サンファンウルフの正体とは?巨大戦艦の能力や強さを紹介

サンファンウルフの正体とは?巨大戦艦の能力や強さを紹介

この post を評価します

『ワンピース』に登場する巨大な体を持つサンファン・ウルフ。『ワンピース』のキャラの中でも謎の多いサンファン・ウルフの正体は一体何なのか。その大きさから巨大戦艦の異名を持つほどです。今回は、サンファン・ウルフの正体を巨大戦艦の能力や強さと合わせて紹介します。

サンファン・ウルフとは

サンファン・ウルフとは、『ワンピース』に登場する、「黒ひげ海賊団」七番船船長。サンファン・ウルフは巨人族です。巨人族の中でもとびぬけて大きな体を持っています。巨大戦艦という異名を持つほどの巨大で強力な力の持ち主。

続きを読む:  たしぎとくいなの関係は?同一人物?姉妹?正体を調査

サンファン・ウルフのプロフィール

サンファン・ウルフは「黒ひげ海賊団」七番船船長。実は「インペルダウン」から抜け出した囚人の一人でした。種族は巨人族。年齢は97~99歳と言われています。『ワンピース』に登場する巨人族は長生きなので、人間に置き換えると30代ぐらい。身長は18000cm。所属船はサーベルオブジーベック号です。出身は西の海。誕生日は3月2日で血液型はS型です。好物は海王類の塩焼き。

サンファン・ウルフの身長

サンファン・ウルフの身長は18000cm。メートルに換算すると180mです。これは愛知県名古屋市にある「名古屋テレビ塔」と同じ高さ。『ワンピース』に登場する普通の巨人族の身長が12m~13mなので、サンファン・ウルフがかなり巨大あることがわかります。 特徴的なキャラクターがたくさん登場する『ワンピース」ですが、これほどの大きさのキャラクターは他にいません。

ワンピースの概要

『ワンピース』は、『週刊少年ジャンプ』にて連載中の冒険ファンタジー漫画です。1997年より連載開始され、2022年4月には単行本の第102巻が発売。『週刊少年ジャンプ』作品の中でもかなりの長期連載漫画となっています。1999年からアニメを放送中。『ワンピース』のアニメも長く愛されています。海外ファンや芸能人のファンも多いことで有名です。

ワンピースのあらすじ

『ワンピース』の舞台は「海賊王」ゴールド・ロジャーが遺した「ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)」を求め、海賊達が争いを繰り広げる「大航海時代」です。主人公のモンキー・D・ルフィも海賊に憧れを抱く少年。「ゴムゴムの実」を食べ、悪魔の実の能力者となったルフィは、「ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)」を求め、冒険へと出発します。

サンファン・ウルフの正体とは

『ワンピース』に登場する巨人族の中でもとびぬけて大きな体を持つサンファン・ウルフ。サンファン・ウルフの正体とは何なのでしょうか。

続きを読む:  ルッチとカクはいつ能力を覚醒させたのか?|ワンピース考察

サンファン・ウルフの正体は古代兵器プルトン?

サンファン・ウルフは実は「古代兵器プルトン」なのではないかという噂が流れています。サンファン・ウルフが「古代兵器プルトン」であると考えられる可能性とともに考察していきます。

古代兵器プルトンとは

『ワンピース』では、世界に大きな影響を及ぼす3つの古代兵器が存在することが語られています。その3つの古代兵器の1つが「古代兵器プルトン」です。「古代兵器プルトン」は島1つ吹き飛ぶほどの威力を持っているとも言われています。「古代兵器プルトン」については、巨大な戦艦であるという見た目だけの情報しか明かされておらず、未だ謎に包まれたままです。

古代兵器ポセイドンの正体は「しらほし姫」

3つの古代兵器のうちの1つ「古代兵器ポセイドン」の正体はしらほし姫だったことがわかっています。しらほし姫は、『ワンピース』に登場する魚人島のリュウグウ王国の王女。「古代兵器ポセイドン」は「海王類と会話ができる伝説の人魚」のことで、数百年に一度しか生まれてこない存在なのです。

正体が古代兵器プルトンだと考えられる理由

サンファン・ウルフの正体が「古代兵器プルトン」だと考えられる理由は、その「巨大戦艦」の異名を持つことと、「悪魔の実」の能力者の可能性が高いことが挙げられます。

「古代兵器プルトン」は巨大な戦艦ということだけがわかっています。サンファン・ウルフはその大きな体から「巨大戦艦」の異名を持ち、インペルダウンに収監されていました。インペルダウンに収監されていた理由も、正体が「古代兵器プルトン」で、危険とみなされ収監されていたと考えられるのです。

「古代兵器プルトン」は兵器が「悪魔の実」を食べて、サンファン・ウルフになった可能性があります。サンファン・ウルフは海に入ると力が出せないことから、「悪魔の実の能力者」であるとされています。過去にも『ワンピース』では、武器が「悪魔の実」を食べて人物になったケースもある為、「古代兵器プルトン」に「悪魔の実」を食べさせ、サンファン・ウルフになったのではと考えられているのです。

サンファン・ウルフの強さや能力を徹底調査

『ワンピース』に登場する巨大な体を持つサンファン・ウルフの強さや能力を徹底調査しました!サンファン・ウルフは「悪魔の実の能力者」である可能性が高く、その巨大な体も「悪魔の実」の影響ではないかと考えられています。サンファン・ウルフの強さや能力を「悪魔の実」の能力とともに紹介します。

続きを読む:  ワンピース1102話考察: アルファはカリファの姉妹

サンファン・ウルフは巨人族

サンファン・ウルフは巨人族です。巨人族とはその名の通り、巨大な体を持つ種族です。『ワンピース』に登場する巨人族の平均身長は12~13m。サンファン・ウルフの身長は180mですので、巨人族の中でも異常な大きさであることがわかります。巨人というだけでも戦いにおいては強力な武器となります。

サンファン・ウルフは「悪魔の実」の能力者?

