ワールドトリガー 240話ネタバレ: 三輪の発言の真意が判明?

ワールドトリガー 240話ネタバレ: 三輪の発言の真意が判明?

3/5 - (1 vote)

ワールドトリガー 240話ネタバレ: 三輪の発言の真意が判明? この記事では、ワールドトリガー 240 話の内容の分析に焦点を当てます。

ワールドトリガー 239話がリリースされました。次のリンクにアクセスして読むことができます。➡ ワールドトリガー239話 Raw – 読んで議論する

ワールドトリガー 239 の主な展開の概要

①各部隊のトリオン兵の作成の様子

  • 見た目で差をつけた方がいいと話す辻
  • 王子は『装備』するトリオン兵を作る
  • 特別課題④の内容に言及する王子
  • ボーダー独自のデザイン・アイデアが必要に
  • 自分が恥ずかしいと顔を覆う生駒
  • トリオン兵作成に苦戦している弓場
  • 小荒井は他よりも理解が進んでいる様子
  • 戦地の救護活動用トリオン兵を作った太一
  • 『輸送車両』的な存在でもあるトリオン兵
  • 太一の創作意欲に火が点いた様子
  • 課題の解答として太一を評価する柿崎

②水上9番隊が取る方針について

  • 照屋・樫尾のトリオン兵は万能志向
  • 尖った駒で攻め倒す方が強そうと考える水上
  • 水上に作戦が無いかどうか尋ねる荒船
  • 「何もわからない」と口にする水上
  • 見た目・性能が一致しているとも限らない
  • 騙す側に回ると思い至る樫尾・照屋
  • 水上隊は樫尾・照屋のアイデアを採用する
  • 5日目は普通に隊長をしている水上
  • 樫尾・照屋に遠回しにヒントを与えた
  • 水上は二人の性格に合わせている様子

③若村に対するA級隊員の反応

  • 狙って引き分けにできると言及する半崎
  • 半崎の案を否定する細井・ヒュース
  • 引き分けでは他との差が縮まらない
  • 半崎の発想自体は面白いと言うヒュース
  • 相性が悪い部隊は引き分けを狙うのも戦略
  • 下位の部隊チームとの連携を例に出すヒュース
  • 若村は他所と手を組むのを却下する
  • 諏訪7番隊を狙うことになってしまう
  • 恩を仇で返すわけにはいかないと言う若村
  • 腰が引けていると若村を非難する天羽
  • 恩・仇と言っている場合ではないと続ける
  • 今回の若村は違う気がすると言う嵐山
続きを読む:  ワールドトリガー239話ネタバレ: 予想外の大転落!?

④諏訪7番隊が鍵を握ることに?

  • 引き分け狙いは最後の手段とすることに
  • 作戦について「当然ある」と言うヒュース
  • 飛行型トリオン兵を攻撃に使うこと
  • 射程が短いトリオン兵を一方的に倒せる
  • トリオン量で火力・耐久を両立可能
  • 明日には狙撃型で対策されてしまう
  • こちらは更にその対策を被せられる
  • 相手の手を誘導すればいいと気付く若村
  • 若村隊はヒュースの案を採用することに
  • 短期戦の戦い方を知っていると言う三輪
  • 三輪は諏訪7番隊が勝つと口にする

ワールドトリガー 240話ネタバレ

特殊戦闘シミュが始まることに?

閉鎖環境試験の5日目に突入し、「特殊戦闘シミュレーション演習」で使用するトリオン兵の作成に取り掛かることとなった各隊員たち。
240話以降では特殊戦闘シミュが開始し、演習の様子・勝敗の結果にスポットが当たるでしょう。
試験5日目以降では、特殊戦闘シミュで大躍進を遂げるチームが登場し、閉鎖環境試験の順位が大幅に変化するかもしれません。

諏訪7番隊にスポットが当たる?

239話の最後では、各部隊の作戦会議の様子を見ていた米屋・三輪の会話が描かれました。
三輪は歌川隊・水上隊などが敵の心理・・を攻略しにかかっていると言うも、特殊戦闘シミュで勝つ部隊としては諏訪7番隊を挙げることに。
「三輪の発言の真意とは…?」とのアオリ文からも、240話では諏訪7番隊にスポットが当たり、特殊戦闘シミュにおける諏訪隊の作戦などが明かされるのではないでしょうか?

修は虫っぽいトリオン兵を作る?

ジャンプフェスタ2023では、「修と虫っぽい何か」について描かれると言及されていました。
「虫っぽい何か」とは、特別課題④で作成が求められている、トリオン兵のことを指しているのではないでしょうか?
240話以降では、修・トリオン兵にスポットが当たることになるかもしれません。

今後ありうる展開について

  • 二宮とユズルのギスギス鳩原トーク
  • 自称カナダ人のお悩み相談室
  • 修と虫っぽい何か

ジャンプフェスタ2023にて、今後描くことになりそうと言及された展開は、上記の三つ。
「二宮とユズルのギスギス鳩原トーク」については237話でひと段落したため、今後の閉鎖環境試験で残りの二つに触れられると思われます。
特に「自称カナダ人のお悩み相談室」は、若村・ヒュースに焦点が当たることが期待できます。

残りの部隊の作戦内容が明らかとなる?

