呪術廻戦 234話 Raw – オンラインで無料で読む

呪術廻戦 234話 Raw – オンラインで無料で読む

4/5 - (10 votes)

呪術廻戦 234話 Raw – オンラインで無料で読む | 魔虚羅の新境地 | 五条は式神二体を相手に華麗に戦っていますが、宿儺は身体を休める意味もあるのか、距離をとって戦いを眺めているようです。無論、五条に隙が出来たら狙う気満々でしょうが、とにかく今は戦いを観察しているようです…

作権上の理由により、この画像は当サイトでは利用できなくなりました。 無料で読むには、メニューバーのリンクにアクセスしてください。

呪術廻戦234話ネタバレ: 魔虚羅の新境地

呪術廻戦 234話 Raw – オンラインで無料で読む

助太刀は野暮

もう一体の式神・顎吐の顕現により三対一という圧倒的不利な状況になった五条の姿を見て、乙骨が矢も盾もたまらずという感じで自分も出ると歩きだします…

そりゃあ、あの状況を見れば誰もがそう思うし、そうしたいと思うでしょうね…
五条はみんなのヒーローであるわけですし…

しかし、今行って役に立てる可能性がある人間も限られているという事を考えて、乙骨は自分が行かなきゃと思ったのでしょう…

しかし、それを鹿紫雲が止める…

戦いの邪魔するなという事、またそうするにしても、少なくとも順番的にお前じゃないという事ですが、乙骨はそれに威圧する表情を見せる…

しかし、秤もこれに関しては鹿紫雲が正しいという…五条は自分が乙骨や秤よりも弱った時にしか介入を許さなかったが、今はまだその時じゃないと…

乙骨は、宿儺は領域を封じられているし、式神二体なら自分とリカで引き受けられるから絶対に役に立てるというが…

真希も反対で、出るなら自分だという…乙骨は五条が最悪の結果を迎えた時の保険であり、万一にも失うわけにはいかないと…

しかし乙骨は宿儺を倒せば保険も必要なくなるのだから、ここは賭けに出るべきだと返し、虎杖がそれを後押しするが…

結局のところ、五条を助けたいというのは明白ですよね…

それを観察していた日下部が嘆かわしいという感じで、お前たちは何にもわかっていないという…

乙骨達はそれで少しおとなしくなりますが、どういう意味だという表情…

冥冥が日下部のその言葉の意味を説明する…

宿儺と五条は勝利条件が違い、五条は宿儺に勝ちさえすればいい…
羂索については自分達が束になればどうにかできる可能性もあるから…
しかし、宿儺は五条に勝ったとしても、今ここにいる自分達とたたわねばならないと…

それに対して、秤は宿儺は絶対に切り札を温存してあり、今自分達が動けば、その切り札を切ってくる可能性があるという…

乙骨はそれらの説明に対して、宿儺を下手に刺激するなという意味かと尋ねますが、日下部はその通りだと答え、裏梅という化け物が控えている事も含め、今、全てを出し切るわけにはいかない宿儺に足手纏い無しの五条を当てるのが最善の戦術なんだと説明する…

鹿紫雲は秤に対して、今の術師達はみんなこの程度なのかと尋ねて少し険悪になっていますが、鹿紫雲が言いたいのはそういう小難しい戦術の話ではなく、これは五条の戦いであり、何がどうなろうと割って入るのは野暮だという事みたいです…

今とは価値観も精神性も違う昔の術師達からすれば、やはりタイマンを邪魔する事は野暮であり、今戦っている人間に恥をかかせるという事になるんでしょうね…

魔虚羅の新境地

五条は式神二体を相手に華麗に戦っていますが、宿儺は身体を休める意味もあるのか、距離をとって戦いを眺めているようです。
無論、五条に隙が出来たら狙う気満々でしょうが、とにかく今は戦いを観察しているようです…

続きを読む:  呪術廻戦246話ネタバレ: 死者発生もあるか?

五条は宿儺に意識が行きつつも状況を打開する方法を考えながら戦っているようですが、やはり顎吐が邪魔ですよね…

五条は顎吐の片腕を引きちぎってみますが、顎吐は優れた再生能力を有しているようです!

