【確定】キングダム783話ネタバレ:司馬尚軍攻守共に完全無欠!

【確定】キングダム783話ネタバレ:司馬尚軍攻守共に完全無欠!

3/5 - (2 votes)

【確定】キングダム783話ネタバレ:司馬尚軍攻守共に完全無欠!前回は司馬尚軍が秦軍を蹴散らしながら王翦本陣目指し、田里弥と倉央がそれに対応しようとするもカン・サロがそれに襲いかかるというような展開が描かれましたが…

キングダム783話が公開されました。以下のリンクから無料で読むことができます。

それではキングダム783話を分析してみましょう!

【確定】キングダム783話ネタバレ:司馬尚軍攻守共に完全無欠!

田里弥負傷!倉央軍混乱!

前回、亜光軍と戦っていたはずのカン・サロ軍が、司馬尚に対応するため王翦本陣を守る為に後方に引き返す倉央軍に襲いかかるという展開になっていましたが、やはりカン・サロ軍も強力であり、倉央軍は大混乱しているようです!

更にジ・アガ軍が盛り返し残してきた一万がかなり押されているという状況になっているようです。

倉央は引くも進むも判断し難いような状況でテンパっているようです。
いつも余裕たっぷりのイケメンキャラと言える倉央がテンパっているという状況が司馬尚の攻撃力の凄まじさを現しているとも感じます。

そこに田里弥が現れる。

田里弥は右脇腹に深傷を負っているようで、やはり司馬尚にやられていたような雰囲気ですが気丈に倉央に現在の状況を解説…

右翼の飛信隊からは李牧追跡の為に信率いる一万が離脱し、そのカバーの為に王賁が玉鳳隊から一万の兵を率いて右翼へ移動…
その為、現在本陣を守れる兵力は関常率いる玉鳳隊二万のみ…

田里弥は秦軍は完全に李牧にはめられたと理解しており、倉央に本陣を守る為に戻れと指示するようです。

さすが田里弥、戦況がよくわかっているようですが、それよりも傷はかなり深そうで出血が目立ちます。

王翦軍はまだ蛇輪公だけが犠牲者となり、将軍クラスは全員健在であるわけですが、次なる犠牲者は田里弥になりそうな雰囲気ですね…

続きを読む:  キングダム775話ネタバレ: 李牧の真の狙いは秦中央軍崩壊?

おそらく、早く傷を塞がないと命の危険があるかと思いますが、今はそれすら難しいと言える状況…

それほどに司馬尚率いる青歌軍の攻勢凄まじいわけですが、やはりどう見ても司馬尚を止められるような要素が見当たらない…

また、やはり関常が司馬尚に対抗する動きを見せるようですが…!?

司馬尚軍攻守共に完全無欠!?

司馬尚軍は王翦本陣にまっしぐらという雰囲気で、秦軍を蹴散らすというか、吹き飛ばしながら突進しているようです。

関常率いる玉鳳隊はそれを止めるべく司馬尚軍の脇腹に食いつくように突撃するようです!

関常は『玉鳳の横撃馬痺れるぞ!』と自信たっぷりに司馬尚軍に突っ込みますが、その報告を聞いた司馬尚はそれを全く意に介さず、部下を一人そちらに送るだけで脚を止めない!

王賁無しと言えども玉鳳隊の横撃を受けてびくともしない軍などあり得ないと思えますが、司馬尚軍は実際にそれにびくともしないようですね!

司馬尚軍は単純に攻撃特化の軍ではなく、防御力にも優れているようです!

並外れて頑丈で、圧倒的な腕力を持ち、更にスピードも兼ね備えるという完全無欠の強者…

それが司馬尚軍であるという感じですが、最後の防衛ラインと言えた玉鳳隊でも脚を止める事すらできず、司馬尚はついに本陣が見える位置にまで到達するようです。

王翦本陣には三万しか残っていない…
司馬尚軍も三万であるようですが、内容が全く違うという感じ…

王翦本陣は迫り来る司馬尚軍に弓隊で迎撃しているようですが、王翦はもう万事休す…

退却するしかないような雰囲気ですが、何か策を持っているのでしょうか…!?

しかし、そうなると王翦は李牧に手も足も出ずに完敗という事になりますが…

頭佐砦陥落も…

信と飛信隊一万はついに頭佐砦を攻め落とすようです!

やはり攻め落とすに難しくなかったようで、信達は勝ち誇って砦の中に突入!

中にいる趙の将兵達は最早全く戦う気はなく簡単に武器を捨てて投降しますが、それに違和感をおぼえる飛信隊…

続きを読む:  【確定】キングダム785話ネタバレ: 糸凌、獅子奮迅

あとは李牧を捕らえ首を取れば、この戦はかちなかわけですが、その李牧が見つからない!

必ずいるはずだから探し出せという事になりますが、その雰囲気を察した砦外の河了貂が何かに気づき、こんな子供騙しみたいな手に引っかかるなんて!と頭を抱えます。

河了貂も砦内に入りますが、河了貂が察した通りに既に逃走しています…

砦内には地下道があり、李牧はそこを通って脱出してしまっていたようです!

李牧の罠にまんまとハマり、悪戯に時間と労力だけを消費してしまった飛信隊…

その間に中央は大変な事になってしまっているわけですが、今から戻って間に合うのか?

飛信隊は何もできぬまま今回の戦は終わるのか?

秦の敗北は史実にも確定しているわけですから李牧と司馬尚が全て持っていってもおかしくないわけですが、ここまで見事にやられて終わるものなのでしょうか!?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です