モモの助は天下無敵になれるのか?|ワンピース考察

モモの助は天下無敵になれるのか?|ワンピース考察

この post を評価します
 

ワノ国編はかなり多くの謎を残して終わっていますが、モモの助の『モモ』と、それが天下無敵を意味するという理由は語られないまま終わっていますよね…

モモの助は天下無敵になれるのか?|ワンピース考察

モモの助の名前の由来について

モモの助の名付け親は実の父・おでん様でしたが、その由来はワノ国では『モモ』という言葉が天下無敵を意味するからというものでした…

光月家は『スキヤキ』から『おでん』ときている事から、おそらく鍋料理か煮込み料理の名前をつけるのが習わしだったんじゃないかと思いますが、おでん様はその習わしを外れ、食べ物という繋がりはあれどもモモの助という全く違う名前をつけた…

それはモモの助に自分以上の豪傑にして名君になって欲しいという期待を持っていた証であるかと思いますが、結局、なぜワノ国で『モモ』が天下無敵を意味する言葉であるのかという理由やら謂れは説明されませんでしたね…

続きを読む:  フィガーランド・ガーリング聖とシャンクスの関係

それについては過去にも色々と書かせて頂きましたが、やはり『桃太郎』のような存在がワノ国にも伝説として伝わっているのは間違いないんじゃないかと思っています。

カイドウが拠点にし『鬼ヶ島』と呼んでいた島も古くからあった無人島でありカイドウ達が勝手にそう名付けただけだという感じでしたが、あの角のある超巨大な頭蓋骨は明らかに人工物ではなく、大昔にあのサイズの古代巨人族が実在した可能性も高いと思いますので、やはり桃太郎をモチーフをしたような鬼退治伝説が伝わっていて、その鬼つまり超巨大な古代巨人族を倒したのが『モモ太郎』だったりするのではないかと思います。

あのサイズの古代巨人族を倒したとすると、それは天下無敵と呼ばれても少しもオーバーではないかと思いますが、おそらく超巨大な古代巨人族はやはり大勢の子分を連れていた可能性が高いと思いますし、一人で全て倒したとも思えない…

とすると、やはり御供がいた可能性が高いと思いますが、桃太郎の御供といえば犬、猿、雉ですよね…

そこで犬に相当するのはヤマトが保有している大口真神である可能性が高いかと思います。

モモの名を持つ人物…仮にモモ太郎がワノ国の英雄神的存在なら、その御供達は『守り神』とされていて全く不思議はない…

しかし、猿と雉が足りないですよね…

猿と雉はこれから仲間になる?

ワノ国編ではヤマトが犬、ルフィが猿、マルコが雉であるようにも見えました。

三人の力が無ければ鬼ヶ島の戦いは絶対に勝てていなかったはずですし…

しかし、あれはどう見てもルフィが主人公の英雄物語であり、それで片づけてしまうのも早計だったりするかも?

モモの助は後の世で希代の名君と呼ばれるようになるみたいなナレーションがありましたが、そうなるなら、モモの助の英雄物語はこれからであろうかと思います。

だとしたら、これから猿と雉に相当する人物を新たに仲間にする可能性もあるでしょう!

個人的に猿は現実世界の日本神話の天孫降臨の下りに現れて天孫ニニギ命を導く役割を果たした猿田彦命という神がベースになると思うのですが、もしかしたらサルサルの実幻獣種モデル猿田彦命の能力者が仲間になる可能性もあるかと思いますが、もしかしたら猿に当たるのはズニーシャである可能性もあるのかなと思っています。
『いや、象じゃねえかよ!』となりますが、この猿田彦という神は変わった神で長い鼻と赤く輝く目を持っているようなんですよね…
天狗のルーツとも言われている神ですが、ズニーシャがいたなら鬼ヶ島の頭蓋骨の主だろう超巨大な鬼とも互角に戦えそうですし、もしかしたらモモ太郎は猿ではなく象を御供にしていたのかも?
そうだとしたら、ズニーシャはもうモモの助の子分みたいになっていますから、御供はすでに二体揃っているのかも?

続きを読む:  赤髪のシャンクス~海賊王の乗組員から四皇まで~

あとは雉ですが、雉もやはり日本神話や昔話を見てもそれに当たるのは八咫烏か朱雀っぽいですから、そのあたりの能力を持つ人物が新たに仲間になる可能性はあるでしょう…
トリトリの実の能力は五種しか発見されていないようですが、今はそれ以上いるような雰囲気ですし、これから八咫烏や朱雀の能力者が出てきても不思議ではない…
しかし、ビビはカルーをはじめとする超カルガモ部隊を率いており、今はモルガンズに匿われていて、更に自身も孔雀イメージの武器や技を使っていたりと鳥に縁が深い…
もしかしたら、モモの助はいつかビビと出会う事によって友達になり、それが雉に相当するような事になったりするかも知れないなとも思いますが…

御供が三体いたのかも分からず守り神は大口真神だけだったりするかも知れないですが、モモの助はこれから猿と雉に相当する人物を味方につける可能性はありうるでしょう…

また、モモの助は名前の通り天下無敵になれるのでしょうか?

天下無敵になれるのか?

天下無敵と言っても世界最強になるという意味ではなく、それくらい強く偉大であるという比喩かと思いますが、28歳の身体になったモモの助は少なくとも、おでん様並みの頑丈さな肉体に成長していますね…

おでん様ほどの怪力やスピード、また覇気を持っているのかは未知数ですが、その素質を持っている事はまず間違いない…

しかも、ベガパンクが作ったカイドウの血統因子から作られた人工悪魔の実を食べていて龍の力を持っており、緑牛アラマキにボロブレスでダメージを与えているわけですから、本格的に修行し、また実戦の経験を積めば父親を越える事も可能なんじゃないかと思います。

それに未だに気になっているのですが、CP-0のゲルニカは人工悪魔の実が失敗作で良かったと言っていたのはどういう意味だったのか?

続きを読む:  エッグヘッド島でルフィと海軍の強さを比較 |ワンピース 1091話

非常に強力な龍の能力が世界に二つも存在する事は危険だと考えたにしても、何だかしっくりこず、やはり人工悪魔の実には世界政府の脅威となりうる何かがあるんじゃないかと思えます…

過去にはカイドウの血統因子から作られた実はカイドウ自身の影響もあるんじゃないかと書かせて頂きましたが、ベガパンクは失敗作だとして封印してしまい、誰も食べておらず、おそらく人工悪魔の実を食べたのは今のところモモの助一人だけ…

モモの助が食べた実は、龍の能力だけではない何か別の強さをもモモの助に与えている可能性はあるんじゃないかと思いますね!

血統的に覇王色を備えている可能性も高いですし、やはりモモの助はおでん様が期待していた以上の天下無敵の豪傑になるんじゃないかと思います!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です