呪術廻戦 243話 Raw – オンラインで無料で読む

呪術廻戦 243話 Raw – オンラインで無料で読む

4.3/5 - (26 votes)

呪術廻戦 243話 Raw – オンラインで無料で読む | 夢舞台の終わり | やはり羂索は自由であり、高羽は困惑しながら羂索にバシバシと突っ込みを入れていきますが、基本的には完全なしゃべくり漫才であり、何かお決まりのパターンやギャグがあるような雰囲気でもない様子…

1️⃣ ネタバレ内容はこちらの記事で読むことができます。呪術廻戦243話ネタバレ: 鷹羽の限界はどこにあるのか?

2️⃣ 次のリンクで、マンガの前の章の内容を読むことができます。

著作権上の理由により、この画像は当サイトでは利用できなくなりました。 無料で読むには、メニューバーのリンクにアクセスしてください。

呪術廻戦243話ネタバレ: 夢舞台の終わり

呪術廻戦 243話 Raw – オンラインで無料で読む

夢舞台

高羽の術式か領域か、何だかよく分からないですが、高羽は過去に別の相方と組んでいたピンチャンというコンビを羂索が相方だったらどうなっていたかというようなシミュレーションを術式によって行っているんでしょうね…

続きを読む:  呪術廻戦237話ネタバレ: 宿儺VS鹿紫雲!

高羽×羂索は世間に受け入れられたようで着実に知名度を高め、それとともに芸が磨かれたのか、ついに賞レースの最高峰C-1決勝戦の夢舞台に立つに至った…

おそらく無名時代の数年の活動の記憶と経験すらも再現されているだろうと思いますが、前回の二人の楽しげな様子を見るに、それは充実し二人にとってはかけがえのない大切な思い出にもなっているように感じられます。

客観的に見れば非常にリアルな長い夢を見ているような感覚なんじゃないかと思うのですが、その夢の中では当人達にとっては紛れもない現実であり、ピンチャンはおそらく単なる決勝進出者ではなく優勝候補として夢舞台に上がっているのではないかと思います。

どう見ても某賞レースをモチーフにした夢舞台ですが、あの有名すぎる演者登場の際のイントロがヒジカイカイカイカイという言葉に変換されているところに一笑いアリですね…

確かにそう聞こえるようにも感じられますが、これはおそらく高羽の脳内ではあのイントロがそのように再生されているという事を意味しているのだと思います。

高羽の笑いはシュール&ナンセンスという感じですが、基本的に羂索がボケで高羽が突っ込みであるというのがピンチャンのスタイル…

二人はおそらく緊張はありながらも自信満々でこの舞台に上がっているものと思います…

お笑いの賞レース…特にこの大会はネタの面白さは当然の事ながら何より大切なのは最高のパフォーマンスができるかどうかですよね…

演者がお客さんと審査員をどこまで自分達の世界に引き込めるかというところが勝負かと思いますが、二人のピンチャンワールドはお客さんと審査員を魅了できるのでしょうか!?

ネタの冒頭はいきなり羂索のボケから始まりますが、基本的に羂索は自由過ぎる男というような芸風みたいですね…

独特なセンスで自由に発言し、相方を引っ掻き回して困惑させながら話を広げていくという感じの意外にオーソドックスなスタイルみたいですが、羂索はハンサムで頭に傷があるというインパクトのあるビジュアルである事を高羽も言及していましたから、それを活かして高羽が突っ込みに回るというスタイルにした方が面白いという事で確立されたものなんでしょうね…

また、今回のネタはこれもオーソドックスな桃太郎を題材にしたものであるようですが…

夢舞台の終わり

審査員席には明らかにダウン◯ウンの松◯人◯氏、上◯恵◯子氏などの大御所が座っており、二人は桃太郎ネタを展開していきます。

続きを読む:  呪術廻戦 239話ネタバレ: 日車と虎杖で宿儺にどう対応するのか?

