推しの子143話 Raw – 読んで議論する

推しの子143話 Raw – 読んで議論する

3.7/5 - (63 votes)

推しの子143話 Raw – 読んで議論する | 次の物語はどう展開するのでしょうか? 推しの子の最新話を読んでみよう!

推しの子の前の章をまだ読んでいない場合は、次のリンクから読むことができます。➡ 推しの子142話 Raw – 読んで議論する

推しの子143話 Raw「全肯定オタク」感想と考察

アクルビとかいう呪物(個人的解釈)

さて、前回感想記事にて、アクアとルビーのキスの可能性について言及した。そこで私が出した結論は「アクアはキスをしない」である。その理由を、アクアの復讐作品が芸能界に蔓延る倫理的な問題に言及するものであり、それと同様の行動を取ることは復讐へのアンチテーゼになるから、と記載した。

そして、結論から言おう。

最悪の展開である。

唯一の救いとしては、アクア自身からキスはしていないこと。これ自体は予想の範囲内である。その上でルビーが暴走してキスをすることも予想はしていた。しかし、本当に実現するとは…という思いが強い。

続きを読む:  終末のワルキューレ87話ネタバレ: 沖田総司VSスサノオ

実の血縁関係にある兄と妹のキス。この観点から私はアクルビを本作における特級呪物に認定している。後段にて語るがルビーは『ガチ恋オタク』を自称してアクアにキスを強行した。この展開によって、「ガチ恋を自称するマナー違反」を肯定すると共に「倫理的問題を犯した奴が倫理的問題を世に問う」というピエロ展開が確定した。

いったんは最新話のキツイ展開を愚痴らせて欲しい。

ルビー(さりな)の自己認識

アクアの正体を知ってからルビーの自己認識は「さりな」であることは要所要所で描写されている。まずその姿が個人的にはキツイ。

そして、ルビーは当然の様にアクアに甘える。

まるで前世でさりながゴローに対して甘えていた様に。18歳を自称するルビーの精神年齢は”あの頃”のさりなのままである。この言動を見てニッコリ出来るオタクはそれこそアクルビを妄信する『全肯定オタク』なのだろう。

アクアの脇の甘さ

脇が甘く隙だらけなことで一部界隈で定評のあるアクア。

敢えて言うのであれば、アクアの脇が甘くなければ実妹に唇を奪われることも無かったのだろう。しかし、あろうことかアクアはルビーの要望に応えてゴローの真似をする。

シスコン設定と言われればそこまで。

アクアは妹のことを愛しており、そのために願いを可能な限り叶えたいのかもしれない。アクアからキスをした訳では無いので、あまり言及しても仕方がない。しかし、私は普通にアクアの”ゴローの真似”も含めてそれなりにキツかった。

マジでゴローの顔つきになるのやめてね。

アクアの論理

弁明するのであれば、アクアはルビーの想いを拒んでいる。いったんアクアがルビーの想いを拒んだこと自体は評価したい。

しかし、その論理がおかしい。

実妹だから。妹としては好きだけど。前世の記憶と混在している。様々な言い分を予想していたのだが、選ばれたのは「もう君の知っている先生じゃない」という言葉。そこから続くのは「生きてることに罪悪感」とか急なメンヘラ発言。

回想に含まれるのはルビーと重曹の顔。

重曹に嘘を吐き、傷つけたことをしっかり引き摺っていることはこのシーンで明示された。いったん重曹の顔があったことは個人的に良かった。

アクアもかつては重曹とキャッチボールをしながら、前世と現世の境界線について考えていた。それなのに随分と前世に引っ張られている気がするのは気のせいか。

ルビーの理論

実妹だからという線引きではなく、メンヘラ論理を繰り広げたアクア。それに対してルビーが展開するのは『全肯定オタク』『ガチ恋オタク』というパワー系の理論武装。

推しが居ると世界が輝く。

この発言自体は私も肯定したい。そしてその推しがルビーにとってゴローであることは勝手に推していろという話。問題なのはゴローとアクアを同一視していること、その感覚のまま妄信的になることだ。

