シャンクスの観察ハキは作者が誇張???

シャンクスの観察ハキは作者が誇張???

この post を評価します

ワンピース 1079章 シャンクスは「高度観測ハキ」を使って未来を見た(おそらくカタクリより強い)。 彼は巨大な艦隊が将来破壊される前に救った。シャンクスは自分の存在を支配し、他人が未来を見るのを妨げているため、ユースタス・キッドはシャンクスが自分の前にいることに気づいていません。

「Spoiler Plus」
「Spoiler Plus」
第1079話ではシャンクスがルフィやカタクリと同じ見聞色の覇気による未来予知を披露していましたが…
ワンピース1079章を読んで、シャンクスがどのようにキッドを「観測ハキ」で破壊したかを確認してください。
速いペット
速いペット

見聞色の覇気による未来予知と覇王色

ビッグ・マム海賊団のカタクリは見聞色の覇気を鍛えすぎた結果、少し未来が見えるようになったわけですが、ルフィもカタクリとの戦いからそれを学び取り身につけています。

続きを読む:  ワンピース考察: ガープは神の騎士団の存在を知っているのか?

Luffy Vs Katakuri

また、第1079話ではシャンクスもそれを披露しました。

三人とも、おそらくは数秒、数十秒先に起こる事を事前に知覚できると言う事になりますが、どんな風に見えているのでしょうか?

見聞色の覇気による未来予知と覇王色

描写を見るに、目の前に未来の情景が広がるわけではなく、脳内で映像が再生されると言う感じみたいですね…
おそらく、我々が眼を閉じて何かをイメージして映し出すのと同じような感じなんだろうと思いますが、これは予測ではなく予知ですから起こりうる可能性ではなく、実際に起こる事を見ていると言う、超能力のようなもの…

おそらく、ヤマトやカイドウまたリンリンという猛者が武装色や覇王色の覇気を弾丸のように打ち出すと言う、これまた超能力みたいな技と覇気操作のレベルと言う観点からすれば同じレベルのものなんじゃないかと思いますが、この未来予知ができる者は、覇気を弾丸のように打ち出せる者達より数が少ないように思えますね…
少なくとも、シャンクスとルフィは覇気を弾丸のように打ち出せるでしょうが、カイドウやリンリンに未来予知ができていたとは思えない…

また、未来予知ができるカタクリ、ルフィ、シャンクスの三人が揃って覇王色ホルダーだという事も気になりますよね…

武装色は覇王色と共に纏う事で異次元の攻撃力と防御力を生み出すようですが、見聞色と覇王色の併用は今のところは言及されておらず、個人的には見聞色と覇王色の併用が未来予知という超能力としか思えないような現象を起こしていると思います。

未来予知とは、肉体は未来にいけなくても感覚だけ未来に行っているのとも言えますが、カタクリは鍛えた結果そうなったとされていますが、鍛えれば誰もがそうなるとも思えないんですよね…

やはり覇王色ホルダーじゃないと到達できない領域なんじゃないでしょうか?

続きを読む:  黒ひげはロックス・D・ジーベックの息子?

シャンクスの未来予知の気になる擬音

シャンクスの未来予知は意識しなくても、半自動的に危機を察知するような雰囲気ですね…

今回は、傘下の海賊達がキッドの電磁砲によって虐殺されるという未来を見たわけですが、それを見たリアクションからして、シャンクスのキッドに対する評価以上の力をキッドは持っていると判断したようですから、やはり未来予知は可能性の予測ではなく、実際に起こる事を見ている…

また、なんだかシャンクスの見聞色の覇気自体に意思があり、見聞色の覇気がシャンクスに警告したようにも感じられます…

見聞色の覇気は意思の力ですから、見聞色の覇気に意思があるなんて考えてられないですが、もしかしたら未来予知よりも遥かに先の域にまで鍛えあげ、覇王色と併用する事によって見聞色の覇気は『サポートAI』みたいな働きをするようになるのかも?

そんなイメージを抱くのも、シャンクスが未来を見る際に『キィィィン』という耳鳴りのような擬音が書かれている事にあります。

なんだか警告音みたいな感じに見えるんですよね…

この『キィィィン』はルフィやモモの助も体験していますね…

ルフィは海王類達やズニーシャの声を聞いた時に…
モモの助はズニーシャやルフィからのテレパシーを受信した時に…

シャンクスが聞いた『キィィィン』もルフィ達が聞いたものと同じじゃないかと思いのですが、この耳鳴りは自分よりも遥かに大きい存在の『声』を受信した時に聞こえるものなんじゃないかと思うんですよね…

もしかしたら、シャンクスの未来予知は見聞色の覇気によるものであると同時に、ロジャーやルフィの『万物の声』を聞く力とも関係しているのではないでしょうか?

少なくともカタクリとルフィが未来予知する際には『キィィィン』の擬音は今まで無かったですよね…

『万物の声』にアクセス?

ルフィとカタクリの未来予知とシャンクスの未来予知が違う点は『キィィィン』という耳鳴りみたいな音…

これがルフィとモモの助が普通の人には聞こえない声を聞く時に起こる現象と同じであるならシャンクスの未来予知は万物の声を聞く力に関係しているんじゃないかと思います。

続きを読む:  ステューシーはクローンですか?

『時間』とか『空間』とかいうものが『万物』に当てはまるのかは分からないですが、仮にそれらも万物だとするなら、シャンクスも万物の声を聞く力を持っており、それにアクセスする事に未来予知を行っているという可能性もあるんじゃないかと思います。

第1079話では、シャンクスはキッドとキラーを一撃で倒すという圧倒的…シャンクスに挑もうとする者には絶望的という強さを見せつけたわけですが、もしかしたらシャンクスは悪魔の実の能力を持たない代わりに、それよりももっと強力だろう『万物』を味方につけているのかも知れない…

万物を味方につけているから、圧倒的な強さを持ち、未来予知もできるということなのでは?
未来予知は時間がシャンクスに教えてくれているという仕組みだったりするのかも?

もしかしたら、『万物の声』を聞く力にはそれ以上のすごい秘密があるのかも知れないですね!

万物を味方につけた人間になんか勝てる気はしないですが、シャンクスにできたのなら、やはりルフィにも可能でしょう!

やはりルフィの最大最強の敵はシャンクスという事になるんでしょうか?

最後までお読み頂き、誠に有難うございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です