呪術廻戦 241話 Raw – オンラインで無料で読む

呪術廻戦 241話 Raw – オンラインで無料で読む

4.2/5 - (20 votes)

呪術廻戦 241話 Raw – オンラインで無料で読む | 笑い倒し宣言 | 高羽は現実に戻り、芸人として絶対に言ってはいけないセリフを言ってしまった相手である羂索に対して謝罪すます!

呪術廻戦 240 をまだ読んでいない場合は、次のリンクにアクセスして読んでディスカッションに参加してください。➡ 呪術廻戦 240話 Raw – オンラインで無料で読む

著作権上の理由により、この画像は当サイトでは利用できなくなりました。 無料で読むには、メニューバーのリンクにアクセスしてください。

呪術廻戦241話ネタバレ: 笑い倒し宣言

呪術廻戦 241話 Raw – オンラインで無料で読む

独りよがり

前回は高羽の術式ぐ明らかになりましたが、高羽にとって芸人としての自信というものがエネルギー源である事も同時に明らかになり、羂索はまるで業界にいた事があるのかと思うほどのお笑いの世界の知識を使って高羽の芸人としてのアイデンティティを崩しにかかり、それは無敵にも思えた高羽の弱体化に繋がっているようでしたが…

続きを読む:  呪術廻戦 220 Raw – 読んで議論する

また、高羽は羂索に芸人としては絶対に言ってはいけない禁句と思われる『お前にウケなくても他にウケれば関係ない』というセリフを口にしてしまいました…

高羽は坦々大学時代からお笑いの道に入っていたようですが、ピン芸人ではなく、相方とコンビを組んでいたようです…

高羽がネタを書くスタイルだったみたいですが、非常に真面目にお笑いに取り組む高羽に対して、相方は非常にルーズな態度であったようで、稽古の時間に遅れてくるのは当たり前、また、高羽が書いたネタを覚えてこない…

その度に高羽がキレるというのが彼らの日常だったのだろうと思わますが、おそらく最初からそうだったわけではなく、相方が徐々に高羽についていけなくなってきたというような感じだろうと思われます…

高羽はやる気のない態度について『悪い』しか言わない相方に悪いと思っているならちゃんと謝れと叱りつけますが、相方はそんな高羽に対して逆ギレする…

自分は愛想が悪い高羽のフォロー活動をしていると言います。

高羽はおそらく、純粋に面白さだけで勝負するのが芸人であるという考えであり、相方はそれに加えて対外的なパイプを作るフロント活動も必要だと考えているというような感じです…

芸人として売れるにはどちらも必要な要素かと思います。

どんなに面白いコンビでも周りからの妬みや悪意で潰されてしまう事もあるでしょうしね…

おそらく相方は高羽のネタは面白いと感じてコンビを組んだのでしょうし、最初は本当にそのように考え活動していたのだと思うのですが、次第に高羽を信じられなくなってきたのではないでしょうか?

相方はついに高羽に対し、お前とお笑いやっていても面白くない、自分達が笑っていないのに客が笑えるはずがないという事を口にしてしまいます…

高羽にとってそのセリフは非常に重いものであったと思います…

相方から面白くないと断言されてしまうのは、それ以上ないキラーワードだと思いますし、自分の信念を否定されたと同じですよね…

相方からのそのセリフは、おそらく高羽が自分を客観的に見るキッカケになったのではないかと思うのですが…

お笑いの世界には正解というものは存在せず、売れる為の必勝法みたいなものもない…

どちらが間違っているとも言えないわけですが、当時の高羽はおそらく独りよがりな考えを相方に押しつけていたような感じだったんじゃないかと思います…

それでも二人はまだコンビとして活動を続けたようですね…

相方喪失

変わらず芸人活動を続けていた高羽と相方…

二人のピンチャンというコンビ名でやっていたようですが、やはりお客さんから支持を得られる事はなくライブでも最低評価をつけられるような事が日常的だったようです…

とあるライブではネタの善し悪し以前に吐き気がするとアンケートに書かれていたようですが、それはまさに人格の否定ですよね…

かなり酷い内容ですが、アンケートの内容からは学ぶべき事も多いはずで、それから目を背けてはいけないと思いますが、高羽は先輩から万人にウケるなど無理な話だというようなフォローをされ、そのフォローに乗っかってしまっていたようですが、これも独りよがりと言わざるをえない…

お客さんの感想から目を背けてしまい改善を拒絶してしまえば成長はないですよね…

また、高羽はある日、相方から解散を口にされてしまいます…

続きを読む:  呪術廻戦 247話 Raw – オンラインで無料で読む

高羽はもうちょっと頑張ってみようと相方を説得しようとしてみますが、相方はもう30代も折り返すような年齢になり、同級生達は仕事でも家庭でもしっかりとした大人になっているのに、いつまでこんな事を続けるつもりだと言われてしまい、それ以上は何も言えなくなったようです…

先が見えない芸人生活…それをいつまで続けるかと言われたら売れるまでというのが答えかと思いますが、なら、いつ売れるんだと言われたら返すと言葉はないですよね…

高羽はついに独りになってしまったわけですが、それでもお笑いを捨てる事はできなかった…

高羽はピン芸人として活動していく事になったわけですが、こうなりたい、こういう仕事がしたいというような夢は妄想としていくらでも膨らんでいくわけですが、それにはやはり中身がない…

