キングダム793話ネタバレ: 王翦は逃げ切れるのか?
2024年4月12日より「spoilerplus.net」ブランドは「mangaspoilerplus.net」に変更となります。

キングダム793話ネタバレ: 王翦は逃げ切れるのか?

3.6/5 - (5 votes)

キングダム793話ネタバレ: 王翦は逃げ切れるのか?王翦は倉央の軍に守られ敗走する事になりましたが、司馬尚とカン・サロの追撃から逃げ切れるのでしょうか?

まだキングダム 792 を読んでいない場合は、次のリンクにアクセスして、無料で読んで議論することができます。➡ キングダム792話 Raw – 読んで議論する

スポンサーリンク

キングダム793ネタバレ: 王翦は逃げ切れるのか?

キングダム793話ネタバレ: 王翦は逃げ切れるのか?

右翼と左翼はどうなる?

キングダム第792話で、王翦は『敗走』という形になりましたが、秦軍の総大将が敗走するという事は、当然秦軍は趙軍に敗北したという事になりますよね…

続きを読む:  キングダム780話ネタバレ: 王翦VS司馬尚はどうなる?

右翼と左翼はどうなるのでしょうか?

右翼は今、王賁が指揮を執り倍ほどいる敵軍と戦っているわけですが、信率いる飛信隊一万は対した被害を出していないでしょうから、戻ってくれば充分に勝負になるかと思います。

最早、直接王翦の本陣に加勢にいく必要もないわけですから、おそらく右翼に戻り、右翼の殿軍を務める事になるのではないかと思います。

また、李牧はおそらくそこまで読んでいるのではないかとも思います…

李牧は信を消しておきたいと思っているのではないかと思うのですが、それは司馬尚に王翦の首を取らせた後の敗走時をチャンスと見ていて信抹殺は今が本命のチャンスになるのではないかと思います。

しかし、信が討ち取られる事など史実からしても無い展開ですよね…

左翼の楊端和…おそらく舜水樹は王翦敗走の報告を受けて一気呵成という感じに猛攻を開始すると思いますが、楊端和と山の民を中心とした軍なら逃げるにも力を発揮するでしょう…

しかし、キタリと壁が帰ってきていない…

もしかしたら楊端和はそれを待ちながら踏みとどまるような選択をするかも知れないですね…

もしかしたら、今回李牧の想定を超える力を見せるのは他の誰でもなく、楊端和だったという事になり、李牧はもしかしたら側近の誰かを失う事になったりするかも?

個人的には李牧にカイネを妻にしたいと言わせている馬南慈にも死亡フラグが立っているような気がしますが…

しかし、王翦は逃げ切れるのでしょうか?

王翦は逃げ切れるのか?

王翦は倉央の軍に守られ敗走する事になりましたが、司馬尚とカン・サロの追撃から逃げ切れるのでしょうか?

続きを読む:  キングダム767話ネタバレ|城戸村では何が?尾平結婚か?

先程、信は右翼の殿軍を務めるのではないかと書かせて頂いていますが、仮に倉央に王翦を守りきる事ができないとしたら、割って入るのが信と飛信隊かも知れないですね…

今回、信にまだ手柄を立てるチャンスがあるとしたら、王翦を守るという事くらいしか残されていないように思います。

何の手柄も立てないという展開なら右翼の殿軍となり、手柄を立てるなら王翦を守りきるという展開になるのではないかと思いますね…

司馬尚は王翦の首を王手をかけている状況だと思いますし、報告を聞いている李牧も司馬尚が王翦の首を持ち帰るという確信を持っているでしょうが、それをまた信が覆すという事になるのかも…

主人公ですし、そのくらいの活躍はあるのではないかと思うのですが、だとしたら、信は司馬尚と刃を交える事になりそうですね…

今回の戦で最強の武を持つのは司馬尚であるのは間違いないですし、その司馬尚と一度も戦わないというのも面白くないですから、信はやはり倉央と共に王翦を守りきるという展開になる方が可能性として高いかと思います。

田里弥も亜光と似たような状況で瀕死状態の奮戦という形になっているかと思いますが、田里弥も死の間際に何かやってくれそうな気がしますね…

また、王翦ですが、王翦は何故すぐに逃げなかったのでしょうか?

負け戦をしない男ですから、ある意味、負けを確信するのも早いはずなんじゃないかと思うのですが、何故か呆けたようになり、倉央からも叱責されていましたよね…

王翦らしくないと誰もが感じているのではないかと思いますが…

王翦は精神を病む?

王翦はおそらく誰よりも早く敗北を確信していたのではないかと思います。

李牧の策にハマった事を認め、逆転の目はまだあるとは考えていましたが、あの状況は誰が見ても覆しようが無かったですよね…

しかし、王翦があのままアッサリと負けてしまうという展開も無いのではないか…と我々読者も王翦が何かやってくれるのを期待していたという状態が続いたという事だったと思いますが結果的に王翦は李牧に完敗した…

亜光は司馬尚と青歌軍の武力に対応できなかった部下の責任だと言っていましたが、王翦もやはりもっと早くに動くべきでしたよね…

特に何の指示も出さないまま終わった…というよりも出せなかったのではないでしょうか?

打つ手が無かった…シンプルにそうだったのではないかと今となっては感じます。

また、すぐに逃げようとしなかったのは自分を逃す為に部下達が犠牲になる事がわかっていたからではないかと思います。

だからこそ、逃げるわけにはいかなかったのではないかと思いますね…

続きを読む:  キングダム780話 Raw – 読んで議論する

倉央に叱責され無理矢理という感じで逃げる形になりましたが…王翦はずっと亜光達、自分を逃す為に犠牲になろうとする者たちの方を見続けていた…

感情が希薄に感じられる王翦ですが、あれだけ部下達に慕われているわけですから、そんな事はないでしょうし、王翦は今回の戦で多くを失い、立ち直るのに時間がかかるのではないかと思います。

もしかしたら、精神を病み、しばらくは静養する事になるのではないかと思います。

失脚したりする事はないでしょうが、精神的なダメージはなかなか癒えないのではないかと思いますね…

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です