

五条は反転術式を行いながら、この状況から逃れる為にその頭脳をフル回転しているものと思われますが…

続きを読む:  呪術廻戦 253話 Raw – オンラインで無料で読む

術師達はその様子を見ながら実況分析…

脹相と秤は、宿儺の領域は結界を閉じない物である事と宿儺の領域『伏魔御厨子』の最大効果範囲が渋谷の更地と同じであると仮定して、五条のスピードならば領域内から逃げ切る事は簡単だろうと考えられる…

宿儺は結界を閉じないという特徴を活かして五条の結界の外側から破壊して今の状況に持ち込んだものと思いますが、逆にそれが領域からの脱出を可能にする穴にもなっているという事なんでしょう…

しかし、日下部は二人の見解に異を唱える…

五条のスピード…瞬間移動は空間と座標の圧縮によるものであり、それは無下限呪術を使ったもの…
つまり、術式になるわけだが、領域を破壊された直後である今、五条は暫く術式を使う事ができないはず…

それは、五条が最大のピンチと言える状況に陥ったという意味になるわけですが…

五条悟を常識の範疇で考えればそうであるわけですが、彼が常識の範疇を遥かに超えた天才であるのは誰もが知るところなわけですから、今何もできない術師達はただ信じる事しかできないし、彼が自分達の常識を遥かに超えている事を祈るしかない…

自分より優れた人間の限界なんて誰にも分からないわけですから、それしかないんですよね…

心配で心配でたまらないでしょうが…

簡易領域

宿儺は御厨子の上から勝ち誇った表情で五条を見下ろし、必中効果つきの斬撃を浴びせ続ける!

ゲラゲラという宿儺の下品な笑い声を聞きながら五条は反転術式で治癒を続けますが、それで凌げている状況から術式の性能では自分の方が圧倒的に上だと考えているようです。

五条はおそらく普通なら既にズタズタの肉塊にされていて然るべき量の斬撃を受けているものの、それより治癒スピードが速いのでしょうね!

そしておそらく、一瞬宿儺の斬撃よりも治癒が勝ったのか、五条は領域から脱出すべく走りだす?

しかし、宿儺がそれを見逃す訳はなく御厨子から降りて五条に直接攻撃を開始する!

宿儺は五条を組み伏せようとしますが、五条はそれを回避し、二人は睨み合いになりますが…

宿儺は自分の斬撃を防ぐ為に反転術式を全開にしている状況にも関わらず肉弾戦に対応してくる五条の強さに感嘆し、楽しくてゾクゾクしているようですが、一方、五条はそういう状況にも関わらず伏魔御厨子の中心は御厨子であって宿儺ではないみたいだという分析をしています。

やはり普通の人間ではあり得ないような精神力ですよね…

この状況で目の前の事だけじゃなく状況を把握して分析しているのですから、ただただ凄いとしか言いようがない…

虎杖はあの御厨子を破壊したらどうなるかなと呟きますが、それに対して日下部は通常、生得領域で具現化されているものはそれ自身が特別な意味や役割があるものではない事が多く、それは存在していないのと同じだと答えます。

冥冥は御厨子が単にそういうシンボルに過ぎないものであるとしたら破壊しても意味は無いし、そもそも破壊できない…
それは六眼を持つ五条が破壊しようとしないなら、そういう事になるだろうと補足する…

しかし、五条は大方の予想を超えるシン陰流簡易領域を発動してこのピンチを乗り切ろうとする!
五条がこの状況をピンチと判断しているかはさておき、これで少しは時間稼ぎにはなるはず…

虎杖は五条から簡易領域はできないと聞いていたと驚いています。

続きを読む:  呪術廻戦217話ネタバレ: 万の最強技VS宿儺の魔虚羅

日下部はそれは教える事はできないという意味であり、ああいうはじめから何でもできてしまう奴は教えるのに向かないからと教えますが、虎杖はそれを聞いて、そんな奴を一年の担当にするなよと突っ込んでいますが、これは的を射ていますよね…

基礎を学ぶような段階に天才で感覚的にものを教えるタイプの教官が来ても、基礎が無いのに理解不可能ですからね!

五条反撃!

五条は簡易領域で必中効果を打ち消し、その間に反転術式で治癒するという状況で一応のピンチは凌いだようですが、誰かが何で反転術式と通常の呪力操作が同時にできるんだと突っ込んでいますが。

それについては明確な答えはないようですが、現にできているのですから『あ、できるんだ』と納得するしかないですね!

しかし脹相は簡易領域程度の出力では本物の領域には歯が立たず時間稼ぎにしかなないと呟く…

実際その様で、五条の簡易領域は簡単に破壊されてしまい、五条は再び必中効果つきの斬撃を受けてしまいます。

しかし、五条はまた簡易領域を展開する!

宿儺はそんなものは通用しないのは分かっているだろうと『くどい』と口にしますが、先程とは違い五条は反転術式はやめたようです!

術師達は五条には呪力切れはないだろうとか、いや流石に切れたんじゃないとか言っていますが、やはり五条に呪力切れなどないように思えます…

誰もが、五条が負けてしまうのかという考えが頭をよぎるような展開になっていますが、五条は凄まじいスピードで動き、宿儺にくみつきます!

宿儺はそのスピードの速さはおそらく瞬間移動だと察したのではないかと思いますが、それと同時に五条はほぼゼロ距離から術式発射体制をとる!

術師達はそれを見て察する…

五条は反転術式をやめたのではなく反転術式で肉体ではなく焼き切れた術式を治癒していた事に!

乙骨は思わず『できるの!?』と叫んでいますが、常人にはそういう発想すら出てこないし、思いついたとしてもどうやればいい分からない…

五条は『赫』で宿儺を吹き飛ばし、宿儺は御厨子に激突して御厨子は破壊されたように見え、更に宿儺もかなりのダメージを受けているようですが、やはり笑っていますね…

五条は観戦している術師達に常識外れの『可能性』を見せているように感じられます…

こんな事もできる、あんな事もできるという『可能性』…

もしかしたら、五条は宿儺との戦いで他の術師達に対して天才なりの講義をしているのかも知れないですね…

できるできないではなく、可能であるという事を知るだけで、五条のような事ができるようになる可能性にはなり得るはず…

元々呪力を扱えるという事に自体が常識や理論など超えた事なんですから、その中にまた常識や理論というものを持ち込む自体ナンセンスなのかも?

五条はもしかしたらこの戦いを通じてそれを教えようとしているのかも知れないですね…!

ん?そう思うとそれは死亡フラグになり得るのかな?

考え過ぎですよね…?

呪術廻戦227話ネタバレ

呪廻術戦227話ネタバレを以下のリンクに投稿しました。 無料の閲覧とディスカッションのためにぜひアクセスしてください。➡ 呪術廻戦 227 Raw – オンラインでの読書とディスカッション

続きを読む:  呪術廻戦219話ネタバレ・宿儺との戦いに終結!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です