ベガパンクの正体まとめ!善人?悪人?| ワンピース 考察

ベガパンクの正体まとめ!善人?悪人?| ワンピース 考察

5/5 - (1 vote)

長年隠された素顔が明かされ、大きな話題となっているベガパンク。しかし、その本当の正体はまだまだ謎が多いままです。この記事では、ベガパンクは善人なのか悪人なのか、敵なのか味方なのか、ベガパンクの正体について、徹底的に解説していきます。

ベガパンクの正体まとめ!善人?悪人?| ワンピース 考察

ベガパンクは何者?

まずはベガパンクとは何者なのかについて、解説していきます。

ベガパンクは天才科学者

ベガパンクは海軍特殊科学班「SSG」に所属し「世界最大の頭脳を持つ男」と称されています。彼は人類が500年をかけて到達する域にいる天才科学者です。

ワンピースでは、これまで「悪魔の実の能力を宿すもの」や「血統因子の発見」などの発明・技術開発がされてきました。
これらの画期的な技術開発の裏には全てベガパンクがからんでいます。

また、「世界最大の頭脳」とは、純粋な大きさのことも言っているかもしれません。
というのも、ベガパンクはノミノミの実の能力者で、知識を蓄えるほど脳みそが肥大化していくのです。

現在、ベガパンクは脳の大部分を切り取り、「パンクレコーズ」という記憶保存装置に保存しています。

さらにアイデアが浮かんでも1人では活動の限界があると悟ったベガパンクは、自身の分身である「猫(サテライト)」を6体製造しています。
この6体それぞれにも脳を共有し、活動を効率化しているのです。

MADSに所属していた

ベガパンクは現在、海軍特殊科学班SSGの班長を務めています。
ただし、これは世界政府に協力的な姿勢を示しているわけではありません。

ベガパンクの目的は、資金です。
資金を確保するためにベガパンクは、友人のモンキー・D・ドラゴンのもとではなく、世界政府のもとで働く必要がありました。

しかし、それ以前にはMADSに所属していた過去があります。
MADSとは、ジャッジやクイーン、シーザーといった天才科学者の集団です。

表向きは平和のための研究をしていたMADSですが、ベガパンクによる血統因子の発見やベガパンク以外の思想が世界政府に危険視されていました。ここから、ベガパンクも他の天才科学者たち同様の思想を持っていると、読者から考えられています。

革命軍ドラゴンとクローバー博士と面識がある

ベガパンクとドラゴンは、かつてバスターコールで滅んだロビンの故郷、オハラ島で会話している描写がありました。

その際、2人はオハラの考古学者であるクローバー博士に用事があったようです。おそらく3人は、空白の100年について研究を進めていたものと考えられます。

ベガパンク悪人説

まだまだ謎の多いベガパンクには、悪人説と善人説がファンの間で議論されています。まずは悪人説から見ていきましょう。

くまを改造した張本人

ルフィと同じ最悪の世代として知られるジュエリー・ボニーはベガパンクの命を狙っています。
その理由は、父親であるバーソロミュー・くまがベガパンクの手によって改造人間にされたから。

続きを読む:  ワンピース1085考察: リリィ女王はパズルの能力者!?

改造人間になったくまは、人格・記憶も全て失った状態です。
まさに死んだも同然。娘であるボニーが怒りをぶつけるのも仕方ないですよね。

くまが改造人間になったことには、理由があります。
しかし、その理由はまだ明らかになっていないため、首謀者であるベガパンクが悪人と言われているのです。

五老星とつながりがある

1075話の扉絵にて、ベガパンクは五老星と謁見していました。
このときのベガパンクの表情は、まさに悪人そのもの。

五老星はワンピースの世界を支配している組織です。
そのような五老星とベガパンクはどんな話をしたのでしょうか。

もしこのとき五老星と馬が合わなければ、その時点でベガパンクは消されていたでしょう。
つまり、ベガパンクは五老星と手を組んだという結果になっていてもおかしくありません。

実際、ベガパンクはパシフィスタやセラフィムなど、世界政府に対して協力的な開発を行っています。
あらゆる面で天才のベガパンクなら、この技術が悪用されることは分かっていたはず。

このような点から、ベガパンクは悪人だと考えられています。

倫理観がおかしい?

ベガパンクには、倫理観がおかしいという意見もあります。

ベガパンクは将来的に、パンクレコーズを世界中に広め、誰もがパンクレコーズを接続することで、あらゆる知識を共有できる時代をつくるという夢を語っていました。

これに対してジンベエは「他人の思想や人格が植え付けられるのでは」と懸念を示しています。
ジンベエの言うように、倫理観が欠如していると考えられるでしょう。

ベガパンクは、倫理観よりも人類の進歩を重視しているのかもしれません。

ベガパンク善人説

一方、ベガパンクは善人であるという説も多くあります。

故郷から評価されている

ベガパンクの故郷であるバルジモアの住人は、ベガパンクの健闘に感謝をしている様子でした。

というのも、ベガパンクは冬島であるバルジモアに、島ごと温める土暖房システムを作成していたのです。技術と資金不足によりその夢は叶わなかったものの、住民はその思いに胸を打たれていました。