やはり羂索は自由であり、高羽は困惑しながら羂索にバシバシと突っ込みを入れていきますが、基本的には完全なしゃべくり漫才であり、何かお決まりのパターンやギャグがあるような雰囲気でもない様子…

おそらく即興感を印象づけ、一つのネタをその場の雰囲気や思いつきなんかでいくらでも変えられるというような…いつでも新鮮なライブ感ある感じのネタに仕上げているのではないかと感じられますね…

キッチリとした台本を一字一句間違いなく再生するというようなものではなく、アドリブ感のあるようなネタ…

それは二人の実力にちゃんと釣り合いがとれていて、また、強い信頼関係がないと勢力しづらいスタイルかと思いますが、お互いが最高の相方であるという感覚を持っているのは間違いないように感じられますから、これは高羽のイメージに羂索もついていけているということになるかと思います。

あくまで高羽の術式に羂索がかかっているという状態でしょうから、合わせているのは羂索でしょうからね…

しかし、羂索のお笑いの実力はどう考えても普段から非常によく勉強して実際にその道にいた人間であるとしか思えないくらいですが、これは羂索の才能なのか、はたまた夏油にこういう趣味があり脳からえた情報によるものなのかも少し気になりますね…

桃太郎ネタは羂索の自由発言と高羽のキレがあるというよりは自由発言を包み込むような適度に優しい感じの突っ込みが噛み合い、的確にウケているようですが、ネタが終盤に差し掛かった時、高羽に異変が…

もう夢舞台も終わってしまう…

それを実感した高羽はネタが終わる前から感極まってしまいます…

ハンサムな羂索には笑いのわの字もわかっていないような女性ファンがいるようで、高羽はそれを好ましく思っていなかったようですが、今となってはそのファンすら愛おしいと感じ、この夢舞台から降りたくない、終わりたくないという気持ちでいっぱいになり、高羽はついに涙を流してしまいます…

羂索は高羽に泣くな、白けちまうだろうと言いますが、その言葉を聞いたあと、高羽は『もういいよ』と羂索に優しい突っ込みを入れてネタを終わらせます…

真の刺客

高羽の『もういいよ』は羂索に自分のお笑い欲は満たされた、満足したことを伝える突っ込みだったようで、二人は現実に帰ります…

高羽は白装束で死体のように横たわっており、羂索に『ありがとう』と笑顔で礼を述べます…

羂索は高羽に『君、超面白かったよ』と笑顔で返しますが、おそらく羂索も満足したのでしょうね…

敵味方たでありながら二人はおそらく最大の理解者同士にもなっているのだと思いますが、この状況を見るに、高羽は死んでしまうのでしょうか?

もしかしたら、高羽の術式は強力ながらも、命を失うというリスクを内包したものだったのか…

羂索はそれを理解しているのか高羽に攻撃するような雰囲気もないですが、羂索は最後に巨大な呪力を伴う殺気を感じる!

背後には刀を構えた乙骨がおり、羂索は術式で対応しようとしますが、時すでに遅く羂索の首は胴から離れ地に落ちる!

羂索は何故乙骨の接近に気づけなかったのかと疑問に思いますが、満足気な高羽の横顔を見て、高羽は羂索との最期の夢舞台を誰にも邪魔されたくなかったのだと理解します…

羂索は乙骨に初めからこういう計画だったのかと尋ね、乙骨は高羽に人を殺す事はできないからと返す…

結局、高羽は刺客ではなく真の刺客は乙骨であり、高羽は羂索の隙を作る役割を持っていたという事になるんでしょうね…

やはり高羽は死んでしまっているように見えますが、多くの人を救う為にその命を犠牲にした事になりますよね…

しかし、それも含めて最期に羂索という最高の相方と出会えたのは孤独だった彼にとっては人生の最後に自分の人生に敵である男の存在から意味を見出せたという最高のオチになったのかも知れないですね…

羂索は乙骨に道半ばでこうなったのは残念だと言いますが、自分の意思は受け継がれると、まだ全てが終わったわけではないというような言葉を口にします。

羂索の意思を継ぐのは誰なのか?

裏梅?
まさか虎杖?

続きを読む:  呪術廻戦249話ネタバレ考察: 乙骨が里香召喚で五条や日車の術式をコピーする⁉︎

羂索がこうなることも予想して何かしているのは間違いないですよね…!