サンファン・ウルフは「悪魔の実」の能力者である可能性が高いです。『ワンピース』の漫画でサンファン・ウルフが海に浸かっている描写がありますが、そこで「体に力も入らねぇ」と発言しています。「悪魔の実」を食べると強力な力を手に入れますが、代償として海に嫌われ、一生泳げない体になるのです。「悪魔の実」の影響で海に入ると力が入らないと考えられています。

サンファン・ウルフは「ヒトヒトの実」の能力者?

サンファン・ウルフの「悪魔の実」の能力と考えられる1つは、「ヒトヒトの実」です。「ヒトヒトの実」を食べた動物は、人間の能力を得られます。この「ヒトヒトの実」を食べて、巨人族のもつ巨大な体が、より巨大になったのではないかと予想されています。

サンファン・ウルフは「デカデカの実」の能力者?

サンファン・ウルフの「悪魔の実」の能力として考えられる2つ目は、「デカデカの実」です。「デカデカの実」は現在、作中に登場していませんが、似たような能力を持つ「ミニミニの実」や「モアモアの実」があるので、『ワンピース』に「デカデカの実」が存在してもおかしくないでしょう。巨人族として元々巨大だったサンファン・ウルフが「デカデカの実」を食べ、さらに巨大化したとも考えられます。

サンファン・ウルフは建造物や戦艦と一体化できる説

サンファン・ウルフは建造物や戦艦と一体化できる可能性も考えられます。その理由として、『ワンピース』には、城に変身できる「悪魔の実」の能力が存在するからです。城に変身できる「悪魔の実」があるのであれば、巨大な建造物または戦艦と一体化が可能な「悪魔の実」もありそうです。

サンファン・ウルフに対する世間での評判や人気

巨大な体を持つ謎の多いキャラクター、サンファン・ウルフ。見た目は怖いというよりむしろちょっと抜けた感じの印象です。そんなサンファン・ウルフの世間での評判や人気を紹介します。

サンファン・ウルフがデカすぎる!という声はたくさんあがっていました。他のキャラクターと並べてみるとその大きさは一目瞭然ですね。かなり大きいと思っていたキャラクターですら子どもに見えてしまいます。

サンファン・ウルフのサイズが自由自在なのかと疑問に思う方もいました。確かに、常にこの巨大な体だと邪魔になることも多いので、小さくもなれるのであれば便利です。

サンファン・ウルフが何の「悪魔の実」の能力者なのかという考察もたくさんあがっていました。未だ謎の多いキャラクターで、能力が明らかになっていないので、新しい「悪魔の実」の可能性も考察されています。

3月2日のサンファン・ウルフの誕生日には、お祝いの声がたくさんあがっていました。登場するシーンは少ないものの、この巨大な体に驚いた方もたくさんいて、印象に残ったようです。たくさんの方にお祝いされる人気者となっています。

サンファン・ウルフが登場したことで、主人公ルフィたちにとっては苦しい戦いが待っているのではないかという心配の声もありました。確かにこれだけ大きな相手に、どう戦えば勝てるのかと心配になります。

サンファン・ウルフがもしも〇〇だったら

サンファン・ウルフがもしも〇〇だったら・・・を想像してみました!

サンファン・ウルフ「彼氏」篇

サンファン・ウルフがもしも彼氏だったら・・・巨大な体に乗って旅行に行ったり、昼寝をしたり、普段できないような体験ができるでしょう。口ぐせが「つった」なのも可愛いです。ただ大き過ぎるので、ハグをしたり腕を組んだりできないのが残念です。

サンファン・ウルフ「警察官」篇

もしもサンファン・ウルフが警察官だったら・・・犯罪者を楽々捕まえることができるでしょう。しかし、サンファン・ウルフは巨大である為に動きは遅いと予想されます。すばしっこい犯罪者だった場合、取り逃がしてしまうこともあるでしょう。サンファン・ウルフが警察官なら、犯罪者を通せんぼする壁のような役割を任されるはずです。

サンファン・ウルフ「父親」篇

サンファン・ウルフがもしも父親だったら・・・サンファン・ウルフがもしも父親だったら、怒ると怖い父親でしょう。普段は穏やかなサンファン・ウルフでも、怒らせてしまった場合、あの巨大な体に立ち向かうことは普通の人間には不可能です。もしもパンチでも食らおうものなら大変なことになります。

サンファン・ウルフは巨人族の中でも飛び抜けて巨大だった

サンファン・ウルフは巨人族の中でもとびぬけて大きな体を持っています。大きな体はそれだけで武器になります。しかしまだまだサンファン・ウルフの力や能力については謎に包まれたまま。今後、サンファン・ウルフの正体や「古代兵器プルトン」との関係についても明かされていくことでしょう。ルフィたちと戦う日もくるかもしれません。今後も『ワンピース』から目が離せません!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です