シーザーを追放

ベガパンクとともにSSGで研究をしていたシーザー・クラウンは、非人道的な大量殺戮兵器の研究に没頭していました。

それに対してベガパンクは、シーザーを糾弾し追放したのです。さらに、そのシーザーによって引き起こされたパンクハザードでの事故も、ベガパンクが1人で全責任を負ったと言われています。

世界平和のために研究している

ベガパンクは世界中に無償でエネルギーが行き渡る世界を作りたいと語っています。
ベガパンクいわく、これが実現したら、戦争の大きな火種を世界から消せるようです

続きを読む:  ボニーはくまの娘ではなく天竜人の娘?

また、1073話の扉絵では、ベガパンクが兵器から花を出す妄想をしている様子が描かれています。
これは、ベガパンクが平和のために兵器を開発していることを示唆しているでしょう。

実際、正反対の考えを持つジャッジ・クイーン・シーザーはこれに対して嫌悪感を示しています。

これらから、ベガパンクは善人だと考えられているのです。

ベガパンクは味方でほぼ確定?

ベガパンクは善人か悪人かの議論から、ルフィたちにとって味方なのか敵なのかについての議論もされています。

ただ、1076話にてベガパンクが敵である可能性が少なくなりました。

悪人は別にいる

現在(2022年2月26日段階)、エッグヘッド内でセラフィムが暴走しています。
サテライトの言うことも聞かないことから、失踪中のベガパンク本体(ステラ)が暴走の犯人なのではないかと言われていました。

しかし、この節は1076話で否定されました。
というのも、ベガパンクも何者かによって捕まっていたからです。

これでベガパンクが味方と確定したわけではありませんが、ベガパンクが敵だと考えられる理由の1つはなくなりました。

ただし、ベガパンクのサテライトが裏切っている可能性は十分にあります。

セラフィムには威権順位があります。
威権順位のトップは五老星ですが、五老星の1人であるジェイガルシア・サターン聖はまだエッグヘッドに到着していません。

つまり、威権順位が五老星に次いで2番目であるベガパンクの言うことを聞かないということは、ベガパンク内で裏切りがあったということになります。

まだまだ油断はできませんね。

思想は危険なまま

ベガパンクは一段落したら、麦わらの一味とともに海に出たいと話していました。
また、過去を振り返ると、人格を奪われる前のくまにサニー号を死守するという任務をプログラムしています。

ここから、麦わらの一味にとって味方と言えるでしょう。

しかし、ベガパンクの思想は危険です。それは、世界政府から命を狙われるほど。

今後も麦わらの一味にとって味方として動いてくれそうですが、その危険な思想が表に出るときも近いかもしれませんね。

ベガパンクが発明したもの

未来国バルジモアの土暖房システム(未完成)

未来国バルジモアの土暖房システムは、ベガパンクが子供の頃に開発しようとしたプロジェクトです。

バルジモアは、極寒の海域にある冬島で、常に雪が降りしきっています。ベガパンクは、この国の人々や動物たちを暖めるために、島ごと温めることができる土暖房システムを考案しましたが、資金不足や設備不足で未完成のまま放置されており、ベガパンクは泣いて苦悩していました。

人造悪魔の身

人造悪魔の実SMILE(スマイル)とは、ベガパンクが自然の悪魔の果実を研究して作り出したものです。

しかし、彼はその研究を完成させる前に海軍本部に入りました。その後、彼の元部下であるシーザー・クラウンがベガパンクの研究を盗み、自分の名声を高めるために人造悪魔の果実を作り始めました。

物に悪魔の身を宿す技術

作中では、イヌイヌの実を食べた銃(アラバスタ編)や、ゾウゾウの実を食べた剣(エニエス・ロビー編)が登場しています。

しかし、物に悪魔の身を宿すための方法や条件などは改名しておらず、今後のストーリーで重要なポイントになりそうです。

パシフィスタ・セラフィム

海軍兵器のパシフィスタやセラフィムも、ベガパンクによる発明品です。

シャボンディ諸島や頂上戦争で、ルフィはパシフィスタに何度も苦しめられました。また、セラフィムは「世界最強の人類」と称されており、元七武海と同じ見た目と能力を持っています。

生物の血統因子

生物の血統因子は、ベガパンクの発明の中で最も大きい功績の一つです。

作中ではヴィンスモーク家に「生命の設計図」と言われており、現実世界の「DNA」に近い物だと考えられています。

ベガパンクの正体まとめ

ここまでベガパンクの正体について解説してきましたが、いかがでしたか?

ベガパンクの謎が少しでも解決できたのではないでしょうか。

今回、ベガパンクが敵ではない可能性が高まりましたが、まだまだ謎は多いままです。いつの時代の天才にも2面性が見られます。悪人の面と善人の面が見えるベガパンクもまた、やはり天才なのでしょう。

ベガパンクの正体について、今後も注目していきたいですね。

Response (1)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です