呪術廻戦244話ネタバレ

呪廻術戦244話ネタバレを以下のリンクに投稿しました。 無料の閲覧とディスカッションのためにぜひアクセスしてください。➡ 呪術廻戦 244話 Raw – オンラインで無料で読む

Responses (70)

  1. これでまんまとけんじゃくに復活されたらまた乙骨の株下がりそう

  2. けんじゃく詰みじゃね?だって首からしたは反転術式送れないし

    1. 別に他のやつの脳に移れば羂索としては詰みじゃなくないか
      夏油は完全に死ぬけど

  3. 乙骨は高羽より呪力総量が少ないって事?
    ってか里香ちゃんがメロンパンごと潰して余裕勝ちしちゃっていいんじゃね

    1. 高羽が誰にも邪魔されず羂索とお笑いしたかったから、邪魔が入らないように通常世界の情報を全部遮断したってことだと思う 外の情報が流れないから、多分宿儺が背後にいても気づかなかった

  4. ちょっとぉそこぉの奥さーーん[ヨル]SEXシャァせんかぁ?
    奥さん「やめてください!!][あぁ!]
    いのたくま[あぁこれがレイプしかぁも!奥さん巨乳!
    奥さん[イクウウウウゥ!!!!]
    この交尾は朝まで続いたそうです………..

  5. 七海は死んだ
    これってぇw皆ぁ知らないじゃあないすかwwww
    え?死滅回遊?なんそれw
    てかぁwあのロン毛誰ぇ?w
    雑魚そうなんすけど?雑魚だよねぇ?そうだもんねぇw
    俺最強五条雑魚ww
    高畑ァ?誰ぇ?術式なさそォwあっても雑魚だろォ

  6. 五条悟は宿儺[俺]が殺した

  7. 虎杖[乙骨先輩…頭だ頭を潰せ]
    伏黒恵[…]  
    釘崎野薔薇[術式反転]赤
    五条[釘崎…お前術師やめろクソの役にも立たないから]
    伊地知[…]

  8. 最高の相方を見つけた髙羽
    だがこのままだと相方が学生に殺されてしまう
    お笑い空間に閉じ込め、このまま過ごせば死ぬことはない
    しかしその相方からの「もういいよ」

    「・・・ありがとう」

  9. 乙骨先輩…けんじゃくが高羽で何か企んでる…
    何か合ったら真っ先に殺してくれ

  10. 高羽の(ありがとう)はけんじゃくが自分を満足させてくれたこと
    高羽の術式は自分には相方がいなかっただから
    相方が欲しい…という思いで生まれたのが(超人)
    高羽はけんじゃくに自分の喜びを邪魔されたくない
    高羽は漫才が終わるときにけんじゃくに触れて
    (もういいよ)と言っている
    ちなみに漫才ステージはけんじゃくがウケると確信した

  11. 高羽の(ありがとう)は多分自分を満足させた
    けんじゃくに感謝の言葉だと思う…
    高羽は喜びをけんじゃくに邪魔されたくない…
    僕は高羽はけんじゃくとコンビを組んでわかったこと
    高羽の術式は高羽がずっと相方が欲しくて生まれたのが
    (超人)
    高羽は漫才の終わりごろ.けんじゃくに触れて
    (もういいよ)
    つまり漫才ステージはけんじゃくのウケるを実現させた

    1. 高羽の(ありがとう)はけんじゃくが自分を満足させてくれたこと
      高羽の術式は自分には相方がいなかっただから
      相方が欲しい…という思いで生まれたのが(超人)
      高羽はけんじゃくに自分の喜びを邪魔されたくない
      高羽は漫才が終わるときにけんじゃくに触れて
      (もういいよ)と言っている
      ちなみに漫才ステージはけんじゃくがウケると確信した

  12. これタカバが乗っ取られてけんじゃくが面白いと思ったこと全ておきてバッドエンドあるくない?

  13. これもし死んだら取り込んだ呪霊ってどうなんの?
    やばくね?

  14. けんじゃく、本体が脳みそだろうに、これでやられたってことになるのかねえ?

  15. 乙骨は羂索の背後に居たのに、羂索が振り返った更に背後に乙骨が居る?
    東堂の模倣?

    1. これ思った。
      カァァァンって擬音は拍手の代わりの音かな?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です