呪術廻戦246話考察: 没収失敗!!

呪術廻戦246話考察: 没収失敗!!

5/5 - (1 vote)

本日呪術廻戦246話が正式公開されました。 この章の内容の一部を分析してみましょう。注: 呪術廻戦 246 話をまだ読んでいない場合は、次のリンクにアクセスしてください。 (通常、正式リリースの 5 日前に投稿します)。

呪術廻戦246話の分析を始めましょう!

呪術廻戦246話考察: 没収失敗!!

続きを読む:  呪術廻戦の領域展開一覧

没収失敗

前回、ジャッジマンは宿儺に没収と死刑の判決を下し、宿儺は術式を没収され、日車は処刑人の剣を手にしたわけですが、没収は対象が呪具を携帯していた場合、呪具を優先して没収するシステムになっており、宿儺は呪具を没収されただけで術式は健在!

それにより、日車と日下部は宿儺の斬撃を浴びる事になってしまった!

日車は斬撃により血を噴き出しながら、自分の戦闘経験の少なさがこの結果を招いてしまったと感じているようですが、宿儺はまだ、虎杖の中にいた時に日車の領域のルールは理解済みと言っていましたよね…

宿儺は確信犯的に判決を受け入れていたように見えますから、このシステムの抜け穴としてハナからこうなる事を理解していた可能性が高いと思われます。

戦闘経験というよりは、知力の差であるように感じられ、やはり宿儺は底知れない『強さ』を持っているとあらためて感じさせられますが…

しかし、宿儺の斬撃はあの『世界を断つ斬撃』ではなかったようで日下部がシン・陰流の簡易領域で宿儺の術式を薄めた事により、2人ともに傷は浅く、致命傷には至らなかったようです!

宿儺はこの急襲に対応した虎杖を含む高専側術師達全員の基礎的な呪力強化術が著しく上がっていると感じているようです。

おそらく、これは意外に楽しませてくれるのではないかと感じているのでしょうが、まだ虎杖の力の正体は掴めていないようでもありますね…

日下部は一瞬死んだかと思ったようですが、何とか対応できた事により宿儺の全ての斬撃が世界を断つ斬撃ではないという事がわかったのは大きいと考えているようです。

術式対象を拡張するには何らかの縛りや溜めが必要なはずで、宿儺の斬撃は普通に切る『解』と相手の強度によって効き目が変わる『捌』の二種が存在する…

普通の斬撃は解であり、世界を断つ斬撃は強化した解…

捌は相手に触れて発動するもので捌とゼロ距離で放たれた解、そして世界を断つ斬撃はあらゆる手段で防御不可の即死技…

日下部は宿儺の斬撃をそう分析しながら、不気味なのは渋谷での炎を使わない事だとも感じているようです…

しかし、それについては使われたら対応する術はない為に今は使えないと結論づける事にしたようですね…

作戦は半分失敗したわけですが、日下部の役目は処刑人の剣を持つ日車を守る事にあり、日車に死んでもお前を守ると口にしますが、それを口にしてしまった事で自分自身で死亡フラグを立ててしまったとも感じているようです。

しかし、もしかしたら日下部はこの戦いで術師としては再起不能になりそうですが、死亡する事はないような気がするんですよね…

脹相が宿儺を狙いますが、宿儺はそれを感じながら駆けっこするかと呟く…!

宿儺がスピードで翻弄

宿儺は駆けっこしようと言いながら自分を狙う脹相の穿血が直撃する直前に姿を消し、次の瞬間には脹相の腹部に宿儺の一撃が突き刺さっていた!

まるで瞬間移動したかのような圧倒的なスピード!

しかし、そこに覆面男が鉈を持って宿儺に襲いかかる!

宿儺は片腕でそれを受け止めますが、片手で扱える鉈とは思えないほどの圧力で宿儺の足場は減り込みますが、宿儺の片腕はやはり無傷!

続きを読む:  五条悟は死んだ?復活の可能性はないのか? | 呪術廻戦237話考察

宿儺はその威力を見て七三術師の術式が呪具化したものかと分析!

宿儺はこれを足技で撃退しながら虎杖と日下部の同時攻撃を捌きますが、日下部の背後から日車が現れ、処刑人の剣で宿儺を斬ろうとしますが、宿儺はそれを薄ら笑いで捌き、日車の顔面に一撃入れながら、日車を力いっぱい遠くへ放り投げる!