部隊名 作戦内容
歌川1番隊 ・他の部隊に対する『対策』はしない
・どの部隊が相手でも最短で速攻に特化
・相手が迷うポイントを増やす
水上9番隊 ・対応する側ではなく騙す側に回る
若村11番隊 ・飛行型トリオン兵を攻撃に使う
・あえて対策されやすい飛行型を使う
・6日目は更に対策を被せることに

特殊戦闘シミュにおいて、作戦の内容が判明している部隊は、上記の通りとなっています。
ただし、明確に定まっているのは歌川隊・若村隊の二つであり、水上隊は照屋・樫尾のアイデアを中心に進めていく様子。
また、北添隊も敵の心理・・を攻略しにかかっているようで、上記の三部隊と似た作戦を取っていると考えられそうです。

続きを読む:  ワールドトリガー 216話「遠征選抜試験⑭」あらすじ、ネタバレ

トリオン兵の作成を進めることに?

閉鎖環境試験の5日目に突入した237話では、仕事時間の開始直後、各部隊へと特別課題④が出題されることに。
特別課題④は、各隊員につき1体以上、オリジナルのトリオン兵を『作る』という内容です。
作成したトリオン兵は、特殊戦闘シミュで操作ユニットとして使われるため、240話でもトリオン兵の作成を進めていく様子が描かれるでしょう。

特別課題その④の内容のおさらい

特別課題④
添付された専用のソフトを使って、オリジナルのトリオン兵を、各隊員1体以上 作成しなさい。

※本日と明日の15時から実施される「特殊戦闘シミュレーション演習」では、各隊員が作成したトリオン兵を、操作ユニットとして使用します。

5日目に出題された特別課題④は、「トリオン兵つくーる」のソフトを用いて、オリジナルのトリオン兵を『作る』というもの。
作成したトリオン兵は、5日目・6日目の特殊戦闘シミュにて、操作ユニットとして使用することになるようです。
①〜③の課題と同様に、作成したトリオン兵に基づいて得点がつけられると思われます。

五日目の注目ポイントとは?

各部隊の共通課題・分担課題の進捗
特殊戦闘シミュレーション演習の詳細

閉鎖環境試験が5日目に突入する236話では、上記の二つが主な注目ポイントと言えるでしょう。
課題で遅れ気味の若村隊も共通課題は残り少しのようなので、各部隊とも分担課題に取り組む流れになると思われます。
また5日目からは特殊・・戦闘シミュが二日間行われる予定のため、これまでの戦闘シミュとの違いなどにスポットが当たることになりそうです。

諏訪隊の課題の進捗状況とは?

キャラ 状況
宇井


香取

・共通課題は既に終了済み
・分担課題に着手可能な状況
諏訪


隠岐


・共通課題がまだ終わっていない
・5日目に共通課題を終わらせる?

試験5日目の開始時点では、諏訪隊の面々は上記のような状況となっています。
宇井・香取の二人は、4日目までに共通課題は終わっており、5日目からは分担課題で点数を伸ばすことが可能と言えるでしょう。
諏訪・隠岐・修のは共通課題が終わっておらず、5日目以降に終わらせることになりそうです。

古寺隊は共通課題が終了済み

内訳 点数
共通課題 約4,200点
分担課題 0点?
特別課題 約1,200点
A級評価 約340点
戦闘シミュ 1,610点
合計 7,354点

試験四日目が終了した235話では、古寺隊が共通課題を全て終わらせたことが示唆されました。
このことから、四日目までの点数の内訳は上記の配分と考えられ、古寺隊は5,000点配点の共通課題で約4,200点を獲得していると思われます。
水上隊に続いて2位を維持している古寺隊は、このまま高順位で着地することになるでしょう。

分担課題で数値が伸びる可能性が高い

試験四日目で水上隊と1,000点以上の点差がついているものの、1位が見えてきたと話している古寺隊の面々。
その理由は、日中にカメラで撮った『分担課題』を朝早起きして解き、それを最終日にまとめて打ち込む作戦を取っているからとのこと。
回答済みの問題が既に貯まっており、実際は順位表の点よりもずっとスコアを稼げている様子

各部隊の項目ごとの得点状況まとめ

※スマホ閲覧時に横にスクロールできます。

部隊名 総合点数 戦闘シミュ 戦闘抜き
水上9番隊 1位 8,425点 7位 1,420点 1位 7,005点
古寺6番隊 2位 7,354点 3位 1,610点 3位 5,744点
諏訪7番隊 3位 7,190点 4位 1,590点 4位 5,600点
村上10番隊 4位 7,125点 9位 1,260点 2位 5,865点
二宮8番隊 5位 6,905点 2位 1,660点 6位 5,245点
来馬5番隊 6位 6,808点 6位 1,490点 5位 5,318点
北添4番隊 7位 6,782点 5位 1,540点 7位 5,242点
歌川1番隊 8位 6,729点 1位 1,750点 11位 4,979点
王子2番隊 9位 6,627点 8位 1,390点 8位 5,237点
柿崎3番隊 10位 6,336点 10位 1,170点 9位 5,166点
若村11番隊 11位 5,795点 11位 650点 10位 5,145点

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です