黒檻のヒナの正体や能力とは?ガープとの関係や声優も紹介

黒檻のヒナの正体や能力とは?ガープとの関係や声優も紹介

この post を評価します

『ワンピース』に登場する黒檻のヒナ(くろおりのひな)はアラバスタ編から登場していますが、未だに謎が多いキャラクターです。ルフィの祖父である中将ガープを「君付け」で呼ぶなど、『ワンピース』の海軍の中でも大人物のような風格のあるヒナについて調べてみました。

【ワンピース】黒檻のヒナとは

黒檻のヒナ(くろおりのひな)は『ワンピース』に登場する海軍少将(初登場時は大佐)の女性で、登場頻度はそれなりに多いものの未だ謎の多いキャラクターです。

同期であるスモーカーのみならず、海軍の大先輩かつ上司であるガープまでもを「君付け」で呼んでいたり、作中の現役海兵は通常知らないはずの昔の海賊団についての知識が豊富であるなど、大人物の風格が漂うヒナは、一体何者なのでしょうか?本記事は、ヒナの能力や強さ、海軍での立ち位置など、黒檻のヒナについて現状わかっている情報を調査しまとめたものです。

黒檻のヒナの基本プロフィール

黒檻のヒナ、改めヒナは海軍本部に所属する将校で、階級は現在少将(初登場時は大佐)です。誕生日は3月3日、年齢は34歳(初登場時は32歳)で、身長181cm、西の海(ウエストブルー)出身の女性です。「黒檻部隊」という直属部隊を率いており、部下からも慕われています。

ワンピースの概要

黒檻のヒナをはじめ、数々の魅力的なキャラクターが登場する『ワンピース』は、尾田栄一郎(おだ・えいいちろう)先生による漫画で、週刊少年ジャンプで連載されています。

ワンピースのあらすじ

「ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)」と呼ばれる財宝を求め、数多の海賊が世界中の海に出ている「大海賊時代」。『ワンピース』の主人公であるルフィもまた、「ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)」を探し求めている海賊の一人です。仲間達と共に数々の冒険を繰り広げるルフィは、海軍本部から執拗に追われる身でもあり、黒檻のヒナとも遭遇しています。

【ワンピース】黒檻のヒナの正体や能力

黒檻のヒナに関する簡易的なプロフィールは先ほどご紹介しましたが、この項目でヒナについて更に深掘りしていきたいと思います。

ヒナは一体どのような人物なのかについて、そしてヒナの持つ能力や技などのヒナの強さについて、解説していきます。

ヒナの正体は海軍少将

プロフィール紹介でも述べましたが、ヒナは海軍本部で少将という階級にあり、海賊を追う立場にある女性です。34歳にして少将になり、数多くの部下を従えて軍艦を指揮するヒナは非常に優秀な能力と強さを持っていると言えるでしょう。

続きを読む:  サンファンウルフの正体とは?巨大戦艦の能力や強さを紹介

ヒナの強さや悪魔の実の能力

ヒナは悪魔の実「オリオリの実」の能力を持つ「全身檻人間」で、自らの身体を鋼鉄の檻ごとく堅牢な拘束具に変形させ、相手を捕縛することができます。前衛での攻撃特化というよりはサポート型ですが、海賊を取り締まる立場にあるヒナが使うことで非常に厄介な強さを持つ能力となっています。

ヒナの技・必殺技

そんなオリオリの実の能力を活かしたヒナの必殺技が「袷羽檻(あわせばおり)」です。両腕から能力で作り出した拘束具を伸ばして相手を囲い込んで捕縛する技で、ヒナが視認できる範囲かつ能力が届く範囲内にいる相手を全て捕縛できる効果があります。複数人相手でも有効な技ではありますが、同時に味方も巻き込む可能性があるという難点のある技でもあります。