全肯定オタクは私も許そう。

何故なら私も重曹の全肯定オタクだから。

続きを読む:  「ハイキュー!!」の新作スピンオフを無料で読む

ガチ恋はやめろ。ガチ恋オタクをその他のオタクと並列で語るな。というよりガチ恋だから無理に相手に想いを押し付け行動をして良い訳では無い。それこそ、一部の「頭の悪いガチ恋オタク」の存在を肯定することになる。

この論理は私にとって最悪だ。

これが許容されるのであれば、ガチ恋オタクを自称するオタクは何かしらのルール・規則を破って想いをぶつけて良いことになってしまう。私はオタクは『推し』に対して一定のルールを守るべきであると考える。勿論、内心本気で恋心を持つのは自由。しかし、それを行動に移してしまえば、恐らく何かしらの問題に発展するだろう(合意の場合は除く)。

だから、私の目にはルビーは『ガチ恋オタク』という言葉を弄ぶ『ただ倫理的に問題がある人間』という風に映ってしまう。

アクアは全肯定オタクになるか

さて、ここで『推し』が世界を輝かせることは述べられていた。タイトルにも含まれている通りで、この作品における主題の一つでもあると考える。

そしてアクアの世界は今闇の中にある。

となれば、本作のエンディングに向けて考えられる展開の一つに「アクアが『推し』を発見し、世界が輝く」というものが考えられる。アクアは前世でも現世でも誰かを推す只のオタクであったという展開。

この場合、誰がアクアの推しになるか。

その答えに最も近いのは重曹だろう。38話で重曹がアクアに対して『推しの子』にあなると宣言していること。アクアの復讐が映画撮影を以て一区切りつくこと。映画撮影後に重曹の卒業ライブがあること。

上述したのは主な要素。しかし、振り返ると重曹のアイドル活動を通した描写は最終的に「アクアを推しにすること」を念頭に描かれてると考えられる。

そのような意味で最新話において、ルビーの「推しが居ると世界が輝く」という発言だけは示唆に富んだものと解釈した。

推しの子144話ネタバレ

推しの子144話ネタバレを以下のリンクに投稿しました。 無料の閲覧とディスカッションのためにぜひアクセスしてください。➡ 推しの子144話 – 読んで議論する

Responses (39)

  1. なんだかんだルビーのわがまま聞いてくれるアクア優しいんだけどW

  2. 「せんせの推しの子になってやる!」はまだですか?

    さりなちゃんだったら勝ち確なんだけど、結局のところルビーだからなぁ。

  3. 「次号 撮影はスケジュール勝負⁉」って、撮影の辛さを描くってことか?よく分からん。。。

  4. なんでアクルビのキスだけなんや…?
    ヮ(゚д゚)ォ!とはなったけども

    1. おいおいまじか。兄妹という壁あるからこの後の関係気になる

  5. アクアの目の星はずっと黒かったのに元に戻ってる…!
    復讐心とか、自分が幸せになっちゃいけないっていう気持ちが薄れた訳じゃないだろうけど、少なからずルビーに元気をもらったのは確かだよね。
    個人的にはアクルビくっついてほしい。

      1. アクかなは嫌いじゃないけどやっぱアクルビよな!
        禁断の恋よき

    1. 枕もどきして棚ぼた仕事貰った挙げ句天才役者としてまで売り出してもらえる奴推してる奴がなんか言ってるw

    2. 残念だけどアクアは友達としてしか見れないって言うと思う

  6. よしルビー、あかねと協力してアクアの企みを停めるんだ

    1. 終わりや
      最初からアクルビするの確定なんだったら有馬推しに希望持たせるような展開作らんでくれ
      まだあかねは存在意義あっただろうけど、有馬はもう負け犬以下やん

      1. 卒業ライブで推しの子宣言の回収すんだろ
        他人にはやたら厳しくプロ意識語るくせに自分にはゲロ甘くて仕事はおこぼれで天才役者にまで仕立て上げてもらえるしアクアの推しの子になるのも確定してるのに恋人ポジまで望むんかよ

  7. Yes, that’s what hell is like, so please, someone put a bullet in my head! Adn end this torment!

  8. Yes, that’s what hell is like.. so please, someone put a bullet in my head!… and end this torment!

  9. どゆこと(^▽^⁇)推しの子142話は見れなかった、なのに何で143話が出てるの…怖すぎッッツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です