ワンピース 1081: ローがティーチに敗北した経緯

ワンピース 1081: ローがティーチに敗北した経緯

この post を評価します

ワンピース1081: ローがティーチに敗北した経緯. ワンピース第1081話が公開されており、この章でローがティーチに倒されたことを作者が確認した。 幸いなことに、ベポが「スロン」に変身してローを救ったとき. 今日の投稿では、ローがティーチに敗れた理由を分析します。

ワンピース 1081 ローがティーチに敗北した経緯

ワンピース 1081: ローがティーチに敗北した経緯

〜闇水はやはり防御不可能なのか?〜

ティーチはヤミヤミの実の能力を使った技『闇水(くろうず)』により悪魔の実の能力を封じる事ができますね…

続きを読む:  キングバームの人物像まとめ!焼かれてから復活するのかを考察

引力で能力者の肉体を正確に引き寄せ、そこから直接触れる事により能力を封じる事ができるようですが、それなら闇穴道(ブラックホール)』で能力者の肉体全てを吸い込み解放しなければいいのではないかと思えますよね…
ブラックホールに引き込まれたもの重力でめちゃくちゃに破壊するされているようですし、精神にもダメージを受けたりするようです。

引き寄せた能力者から能力だけを吸い取り弱体化したところを攻撃するというのはまわりくどいように思いますから、全身を吸い込んだ方が楽だと思います。
引力は同じなんですから、回避不可能というのも同じだと思いますが…

それをしないという事は何か弱点があるのでしょうね…?

それについては色々と考えられるでしょうが、結局のところ、ブラックホールもティーチの肉体の中という事になるのでしょうから、体内に引き込むというのはリスクがあり、ザコはいいとして、それなりの猛者には通用しないのでしょうね…

だからこそ、敵を引き寄せ、その敵が能力者なら能力を封じた上でブン殴るという戦法が一番確実なんでしょう…

しかし、能力を封じるというのが海水による弱体化と同じような効果があるのかまでは判然とせず、ブン殴るにしても強力な覇気を持っていない限りは敵を倒し切る事はできないように思えます…

また、闇水使用中にグラグラの実の能力を併用できるのかも判然としないですが、仮に可能であるなら覇気と合わせて能力者には強力な一撃になるでしょうが、今のところティーチに一撃で沈められた者はいませんね…

そんな感じで、まだまだ不明瞭な部分が多い技ですが、ローが敗れたというのも闇水が影響している可能性は高いと思えますよね…

闇水は防御不可能なのか?

ティーチの能力が生み出すブラックホールが本当にブラックホールなら、ブラックホールに勝てるような力はこの世に存在しないでしょう…

唯一、イッショウのズシズシの能力なら引力と逆方向に重力を向ければ相殺できそうな気もしますが、本当にブラックホールならそれでも勝てそうな気がしない…

それを考えると闇水はどうやっても回避不可能な気がしますが、引き寄せられ、触れられる直前に引力をも利用して強力なカウンター攻撃ができたなら回避できそうですし、能力を無効化されても素の戦闘能力が高ければ白ひげのように能力を封じられながらも反撃できる…

要は能力以前のレベルでティーチと互角かそれ以上の力があれば闇水を食らっても問題かと思います。

厄介なのは、あのシャンクスに今も残る傷をつけられるティーチの素の強さ…

続きを読む:  ワンピース第1080章の議論:ガープがコビーを海軍の未来と断言する理由

ローとティーチの戦いを見るに、ローならおそらく闇水の引力を利用し、更に覚醒技で剣を巨大化させて突き技によるカウンターで対抗するくらいの事はしたんじゃないかと思います。

個人的に、今まで見てきた中ではデメリットもあるわけですし、ヤミヤミの能力はティーチが思う程役に立つ能力とは思え、格下相手には使えるのは確かだと思える程度…

闇水は防御するというより、猛者達ならそれを知ってさえいればカウンターに利用する事で失敗させるという戦法を選択するでしょう…
直接身体に触れずに攻撃できるという武器を使う者はそれもやりやすいでしょうし…

ロギアでありながらロギアではないという特性もありますから、何よりも、ローはグラグラの実の能力と合わせた総合的な戦闘能力の差でティーチに敗れたのではないかと思いますね…

グラグラの実の能力だけでいい?

最近のティーチを見るに、雑魚掃討にはヤミヤミの実の能力を使っていますが、基本的にはグラグラの実の能力を使って攻撃する事が多いと思います。

しかし、グラグラの実の能力で攻めあぐねた時に奥の手みたいな形で闇水を使う…

能力者に対しては奥の手にはなりそうですが、知っていたなら奥の手にもなり難いと思えますね…

もしかしたら闇水に更なる新たな側面が出てきていて、2年前に使っていた時より厄介な技になっていたりするかも知れないですが、ハンコックに使った際には殴り飛ばすか締め殺すかしようとしていたように思え、やはりヤミヤミの実の能力は戦闘のサポート的な役割で、ティーチのメインの武器はグラグラの実の能力ではないかと思います。

やはり、同時に二つの能力を併用できるという事になっているのが一番恐ろしいわけですが、ローほどの男が敗れたという事はそれが可能であるという事を示唆しているのかも知れないですね…

白ひげはグラグラの実の能力と覇気と併用する事でロギア能力者のサカズキに大ダメージを与えていましたが、あれを見るにティーチも覇王色ホルダーならグラグラの実の能力だけあれば充分に四皇級じゃないかと思います。

しかし、ティーチのヤミヤミの実の能力に対するこだわりはある意味以上と言えましたから、おそらく、まだ見せてみない恐ろしい技を隠しているんでしょうね…!

ローはそれを見ている可能性もあると思いますが…

ローがどうやってティーチに敗れたのか、非常に気になりますね!

最後までお読み頂き、誠に有難うございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です