宿儺は日車と虎杖達を分断するつもりのようで、投げた日車目がけて凄いスピードでダッシュします!

日下部は虎杖に先に行けと走らせますが、虎杖も全く追いつけないくらいのスピード!

宿儺は意外に歯応えがありそうな術師達の力を図りながら遊んでいるような雰囲気ですね…

術師達の頼みは日車の処刑人の剣であり、宿儺もそれに興味があるようですから、日車を狙うのは当然ですが、わざわざこんな事しなくても日車を仕留めようとすれば仕留められるでしょうに、まるで術師達にもっと力を見せてみろと力を引き出させようとしているようにも感じられます…

術師達が力を出せば出すほどに面白いものを見る事ができるかも知れないと考えていそうですが、やはり五条に代わるような逸材との出会いを求めているのでしょうか?

もしかしたら虎杖にもそういう可能性を感じているのかも知れないとも感じます。

また、乙骨がここにいれば乙骨を狙ったかも知れないですが、今は一番、日車に興味がありそうな雰囲気…

宿儺は他よりも虎杖と日車と遊ぼうとしているようで、宿儺は追ってくる虎杖を振り切りながら、放り投げた日車に追いつき、その姿を捕捉します!

新たな天才

この作戦の始まりとささて、宿儺を倒し伏黒を救う案として日車の術式が最適だという話になっていたようですが、それは処刑人の剣で斬られたものは例外なく死に至るが、それは死刑判決を受けた者に限定されていて、その肉体に複数の魂が認識される時、ジャッジマンは判決を受けた者だけを認識し、それに死を与える…

つまり、宿儺を殺し伏黒の魂を無傷で手に入れられる唯一にして最適の手段が日車の術式であると術師達は結論づけていた…

日車はそれを了承したわけですが、虎杖は反転術式を使えない日車が宿儺との戦いに臨むに迷いがない事について、死ぬつもりなのかと質問していたようです。

日車は自分は法を見限り、また見限られた人間であり、最後に自分を罰するのは自分でありたいと思っていて、この役割を果たして死ぬべきだと考えていると答える…

虎杖はその答えに対して否定したりはしないが、それでも日車は生きてまた法廷に戻るべきじゃないかと返します…

日車はすでに殺人を犯しているわけですが、虎杖はやはり彼は正義の弁護士だと思っていて、あんたを必要としている人が必ずいると言いたいのでしょうが、日車は自分はもう君の目すらまともに直視できない人間になってしまったからそうするつもりはないと返したようです…

そんな事があり、日車はこの戦いに全てを賭けているようですが、その覚悟が彼の新たな才能を開花させつつあるようです…

日車は正義の天才弁護士だったと誰もが思うと思いますが、どうやら彼が帰る場所は法廷ではない…

というか、いくべき場所が他にあるようです…

宿儺は日車を捕捉し、日車が受けたダメージを領域展延で中和して回復しているらしき様を見ます…

術師として覚醒してまだ2ヶ月弱しか経過していないが、異常な成長速度を見せているらしき日車…

宿儺は日車に『天才』を感じているようです!

宿儺は処刑人の剣に興味があると言っていましたが、実際は日車自身に興味があるようです。

日車には五条悟に並ぶ程の才能があるかも知れないと術師達も感じているようですが、これは意外な展開になってきましたね!

何だか、羂索が死の間際に言っていた自分の意思は受け継がれるというような言葉がこれに絡んでくるにも思えてきました…

羂索の意思が何の事を言っているのか分からないですが、死滅回游の目的は日車のような新たな天才を生み出す事にあり、羂索はもしかしたら死んだに見せかけて日車の才能と肉体をも奪う仕掛けをしていたりするんじゃないかとも思いますね…

とにかく今、宿儺を倒し伏黒を救うという作戦に不可欠な日車…!

続きを読む:  【正式版】呪術廻戦233話ネタバレ!|宿儺&魔虚羅+顎吐VS五条

彼が単独で宿儺とどう戦うのか、非常に楽しみになってきましたね!

呪術廻戦247話の内容は以下のリンクからご覧いただけます。

X でフォローして最新情報を入手してください!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です