ワンピース1085ネタバレ: イム様にとってリリィ女王の存在

ワンピース1085ネタバレ: イム様にとってリリィ女王の存在

この post を評価します

ワンピース1085ネタバレ: イム様にとってリリィ女王の存在: ワンピース1084では800年前のアラバスタ王国の国王だったリリィ女王の存在が語られましたが、イム様はリリィ女王を知っているようですね…

 

800年前のリリィ女王について

リリィ女王は空白の100年の時代のアラバスタ王国の女王であり、巨大な王国との戦いに勝利し、世界政府を作った最初の20人の1人…
しかし聖地マリージョアに住む事を拒否した、つまり天竜人になる事を拒否してアラバスタ王国にめ戻らず、そのまま失踪し歴史からその名前すら消えた…
唯一彼女の名を留めているのが彼女の継ぎ王となった弟から代々王家に受け継がれてきた短い手紙だけ…

というのが第1084話で彼女について語られた事ですが、過去にも書かせて頂いたように彼女が失踪したのは、おそらく最初の20人が世界に対して大きな罪を犯し、その結果絶大な権力を得たという事に対して罪悪感を抱いたからだろうと思いますし、彼女が罪に気づいたのは全てが終わり取り返しがつかなくなった後だったんじゃないかと思います。

続きを読む:  ワンピース1087話ネタバレ考察: 神の騎士団にガーリングの息子がいる

時代からして、彼女の失踪は名前と関係が深そうな女ヶ島アマゾン・リリーとも繋がっていそうですし、古代兵器プルトンの在処を示すポーネグリフを所有していたアラバスタ王国と、その在処であるワノ国の関係から、リリィ女王は同じ時代の人間である天月トキ様とも面識があったんじゃないかと思いますし、ネフェルタリ家と光月家も繋がっているんじゃないかと思います…
空白の100年の時代には敵同士だったものと思われますが、古代兵器プルトンで繋がっているあたり、可能性は高いんじゃないかと思いますし、そうだとしたら、リリィ女王は敵味方を超えたような空白の100年の時代の重要人物である可能性も高いかと思いますね…

イム様はそのリリィ女王を知っているようですが、『リリィ』と呼んでいるあたり直接知っているような雰囲気を感じますから、そうだとすると、イム様は空白の100年の時代から生き続けてきた可能性が高いかと思いますし、イム様がコブラ王の前に姿を現したのは、彼にリリィ女王に対して何か話したいことがあるからじゃないかと思いますが、イム様とリリィ女王はどんな関係だったのでしょうか?

イム様にとっては非常に大切な存在であるように感じられますが…

イム様の想い人だったのか?

イム様は未だ性別は不明であり、人間なのかどうすら不明であるわけですが、少なくとも感情を持つ存在であるのは間違いないと思います…

個人的には初登場の際から『男性』であるイメージが強いのですが、男性だとして、リリィ女王がイム様に大切な存在だったなら、リリィ女王はイム様の想い人だったという可能性が高いだろうと思えます…

また、過去にも色々と書かせて頂いていますがイム様は最初の20人の1人ではなく、彼らが巨大な戦いに勝利する為の力を与えた後ろ盾のような存在であり、最初の20人はイム様を神として位置付けて旗頭にしたが、その神、イム様の正体は『異星人』なんじゃないかと考えています。

個人的にはその『神』の助力を得た今の五老星達の先祖となる5人の王だけが正体を知っていて、イム様の威光を利用して他の15人の王を抱き込み巻き込んだのではないかと思います。

イム様はリリィ女王に想いを寄せていたが、全てが終わり、世界政府が誕生した後に彼らが世界貴族としてマリージョアに移住するとなった時にイム様の正体を他の15人も知る事になり更に5人の王が世界を支配する為に起こした戦争に巻き込まれた事も知ったが、最早取り返しはつかず、更に一族の繁栄は約束されていた事もあり14人の王はイム様に従う事を選んだがリリィ女王だけはそれを拒絶した…

続きを読む:  ワンピース1091話ネタバレ: 「戦桃丸」ルフィvs黄猿! ゾロvsルッチ

しかし、イム様はリリィ女王に想いを寄せていた為、リリィ女王をマリージョアから地上には返さないようにしたが、リリィ女王は何とかマリージョアを脱出したが、国に帰れば国を危機に陥らせる可能性もありますし、国に帰り反抗するにもイム様と世界政府はあまりに強大過ぎた為、帰国せずに姿を消した…

イム様は『世界の王』また『神』になったようなものであり、世界の全てを手に入れたわけですが、もしかしたら一番欲しかったものは手に入れられなかったのではないでしょうか?

イム様はビビとリリィ女王を重ねている?

イム様は以前、ビビの写真を見つめていましたが、話の流れ的にも個人的にも、ビビはリリィ女王と瓜二つである可能性は高いんじゃないかと思います…

おそらく外見だけでなく内面も非常に似ているんじゃないかと想像されますし、単純に瓜二つというよりはリリィ女王の再来とか生まれ変わりみたいな存在として、イム様には感じられているのかも知れない…

イム様がもし、リリィ女王に想いを寄せており一番手に入れたかったものだったとしたなら、イム様にとってはもう二度と手に入れられなかったはずのものが目の前に存在するというような状況になっているのかも知れないと思えてきます…

だとしたら、絶対に手に入れようとするはず…

イム様がコブラ王の前に現れたのは、おそらくコブラ王とビビが国を捨て天竜人となるか、或いは拒絶し処分される道を選ぶかという選択を迫る為じゃないかと思いますが、無論、コブラ王は処分してもビビは手元に置くつもりだと思いますが…

結果、コブラ王は死んだ…殺害したのか別の理由なのかは、まだ分からないですがコブラ王が死んだ事は事実…

しかし、ビビはワポルによって救われたようで今はモルガンズのもとに匿われています…

イム様がビビを手にいれようとしているならモルガンズとワポルはイム様を敵に回している事になり、めちゃくちゃヤバイ状況かと思いますが、モルガンズは権力に対してペンで対抗する道を選ぶかも知れないですね…!

世界を手に入れたとて、そこに一番欲しいものが無いとしたら、それは非常に虚しいと思いますが、イム様の真意やいかに…?

この記事の紹介は以上になります。

最後までお読み頂き、誠に有難うございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です