【ワンピース】ヒナと登場人物との関係

ヒナの強さや技など、ヒナというキャラクター個人について、ここまで解説してきました。では、ヒナはその他の登場人物とどのような関係にあるのでしょうか。

同じ海軍本部に所属する登場人物を中心に、ヒナとの関係についてご紹介していきたいと思います。

ヒナとスモーカーの関係

ヒナスモーカーは同期らしく、上官に対して反抗的な態度をとってばかりのスモーカーを優等生であるヒナが庇ったこともあったようです。また、扉絵でスモーカーヒナが酒を飲んで、酔ったヒナスモーカーに絡んでいるというシチュエーションが描かれていたこともあり、不仲ではないと思われます。ヒナは「スモーカー」と「君付け」で、スモーカーからは「ヒナ」と呼び捨てで呼び合う仲です。

ヒナとガープやロックスとの関係

主人公ルフィの祖父である中将ガープ、そしてかつて活躍していたにも関わらず、すっかり忘れられてしまった海賊であるロックスと、ヒナが関わりを持っているのはないかという考察もあります。ロックス海賊団に関しては、作中でも未だ情報が揃っていませんが、作中時間の約40年前まで活躍していた海賊団であり、海に広く名を轟かせている大海賊が名を連ねていたことが分かっています。

それにも関わらず、ロックス海賊団に関する情報は、海軍本部の元締めである「世界政府」によってほとんどが情報操作されて秘匿されています。自分が産まれる前に活躍していた、現在全く情報のない海賊団のことをヒナは知っているのでしょうか。

ガープを君付けで呼ぶヒナ

更なる疑問点として、上記のロックス海賊団の話が作中で出た際に、ヒナは海軍中将ガープに対して「ガープ」と呼びかけていました。上役であり、年齢的にも敬意を払うべきである対象のはずのガープを「君付け」で呼ぶヒナのセリフは、『ワンピース』読者に少なからず衝撃を与えました。実際、優等生タイプであるヒナが年長者であり上司であるガープを「君付け」で呼ぶ描写には違和感があります。

続きを読む:  エンポリオ・イワンコフの強さや正体まとめ!名言や声優情報も紹介

作者の尾田先生は、読者からのこの件に関する質問に、「ガープとヒナは相性がよく、同期のような感覚だから」と答えています。しかし、ガープヒナに「君付け」を許す理由についてはともかく、何故ヒナガープを君付けで呼ぶのかという点に関しては明確な答えになっていないように思えます。そのため、「ヒナは年齢を操作しているのでは」という説や、「ガープとヒナは血縁関係にあるのでは」という説を唱える読者もいます。

ヒナとフルボディやジャンゴとの関係

フルボディジャンゴはヒナの直属部隊である「黒檻部隊」に所属しているヒナの部下です。ジャンゴは元々海賊だったのですが、所属していた海賊団が壊滅した後に各地を放浪し、海軍に所属しているフルボディと知り合い意気投合、更には二人そろってヒナに一目惚れしたといういきさつから、ヒナの元で働いています。

【ワンピース】ヒナの声優を担当したのは

若くして大佐、更には少将という地位にまで出世している「デキる女」のヒナは、アニメ版『ワンピース』でも美しいハスキーボイスが魅力的なキャラクターとして演じられています。

ヒナを演じている声優さんはどのような方なのでしょうか。この項目ではヒナの声優である中友子さんについて簡単にご紹介します。

ヒナの声優は「中友子」

ヒナを演じた声優は中友子(なか・ともこ)さんという女性声優さんで、『ワンピース』ではヒナの他に、アラバスタ編で登場したバロック・ワークス社員のミス・ファーザーズデーや女ヶ島の医者であるベラドンナなども演じられています。

中友子のプロフィール

中友子さんは1963年3月22日生まれで大阪府大阪市のご出身です。声優の他、ナレーターや舞台女優としても活躍されており、青二プロダクションと劇団SWAT!に所属されています。

中友子の主な出演作品

中友子さんは国民的コメディアニメである『ちびまる子ちゃん』に藤木くん役を中心に、たまちゃんのお母さん役などで出演されている他、美少女恋愛シミュレーションゲームの王道である『ときめきメモリアル』のヒロインの一人である紐緒結奈(ひもお・ゆいな)役を務められているなど、数々の有名作品に出演されています。

続きを読む:  なぜニコ・ロビンのボーナスは9億3000万にも達するのでしょうか?

