セイントサターンは本当に不滅なのでしょうか?

セイントサターンは本当に不滅なのでしょうか?

5/5 - (1 vote)

ワンピース1103話では、セイントサターンは38年前と変わっていないことがわかります。 聖サトゥルヌスは不滅であるという理論は本当ですか? ぜひこのコンテンツの分析にご協力ください。

38年前のサターン聖について

サターン聖は38年前、ゴッドバレー島で開催された先住民一掃大会に出席していたようですね…

続きを読む:  ONEPIECE1087話展開予想考察!|バギーとクロスギルドのワンピース入手の為の最初の一手

おそらく、観戦先住民一掃大会の観戦と、その優勝者や上位入賞者を表彰するような役目…所謂『公務』で出席していたのではないかと思います…

しかし、そこでロックス海賊団の襲撃とロジャー海賊団の上陸と大きなトラブルが発生して島は混乱したわけですが、その最中に賞品である悪魔の実に手をつけた奴隷であり大会のラビットであるくまに報いを与える為に姿を現したわけですが、その際のサターン聖は現在と全く変わらない姿だったように見えます。

セイントサターンは本当に不滅なのでしょうか?

この内容はワンピース1096話で読めます。 ➡ ワンピース1096話 Raw – 読んで議論する

現在のサターン聖は見た感じ70代…いや80代くらいではありそうですが、38年前に同じ姿をしているのは、どう考えてもあり得ない事ですよね…

38年前のロジャー達やガーリング聖は明らかに若いわけですから、サターン聖だけ今より若く描かれたりしていないのは、明らかに意図的にそう描いているようにしか思えない…

38年前に80代くらいだったとして、今は100歳をはるかに超えているわけですが、そのくらいの年齢となると見た目にはあまり変わらないというような事もあったりするかも知れないですが、そう考えても、やはり意図的に今と変わらない姿で描いているようにしか思えない…

だとしたら、おそらくオペオペの実の能力による不老手術をうけているらしきイム様と同じくサターン聖も不老ではないかと考えるのが自然だと思います。

過去にも色々と書かせて頂いていますが、サターン聖も不老だとしたら、他の五老星達四人も同様に不老であろうと思えるのですが、そんなに都合よく不老手術を受けられるものなんでしょうか?

もしかしたら不老手術は能力者一人の命につき一人ではなく、複数人同時に不老にできたりするのかも知れないですが…

38年という年月でサターン聖の姿が変わらないのは非常に気になりますよね…

イム様に従う恩恵?

セイントサターンは本当に不滅なのでしょうか?

現在のセイントサターンの姿は、38年前と比べて明らかに変わっていません…詳細はこちら ➡ ワンピース1103話 Raw – 読んで議論する

続きを読む:  ワンピース1107話考察: ベガパンクはエッグヘッド島で死ぬのか?

五老星はイム様の忠実な下僕という感じに見えますが、彼らはイム様を恐れているようにも思います…

もし、イム様に見放されたなら命は無いとも言えるような恐怖心を持っているようにも感じられるんですよね…

彼らはイム様を王とかではなく創造主と呼んでいますが、創造主とはつまり『神』を意味しているものと思われますので、五老星にとってイム様は単なる支配者や独裁者ではなく、本当に神なんだろうと思います。

そう認識しているというであれば、イム様はやはり普通の人間には持ち得ない…

もしかしたら悪魔の実の能力も含めて、神のような超越的な力を持っているのかも知れない…

それがサターン聖の姿が38年前から変わっていないことに繋がっているとしたら、もしかしたら五老星はイム様の力によって肉体が不老のような状態になっているとか…

悪魔の実の能力にはボニーのトシトシの実の能力や、しのぶのジュクジュクの実の能力など物体の年齢やら時間を操作できるものが存在しますが、物体の時間を止めるような、つまり人間の肉体年齢を止めるような能力も存在するかも知れない…

イム様には、どういう形かで、そういう能力が備わっていたりするのかも?

サターン聖をはじめとする五老星達がそういうイム様の能力によって不老のような状態になり生き延びているのだとしたら、イム様に見限られると、その効果が消え、一気に老いて死んでしまったりするような事もあるかも知れないですよね…

五老星達はイム様かの恩恵によって生き永らえているのかも?

しかし、単にめちゃくちゃ長寿であるという可能性もありますよね…

一方、私はイムについて多くの記事を書いています。ここで読むことができます。➡ イムに関するコンテンツ

悪魔の実の能力の影響?

サターン聖が巨人族のように単純に長寿であるという可能性もあるかと思います。

続きを読む:  ワンピース考察: ガープは神の騎士団の存在を知っているのか?

五老星達はおそらくゾオン系幻獣種の能力者だろうと思われますし、少なくともサターン聖はそれを覚醒させているようです。

幻獣というと、普通の生き物たちよりも遥かに長寿じゃないかというイメージがあるのですが幻獣種の覚醒フォルムには、幻獣のそういう特徴が肉体に影響を与えたりするのかも知れないなとも思うんですよね…

巨人族は人間の3倍の寿命を持ち、およそ300年ほど生きるわけですが、彼らからしたら人間の30年が10年に相当するわけですよね…

それを考えたなら、もしサターン聖が能力の影響によって長寿だったりするなら、38年はたった数年とか、そのくらいにしか相当しないのかも知れない…

不老ではなく、非常にゆっくりと老いていくのだとしたら、38年間姿が変わらないのにも合点がいくような気がします。

また、常に海軍やCPに守られていますし、あれだけ強く、更に回復力も異常ですから、事故死や病死、誰かに殺される可能性も極めて低く思えますので、彼らはやはり不死身の怪物ということになるのかも知れない…

かりそめにも神を名乗っているわけですから、彼らが普通の人間を超越しているのは間違いないと思いますね…

聖土星の力を分析した記事を書きました。ここで読むことができます。➡ サターン聖の能力 | ワンピース1095話考察

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です