ワンピース1088話「最後の授業」の内容

ワンピース1088話「最後の授業」の内容

この post を評価します

ワンピース1088話は早ければ本日「spoilerplus.net」に掲載されます。 以下のリンクから読むことができます。

第1088話「最後の授業」。
ワンピース実写シリーズスペシャルカラー見開き!! 正面にはルフィ、ゾロ、ナミ、ウソップ、サンジ(ファイティングポーズ)と、シャンクス、コビー、バギー、クロ、ガープ、ミホーク、アーロン、クリーグ(またはスモーカー、100%確実ではない)の顔が見えます。 背景にあります。 「トゥモロースタジオ×Netflix」という一文も出てくる。
この章は昔のマリンフォードでの回想から始まります。 ガープは新米海兵隊員の授業を行っている。 コビーもクラスにいます、それは彼の最初のレッスンです(彼の外観はイーストブルー編と同じです)。 ガープは新米海兵隊員全員に質問する。
ガープ「赤ん坊と老人が一人ずつ島に取り残され、二人しか乗れない船があったとしたら…」
あなたなら誰を救いますか?」
コビー:「二人とも助かるなら、私もボートから降りるわ。」
ガープはコビーにチョークを投げる。
ガープ「違うよ!!
どうせ老人にはもう時間がないんだから、死なせてしまえ!!
皆さんはなぜ海兵隊員になったのですか? それは人々の「未来」を守るためではないでしょうか?
そうすれば、あなたと赤ちゃんには老人よりも未来があります。 あなたと赤ちゃんだけが生き残らなければなりません!!」
授業後、ガープは海兵隊教官に叱られる。 すべての人の命は平等なのだから、二度とそんなことを教えないでほしいとガープに頼む。 ガープは同意しません。
ガープ「若者の未来は無限だ!!」
それから、数日前のボア・ハンコックの事件の後、アマゾン・リリーでの別の回想に移りました。 黒ひげはアマゾン・リリーを去ることに同意するが、彼は800人の海兵隊員と戦艦を連れて行くことになる。 「海軍本部」が四皇と戦う許可を出さなかったため、山梶中将はただ立って見守るだけだった。
しかし、コビーは立ち上がって、黒ひげに部下の代わりに自分を捕虜にするよう提案します。 山梶中将はコビーがSWORD隊員であるためそれを許可する。
現在に戻ります。 ガープの戦艦の全員がパニックになっています。 彼らは巨大な手を撃つが止まらない
それ。
コビー「その手が下れば何百もの命が失われる!!」
どうしましょうガープ中将!!?」
ガープ「三人なら救える!!」
そしてガープは彼ら一人一人に命令を下す。
– ガープは彼らのために隙を作ります。 – コビーは巨大な手を破壊しなければなりません。
– グルースは戦艦を破片から守らなければなりません。 ヘルメッポはコビーとグルーをカバーしなければなりません。
コビーはショックを受ける。
コビー「そんな大きなものは壊せない…!!」
ガープが彼を遮る。
ガープ「戦いの決断は咄嗟に必要だ!!」
そしてガープの命令で三人とも即座に動き出す。 海賊たちは、コビー、ヘルメッポ、グルースはガープなしでは何もできないと考えて笑っています。
グルースはコビーに、なぜガープが巨人の手の破壊を託したのかを尋ねる。 彼は、コビーがそれを破壊するための爆弾かそのようなものを持っているのではないかと考えています。 コビーは武器は持っていないが、何とかしようとすると答える。

続きを読む:  ワンピース1088話ネタバレ: ガープの船にボガードさん発見!

海賊たちは彼らに向かって発砲し、ヘルメッポは剣で弾丸を防ぎ、爆発に巻き込まれました。
ガープは立ち上がってクザンと対峙する。 彼はクザンを地面に叩きつけ、非常に速い動きでクザンを驚かせた。 そしてガープは屋根の上からドクロに向かって飛び降りて攻撃します。
ガープ「ギャラクシーディバイド!!!」
ピサロ「うぎゃあ~~~!!!」
ガープは頭蓋骨を真っ二つに割る大攻撃を繰り出し、ピサロの本体は頭から血を流す重傷を負う。 ガープを追うグルーとコビー。
グルース「どうするコビー!?」
コビー「転ばせないぞ!!」
その後、コビーはピサロの巨大な手に向かって空中に飛び上がります。 ピサロは痛みを感じているが、まだ動ける。 そこで彼は復讐のために手を振り下ろしてガープの戦艦を粉砕した。
その後、コビーとヘルメッポが最初に海兵隊に入隊した頃のフラッシュバックが始まります。
表紙で見た訓練場でガープとヘルメッポが会話している姿が見られます。 ガープは、コビーが非常に早く回復していることに気づきましたが、彼の手には異常な量の怪我があり、
肩。
ヘルメッポはコビーは誰にも話したくないと言っているが、実はコビーは自分が常人よりも戦闘能力が低いことを知っている。 したがって、それを補うために、彼は他の人の100〜200倍のハードトレーニングを行う必要があります。
ヘルメッポも、コビーは毎晩ガープの「戦艦バッグ」を殴って秘密の訓練をしていると言う。
現在のカットでは、ガープはその訓練を思い出しながら微笑んでいます。 海賊たちは皆、巨大な手を止めることはできないと言ってコビーを笑っている。 海賊たちは、「ヒーロー」の称号が頭に浮かんだに違いないとも言う。
コビーは巨大な手を攻撃しようとしています。
コビー「これができないと、私のせいでみんなが死んでしまう…」
「オネスティ・インパクト!!!」
ピサロ「うわ~~~っ!!!」
コビーは壮大な見開きで巨大な腕全体をパンチして破壊します(衝撃から黒い稲妻が見えます)。 ピサロが本物の腕を骨折し、痛みで叫んでいるのがわかります。
ヘルメッポとグルースはショックを受ける中、ガープは泣き笑いする。 グルースは「クレイウェブ」と呼ばれる技術を使って巨大な粘土の網を作り、落下する石を止めてガープの戦艦を救います。 コビー、ヘルメッポ、グルースは無事戦艦に乗り込むことになる。
ガープは電伝虫で戦艦の全員を呼び出す。
ガープ「諸君、今すぐ全速力で『ハチノス』から出航せよ!!」
私は自分の力で生き残る方法を見つけます。
私たちの任務はすでに完了しました、あなたの安全が最も重要です!!」
コビーは泣きながら船に戻るように言いましたが、グルースが彼を止めました(彼も涙を流していました)。 ガープは続ける。
ガープ「君達は『海兵隊の未来』だ!!!」
最後の見開きでは、ガープが胸に氷の刃を刺されて地面に横たわっています。 黒ひげ海賊団全員とクザンに囲まれる。
ガープは傷口から氷が広がりながらも笑っている。 クザンの顔は見えますが、目は隠されており、表情は不明です…
ナレーター:「翌日の新聞で世界に報じられたニュースは…」

続きを読む:  【確定】ワンピース1107話ネタバレ「待ってましたよ」

――“若き英雄コビー”が無事帰還した。
――ハチノス(“海賊島”)で姿を消した“伝説の英雄ガープ”。
「四皇麦わらのルフィ」が卵頭島を根城にしている。
この章の最後のパネルでは、海兵隊の船がエッグヘッド島に到着していることがわかります…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です