【確定】キングダム786話ネタバレ:アガ討ち死に!

【確定】キングダム786話ネタバレ:アガ討ち死に!

3/5 - (2 votes)

【確定】キングダム786話ネタバレ:アガ討ち死に! ジ・アガの首に刃がかかる。圧倒的強さを見せる糸凌の実力。王翦軍の底力は凄まじい。

キングダム 786話 を次のリンクに投稿しました。読むには次のリンクを参照してください。➡ キングダム786話 Raw – 読んで議論する

【確定】キングダム786話ネタバレ:アガ討ち死に!

【確定】キングダム786話ネタバレ

申赫楽と山秀が実力発揮!

第786話ではついに申赫楽と山秀が実力を発揮してくれるようです!

続きを読む:  【確定】キングダム780話ネタバレ: 倉央VSジ・アガ!亜光VSカン・サロと楽彰!

田里弥率いる必殺部隊として大いに働いてくれそう感たっぷりだった三将でしたが、司馬尚によって一瞬で蛇輪公が討ち取られてしまった事で本気で『マジかよ』とがっかりさせられてしまったわけですが、蛇輪公の件は司馬尚が化け物過ぎたのか、申赫楽と山秀はしっかりと必殺部隊の名に恥じない強さを見せてくれるようですよ!

糸凌が一人でカン・サロとジ・アガを相手にするような雰囲気でしたし、カン・サロは糸凌を討ち取る気マンマンという感じでしたが、申赫楽と山秀がカン・サロの相手をする展開になるようです。

必殺部隊はおそらく廉頗の部下だった輪虎のような役割を果たしてきたのでしょうが、そうだとしたらハンター的な性格の部隊なのでしょうね…

カン・サロは狐の顔を模した様な兜を被っていますから、狐狩りというイメージの戦いになりそうな気がしますね…

申赫楽と山秀はカン・サロ軍の脚を止め奮戦するようですが、できればカン・サロを討ち取る事ができたなら王翦軍にとっては逆襲の芽となりそうですね…

カン・サロは青歌軍のNo.2みたいですし、おそらく司馬尚の代わりに全軍の指揮を執るような立場であるはず…

カン・サロを討ち取れば楽彰とジ・アガは分断され、更に王翦本陣に押し込んでいる司馬尚は完全に孤立する形になるでしょうからね…

しかし、カン・サロを討ち取るのは非常に難しそうな雰囲気ですね…

カン・サロを討ち取り難いのなら、残りの楽彰とジ・アガを討ち取ればいいわけですが、それについては糸凌がやってくれるみたいです!

糸凌がジ・アガを撃破!

田里弥必殺部隊の二将がカン・サロの相手をしてくれたお陰で、糸凌はジ・アガに集中できるようです。

続きを読む:  キングダム771話ネタバレ|王翦による番吾陥落も速攻?既に李牧の罠に?

糸凌は元々ジ・アガと戦っていましたから、ある意味振り出しに戻った感がありますが、ジ・アガはすでに一太刀浴びていてダメージを残しているはず…

おそらく亜光と似たような状況にあるのではないかと思いますが、それでも不沈艦みたいに倒れないというのも似ているように思います。

実際、青歌軍の先鋒的役割に見えますから亜光との共通点は多く感じられますが、亜光ほどの粘り強さは無いようにも感じられます…

なんだか、既に大槌が重く感じられているようなスタミナに欠けるような印象があるんですよね…

あくまで個人的な感覚に過ぎないんですが、どんな人間にも弱点はあるものですしね…

そんなところが糸凌に有利に働くのか、糸凌はジ・アガを討ち取るようです!

おそらく糸凌はパワーではジ・アガに敵わないという感じだったのではないかと思いますが、スタミナ切れで動きが悪くなったなら、スピードで勝るだろう糸凌の剣を弾くのが遅れてくるという感じになり、そこにできた隙がついに糸凌の剣がジ・アガの急所に直撃するというような感じになるのではないかと思います!

青歌軍はジ・アガが討ち取られるなんて想定していないでしょうし、おそらく李牧もそうでしょう…

完全に押されている王翦軍ではなく、押しまくっていると言える司馬尚軍に犠牲者が出るという事は、戦況が大きく変わる可能性を感じさせてくれますが…

倉央と田里弥は間に合うのか?

後方からの追撃を気にする必要が無くなった倉央達は司馬尚軍の後方に思い切り突っ込んだわけですが、やはり関常率いる玉鳳隊二万の横撃が通用しなかったように、後方からの攻撃にも強い可能性があるでしょう…

司馬尚はおそらく後方から攻撃されて、それに反応して振り返るように迎撃してくるような男じゃないと思います。

そのまま前進を続けるような気がするのですが、それは部下達の強さを信じるからこそできるというような感じなんじゃないかと思いますね…

王翦の首をとれば戦は終わるわけですから、最優先すべきはそれであり、早くそれを成し遂げた方が犠牲者は少なくなる…

司馬尚がそんな動きをするとしたら、倉央と田里弥は直接司馬尚を捕まえないと止められない可能性か高いわけですが、少なくとも勢いを殺す結果にはなるでしょう…

それが王翦が司馬尚を撃退するか、受け流すかするのに貢献するんじゃないかと思います。

続きを読む:  【確定】キングダム785話ネタバレ: 糸凌、獅子奮迅

撃退または司馬尚を討ち取れれば最高なわけですが、史実においても司馬尚はここで死なないですし、司馬尚を力づくで退却させるのも難しいと思えますから、なんらかの方法で受け流すことにより、今回の突撃をやり過ごす…

少なくとも史実で王翦も死なないわけですから司馬尚をやりすごす展開として、王翦に近づけないままに本陣を行き過ぎる形となり、そのまま引き上げていかねばならないというような状況に王翦が持ち込むような気貸しますね…

まだ糸凌と申赫楽・山秀の動きのみ明らかになっているという状況ですが、倉央と田里弥が司馬尚を完全に止められるとは思えないんですよね…

やはり、王翦自身が司馬尚の攻撃をやり過ごすような天才ぶりを見せてくれるんじゃないかと思いますね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です