【ワンピース】ヒナがもしも〇〇だったら

ヒナは『ワンピース』の世界でこそ海軍将校という立場にありますが、非常に優秀で魅力的な女性のため、海軍将校という職でなくとも活躍できる人間なのではないかと思われます。

様々な魅力を持つヒナが「母」だったら、「教師」だったら、「動物園の飼育員」だったら…。この項目ではそんな「もしも」のヒナについて考えていきます。

ヒナ「母」篇

フルボディジャンゴという問題児を部下として従えていたり、同期であるスモーカーの懲戒を救ったこともあるヒナ。厳しさと同時に優しい面を持つ女性であるヒナは、子供想いの良い「母」になるのではないかと思われます。

ヒナ「教師」篇

元々は海賊だったジャンゴを直属部隊に所属させているヒナジャンゴ本人の努力もあったでしょうが、上に立って指導する立場にある者に力がなければ、元海賊が海軍という組織の中で活躍できるとは思えません。ヒナは「教師」としての指導能力にも長けていると言えるでしょう。

ヒナ「動物園の飼育員」篇

オリオリの実の能力者であり、戦闘能力も高いヒナは、動物が万が一脱走してしまった際にも活躍するでしょう。それに加え、将校という立場で部下や捕縛した海賊を管理する能力もあり、更には面倒見の良さという長所も持っているヒナは、「動物園の飼育員」としても活躍できるのではないでしょうか。

【ワンピース】ヒナの世間での評判や人気

『ワンピース』読者は、ヒナというキャラクターをどのように思っているのでしょうか。SNSで見かけたヒナの評判や人気に関する声を一部ご紹介します。

こちらの方は、ジャンゴフルボディという「困ったちゃん」な部下に対してのヒナの態度について、非常にスマートかつ優しさを感じる対応であるという風に感じたようです。

扉絵で描かれた、ヒナスモーカーの「オフの日」の様子を微笑ましく思っているファンの方もいらっしゃいました。普段は冷静で、ともすれば「怖い」という印象をも与えてしまいそうな強さを持つ女性であるヒナ。同期のスモーカー相手なら「素の顔」を出せるということなのでしょうか。ヒナスモーカーのこうした気の置けない関係の描写は、ファンの間でも「かわいい」と人気です。

ヒナの登場シーンをまとめていらっしゃる方は、作中でヒナが笑顔になっているシーンが少ないとおっしゃっています。時折見せる笑顔や、スモーカーとのオフでの様子から、厳しいばかりの人物ではないことはわかりますが、海軍少将という立場から、気を抜ける時間が少ないであろうことも察せられます。ヒナの平穏で幸福な生活を望むファン心理が感じられる声でした。

【ワンピース】ヒナは謎多き海軍少将だった

黒檻のヒナについて、『ワンピース』作中で現状出ている情報をまとめましたが、未だヒナについては不明瞭な部分も多く、総論としては「謎多き海軍少将の美女」であるということになってしまいました。オリオリの実の能力や、ヒナの強さについては、作中での描写よりも更に高いレベルにあるのではないかと思います。

『ワンピース』に登場する人物や世界観についての謎は多く、全てが明らかになるまではまだ時間がかかると思われますが、その謎もまた『ワンピース』の魅力の一つです。『ワンピース』は現在「ワの国」編がクライマックスとなっており、劇場版最新作『ONE PIECE FILM RED(ワンピース・フィルム・レッド)』も夏に公開を控えています。これからの展開にも目が離せません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です