相方から言われた『いつまで続けるんだ?』という問いに対しても自分が面白いと思うことをやり尽くすだけだという答えしかない…

夢は呪いに似ていると言いますが、高羽の様子を見ているとまさに呪いにかかっているように見えますし、また、自分自身が呪いそのものになってしまっているようにも感じられます…

それが今に繋がっているのかも知れないですが、当時の高羽は完全にその呪いにやられてしまっているように感じられます…

高羽は自分は子供の頃から真面目で他人に厳しい嫌な子供であり、周りから嫌われたと自分の人生を顧みる…

相方が高羽とお笑いをやっても楽しくないと感じた原因がそこにあるわけですが、高羽は子供の頃にそんな自分を変えたくて精一杯ふざけてみた結果、周りを笑わせる事ができ、どんどん友達は増えたようです。

しかし、結局、相方は出来なかったとも考えます…

つまり、周りに好かれようと自分を偽りのふざけてみても、それは自分ではない、本当の自分を理解してしてもらっているわけではないというような思いがあり、それが高羽の芸を独りよがりなものにさせてしまっていたのではないかと思います…

それは高羽の信念ではあるものの芸人として正解であるかは本人にも誰にも分からない…

高羽はおそらく人間としての高羽と芸人としての高羽を別個ではなくイコールとして捉えており、それで売れなくては意味がないといると考えなんだろうと思います。

それは、考えたネタではなく高羽自身が面白い人間である必要がある非常にハードルが高い理想だと感じられますが…

笑い倒し宣言

高羽は自分という人間を周りに知ってもらう事で、もっと自分が面白いとわかってもらえると信じ、そうなれば寂しくなるなると思っていたようです…

高羽の原点はさびしさ、孤独からの解放を望む心だったようです…

高羽は孤独だった子供時代の自分と対話する…

子供時代の高羽は真面目にお笑いをやるという事が理解できず、みんなふざけている自分が見たいはずだといいますが、大人の高羽はそこはお客さんには関係なく重要ではないと断言する…

自分がお笑いをはじめたのは、みんなに自分の事を知ってもらう為だが、それなのに羂索に言ったセリフについて、あんな事を言ってしまったといい、また、先輩から受けたフォローに対しても、自分は自分を肯定するために都合のいい解釈をして諦めてしまったのだと、これまでの自分の不甲斐なさを悔います…

自分を知ってもらう事が原点であるのに、それが受け入れられないという現実から目を背け、逃げてしまった…

それは自分が傷つきたくなかったからだと高羽は涙を流す…

自分を周りに知ってもらうというのは、自分を否定するような事にも向わあわねばならないわけですが、高羽はそれから逃げてしまっていた故に逆に自分ではない何かになってしまっていたと気づいたのでしょう…

高羽は現実に戻り、芸人として絶対に言ってはいけないセリフを言ってしまった相手である羂索に対して謝罪すます!

羂索は高羽の土下座は非常に美しく、自分がこの域に達したのは20代後半だったと心の中で呟き、自分は何を言っているんだと焦りますが、これは本当にそうだったという事なのか、あるいは高羽はもしかしたら、原点回帰した事により何か新しい力を得て羂索に影響を与えているのか?

もしかして領域だったりするのか?

状況は判然としないですが、高羽は羂索に全力で謝罪し、最後にお前を胃袋吐くまで笑わせてやると宣言します!

自分が傷つくことも厭わなくなった高羽の芸風は変わるのか?

続きを読む:  【レビュー】呪術廻戦227話 | 五条と宿儺の領域は徐々に極小超高密度に発展!

小手先のギャグではなく、自分自身をお客さんにぶつけて自分自身で笑わせる!

そんな芸風に変わっているんじゃないかと思いますが、羂索は非常に楽しみという感じのリアクションです…

高羽は刺客の役割を果たせるのでしょうか!?

呪術廻戦242話ネタバレ

呪廻術戦242話ネタバレを以下のリンクに投稿しました。 無料の閲覧とディスカッションのためにぜひアクセスしてください。➡ 呪術廻戦 242話 Raw – オンラインで無料で読む

Responses (48)

  1. ここで読んでるやつ 違法♪
    今すぐ刑務所に 行こう♪
    (hey!)
    Syuttou Syuttou Syuttou

    本誌を買え♪鈍器を振れ♪脳が弾け♪今日も血だらけ♪
    (Yo)

    一番最初に戻ってループ

    1. ここで読んでるやつ違法ってお前もだよ♪
      ここにコメントしてる時点で同じ穴の狢だよ♪
      残念でちたね〜(^o^)

        1. 確かに特大ブーメランなげて大コケして
          必死にレスしてるアホ丸だしの
          お前よりつまらんなw

    1. じゃあこんなところまで見るなよ、てめぇのコメントの方がつまんねぇんだよ

    1. メタ的に勝つことは無いと思われるが、死ぬこともないような気もしないわけでわないかもしれない

    1. ここで高羽の続きしてくれないと話が二転三転して読みにくい人出てくるんじゃないかな?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です