五条は、顎吐という式神は大蛇、虎葬、円鹿を継承した鵺であると見て、また、その肝は円鹿の再生能力にあると分析します。
やはり顎吐はその再生能力を武器にした攪乱が役割なんでしょうね…

五条はその再生能力の高さから魔虚羅同様、一撃で破壊する必要があると考えますが…

式神二体は連携をとり攻撃してきているようですが、やはり攻撃は単調になり、五条は最早二体の動きを完全に見切っていて相手にはならない感じ…

五条は顎吐の再生能力で宿儺を治癒されなりしたら面倒だと、顎吐の破壊を最優先にする事に決めたようです。

宿儺も二体の式神が相手にならない事を理解していますが、今はとにかく『茈』を発動する隙を作らせない事が先決だと思っているようですが…

宿儺もやはり茈を警戒しているようです…

先に茈を受けた状況を考えるに、あれは目測4キロ弱の距離があったから両腕が飛ぶ程度で済んだが、今の距離で直撃を受ければ、まず間違いなく致命傷になってしまう…

しかし、宿儺がおとなしく観察している事については、宿儺は魔虚羅に何かを期待しているようで、それを待っているようです。

宿儺は魔虚羅は対して、おまえはもう伏黒ではなく自分の影になっている…

ならば、魅せてみろ!

と、魔虚羅が自分の何かを反映する事を期待しているようですが、魔虚羅がそれに呼応するかのように方陣を回転させると…

魔虚羅は腕につけられた剣で空を切る!

すると五条の右腕が飛び、さらに背後のビルまでが大きく切り裂かれています!

魔虚羅は宿儺の術式を反映したのか、斬撃を飛ばせるように進化してしまったようです!

マズイ、五条は治癒力が落ちていると家入が叫びますが、その隙を宿儺達が見逃してくれるわけはない…!

顎吐粉砕!

五条は片腕を治癒できぬままに宿儺、魔虚、顎吐から一斉攻撃を受ける展開に…!

宿儺はこの瞬間を待っていたようで、また、ここからが正念場だと腹を括ったように五条に襲いかかっているように見えますが、五条は攻撃を受けながらも凌いでいるように見えます。

しかし、宿儺に蹴り飛ばされ、そこに待ち受けていた顎吐の電撃つきのパンチを受けてしまいます!

しかし、それを寸止めさせる形で止めており、不適な笑みを浮かべながら、顎吐に対して、さっきからお前だけ釣り合っていないと呟き、蒼の発射体勢に!

顎吐に人間のような思考や感情みたいなものが少しでもあるなら、非常にショックな事を言われているわけですが、何だか本当にショックを感じているように思えるような形で拳を止められているところに笑気が込み上げますが、それも刹那の事であり、顎吐はそのまま地面に叩きつけられる!

そして、五条はそばにいた宿儺達も含めて、出力最大の蒼を発射する!

魔虚羅は宿儺を庇いながら、その直撃を避けますが、顎吐はそれを受けてしまう!

遥か空中にまで浮き上がり、そこで爆散する顎吐…

まさに『汚ねぇ花火だ』という感じですが、なんだか顎吐が可哀想な気がするのは私だけでしょうか?

一生懸命やったのに、最後にお前だけ場違いみたいな事を言われた後、ギチギチ、ブチュですからね…

続きを読む:  呪術廻戦 225話の最新情報です。

お前の事は忘れないよと声をかけてあげたいと思います…

顎吐は破壊したが、五条はやはり片腕を癒すのに体力を消耗する事になりそう…

しかし、ナレーションによると五条の虚式・茈がこの41秒後に新宿に戦績を刻むとありますから、やはり次は魔虚羅…?

魔虚羅を破壊すれば、宿儺はおそらく秤が口にしていた切り札を出さざるを得ない事になるでしょうし、五条が宿儺を倒すという展開もあり得ますよね…

ついにクライマックスという感じですが、五条が勝とうとも身体のダメージは深刻そうな気がして心配ですが…

呪術廻戦235話ネタバレ

呪廻術戦234話ネタバレを以下のリンクに投稿しました。 無料の閲覧とディスカッションのためにぜひアクセスしてください。➡ 呪術廻戦 235 Raw – オンラインで無料で読む

Responses (9)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です