呪術廻戦236話ネタバレ: 宿儺切り札発動?

呪術廻戦236話ネタバレ: 宿儺切り札発動?

5/5 - (1 vote)

呪術廻戦236話ネタバレ: 宿儺切り札発動? | 呪術廻戦235話では、勝利は五条のものだったようです。 しかし宿儺にはまだ切り札が隠されているのでは?

呪術廻戦 235話のまとめ

呪術廻戦 235 Raw – オンラインで無料で読む

前回最新話では、虚式”茈”が発動した41秒間の様子が描かれました。五条は遠隔で”蒼”と”赫”を空中で衝突させる自身も自爆覚悟の”茈”を放ちました。宿儺も”茈”を防ぐために魔虚らと協力しますが、五条の策略の前に魔虚羅消滅、宿儺自身も大ダメージを負ってしまいました。五条は自身の呪力ということもあり最小限のダメージで反転術式も使用しています。現代最強VS呪いの王の戦いも最終局面を迎えている呪術廻戦。

呪術廻戦236話ネタバレ

呪術廻戦236話ネタバレ: 宿儺が緊張するほど追い詰められた相手とは?

宿儺が千年ぶりに敗北を意識、緊張していることが明らかになりましたが、滅多にないことだと思われます。

読者であれば宿儺を緊張させる相手とは誰??と気になってしまいます。

候補としては、、、

  • 羂索 
  • 天使
  • 未登場キャラ

これまで出てきたキャラから羂索 、天使、万の可能性はありそうですね。

特に天使とは堕天=宿儺として捉えているほど因縁がありそうな関係性なのは気になります。

続きを読む:  呪術廻戦249話ネタバレ考察: 乙骨が里香召喚で五条や日車の術式をコピーする⁉︎

また、未登場キャラが宿儺のライバルであった可能性は十分高いと思われます。

呪術廻戦236話ネタバレ: 宿儺の奥の手とは?

宿儺は奥の手、切り札を隠しているのではと高専側は予想しています。

そして宿儺は虚式”茈”で大ダメージを負った挙句、魔虚羅も消滅しています。

奥の手・切り札を出すにはもってこいの時期です。

個人的には呪力制限の解放が宿儺の奥の手になりそうな印象です。

乙骨や秤、冥冥も命ををかけた呪力制限の解放させた技を持っています。

宿儺も命の縛りをかけた呪力制限の解放で自爆覚悟の奥義や極ノ番を初披露するかもしれません。

ほかには、、、

  • 自身を加えた嵌合獣
  • 十種影法術、領域展開
  • 御厨子の新技

どれにせよ、少なも無事では済まないほどの威力の技であることは確実でしょう。

呪術廻戦236話ネタバレ: 五条の呪力量は限界?

五条は黒閃によって反転術式が再使用できるようになったが、虚式”茈”を放っていたり、呪詞で出力を上げていたりと、何らかの方法で呪力を補う場面が多くなっています。

最新話では宿儺に大ダメージを与えることに成功しましたが、宿儺はまだ立っています。

まだ勝負がついていないこともあり、クライマックスとはいえまだ呪力消費があると思われます。

宿儺もダメージはありますがここ1番の高出力技を貯めているに違いありません。

五条の呪力は持つのか気になります。

呪術廻戦236話ネタバレ:五条が再度追い込まれる展開になる?

最新話は五条がほぼ勝ったような展開になりましたが、宿儺はまだ立っています。

それに体はまだ伏黒恵のものです。

五条の勝利条件は何でもいいから宿儺に勝つことでした。

しかし全体的に見れば五条はまだ勝ったとはいえないと思います。

宿儺が消滅するまでは気が抜けない場面ではあります。

また宿儺も奥の手・切り札を隠している様子もあるためまだまだ勝負はわからないかもしれません。

呪術廻戦236話ネタバレ:41秒間で描かれる攻防は?

前回最新話で、顎吐消滅41秒後に五条の虚式”茈”が発動することが確定していますが、重要なのはそこまでの41秒間の攻防です。

続きを読む:  呪術廻戦 256話 Raw – オンラインで無料で読む

五条優勢で終わった前回ですが、41秒の間に宿儺がこれまで出してこなかった技が登場する可能性もありますし、

魔虚羅VS五条にも何か進展がありそうな展開ですね。

また、虚式”茈”自体がいい意味で戦跡を刻むのか、悪い意味で戦跡を刻むのかも気になるところですね。

呪術廻戦236話ネタバレ:五条に余力あり?

五条はこれまで領域展開に、反転術式に、戦いの疲労に、呪力消費が非常に多くなっています。

六眼でロスエネルギーを限りなく0しても、ロスする部分がないほどに呪力を消費しているこの戦いで、

顎吐を葬るために最大出力の”蒼”を放っています。

虚式”茈”を放つことが確定していても高出力で放てるかどうか疑問です。

家入が言うように、反転術式の精度も落ちてきていることも想定される中で、虚式”茈”を放つまで呪力を節約できる展開に持っていけるかどうかも注目です。

個人的には、無制限の虚式はこれまでの虚式”茈”とは違った形で放つのではないかと考えます。

呪術廻戦236話ネタバレ:宿儺は式神を融合できる拡張術式を使用できる?

宿儺が使用する十種影法術は伏黒恵が使用するものよりも、規模が大きく、調伏できる式神が多いです。

また今回顕現した『嵌合獣 顎吐』は「鵺」と「渾」を唱えた後で登場しています。

影の中で調伏済みの式神を掛け合わせることができる拡張術式を使用できることが考えられます。

なんでも融合できるわけではなく、影を作れるものに限られますが、正直どんな影になってるのかわかりません。

他の式神とも掛け合わせることもできるかもしれません。

呪術廻戦236話の発売日はいつ?

呪術廻戦236は、週刊少年ジャンプ2023年43号(2023年9月25日発売)に掲載されます。ただし、いつものように、呪術廻戦236は2023年9月20日水曜日に「spoilerplus.net」でリークされます。

呪術廻戦236話はどこで読める?

「spoilerplus.net」で今日から呪術廻戦をいち早く読むことができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です