キングダム790話ネタバレ考察: カン・サロと楽彰への対応は?
2024年4月12日より「spoilerplus.net」ブランドは「mangaspoilerplus.net」に変更となります。

キングダム790話ネタバレ考察: カン・サロと楽彰への対応は?

2.4/5 - (8 votes)

キングダム790話ネタバレ考察: カン・サロと楽彰への対応は? 前回は司馬尚が王翦に肉薄する状況の中、そこに亜光と倉央が駆けつけるというような展開またキタリが壁救出に挑むというような展開が描かれましたが…

キングダム790話はこちらに掲載予定です。以下のリンクからご覧いただけます。➡ キングダム790話 Raw – 読んで議論する

まとめ キングダム789話

キングダム789話の全内容をアップロードして分析しました。次のリンクで読むことができます。➡ 【確定】キングダム789話ネタバレ:亜光と倉央走る!

スポンサーリンク

キングダム790話ネタバレ考察

キングダム790話ネタバレ考察: カン・サロと楽彰への対応は?

戦況の肝は司馬尚の討伐か撃退

現在の戦況の肝は確実に王翦と司馬尚にありますよね…

続きを読む:  キングダム793話 Raw – 読んで議論する

秦趙どちらにとっても、それが勝敗に直結しているという状況ですが、明らかに圧倒的に司馬尚が優勢と言える現状…

しかし、王翦は司馬尚さえ討ち取れれば反転攻勢、逆に李牧を窮地に追い込めるという確信を持っているようです。

その状況に持ち込むためには司馬尚を討ち取るか、撃退するしかないわけですが、王翦には確実にそれを可能とするような攻略法みたいなものがあるのでしょうか?

永年戦場に身を置けば、今のような絶対絶命の窮地に陥った経験が何度もあるだろうと思いますが、王翦はこれまでそんな窮地を逆転し勝利してきたからこそ、今回もそれは可能だという自信を持つ事ができているのだろうと思います。

しかし、おそらく力押しで司馬尚を討ち取ったり撃退したりは不可能だと思えます。

人間の手に余るような獰猛な猛獣や怪物の類は力で制するよりも知恵や工夫でどうにかするというのがセオリーだと思いますから、やはり司馬尚を孤立させる状況を作る事が一番効果的かと思います。

王翦が司馬尚の周りにいる手練の近衛兵を優先して潰していた事が、これからジワジワと効果を発揮するのではないかと思うのですが、それは王翦を守るべく駆けつけた亜光と倉央にとってもやりやすい状況にもなっているでしょう。

王翦はおそらく、亜光と倉央の軍に対して、司馬尚を孤立に追い込むような采配を見せるものと思われますが…

しかし、後方からはカン・サロと楽彰が迫ってきていますよね…

カン・サロと楽彰への対応は?

王翦の窮地に亜光と倉央が間に合いはしたわけですが、後方からはカン・サロと楽彰が迫っている状況…

続きを読む:  【確定】キングダム785話ネタバレ: 糸凌、獅子奮迅

おそらくカン・サロ軍に対しては田里弥軍、楽彰軍に対しては関常率いる玉鳳隊が立ちはだかるような形になるのではないかと思います。

これを食い止める事ができたなら、王翦軍、亜光軍、倉央軍により司馬尚を孤立させる事は可能かも知れない…

それだけに、田里弥と関常は何としても役割を果たしきらねばならないという状況にあると思われるわけですが、心配なのは田里弥ですよね…

田里弥はおそらく精神力だけで持ち堪えているような状態であり、いつ倒れても不思議ではないと思われます。

将を失っては軍は機能が低下してしまいますから、一気に抜かれてしまう可能性が高まるわけですが、田里弥はおそらく命尽きるまでは指揮を取り続けるでしょうし、粘りに粘りまくるだろうと思いますが、やはり司馬尚の副将たるカン・サロとその軍は強い…!

持ち堪えるにしても、やはり限界はくるでしょう…

この状況を打開する為には、やはり信や王賁の力が欲しいところでしょう…

まだあまり消耗していないだろう楊端和が援軍を送って来てくれるというような状況もあるかと思いますが、とにかく総大将・王翦を窮地から救うのが今の秦軍にとって最優先事項だと思いますので、おそらく今の王翦軍は何が何でも王翦を守り抜き司馬尚をどうにかするという根性論、精神論が第一という状況であると言えると思います。

天才軍略家である王翦の軍が根性論、精神論を第一にするというのはミスマッチに感じますが、それがあってはじめて、王翦はその才能を活かしきる事ができてきたとも言えるのではないかと思います。

反転攻勢のシナリオは?

王翦は李牧の策を、おそらく九割方看破しているものと思いますが、第一に信を本戦から切り離し封じたという事の意味も理解し、また、それと同時に王賁を王翦から切り離した事についても意味を理解し、李牧が信と王賁を危険視しているというのは確信しているでしょう…

また、王翦も二人を高く評価し、信頼しているはず…

王翦が反転攻勢のシナリオを頭の中で描いているとしたら、やはり信と王賁の存在はそれには不可欠でしょう!

王賁は戦況を把握しつつも動くに動けない状況にあり、信も罠から復帰する為に必死に走っている頃だと思いますが、現状、もしかしたら二人は王翦を救いに向かうよりは、手薄になっているだろう李牧を狙った方がいいのかも知れないですよね…

続きを読む:  【正式版】キングダム 759 Raw – 読んで議論する

右翼は放置できないわけですから、信か王賁が指揮を執るしかないわけですが、どちらか一人が、今の司馬尚のように直接、李牧の首を狙って走るという展開があるように思えますが、そうだとしたら、その役目はやはり、元々李牧の首を狙っていた信にまわってくる可能性は高いかと思います。

史実では秦が陥落させている番吾城でも必ず何か動きがあり、それが戦況に影響してくる可能性はあるでしょうし、信も李牧の想定を超える動きを必ず見せるはず…!

また、王翦も信が李牧の首を狙うような動きをするという事を予想し、それを確信しているのかも?

もしかしたら、王翦はある意味、司馬尚という李牧の最大の武器を自分に引きつけることにより李牧を討ち取るチャンスを信に与えているとも考えられるのではないかと思いますね…

王翦が李牧の思惑を逆手にとり、自分のリスクを考えに入れた上で、李牧と同じやり方で李牧を討ち取る…桓騎をして『ブッ飛んでいる』という王翦なら、ありうるのではないでしょうか?

それが王翦の反転攻勢のシナリオだったりするのではないかとも思います!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です