ワンピース1079話 - シャンクスがロジャーの技を使う意味

ワンピース1079話 – シャンクスがロジャーの技を使う意味

この post を評価します

この記事では、ワンピース1079話の考察として、シャンクスがロジャーの技を使う意味についてを、

シャンクスがロジャーの技を使う意味は?〜ルフィが超えるべき存在〜

第1079話ではシャンクスがロジャーの技でキッドを打ち負かす様子が描かれるようですが、シャンクスがその技を使う意味は?
海賊王の技・神避

第1079話では、シャンクスが海賊王ロジャーの技『神避(かむさり)』で挑んできたキッドを返り討ちにするようです…

続きを読む:  ワンピース1088話考察: コビー現在の戦闘能力

『神避』は、今から25年前にとある島で勃発したロジャー海賊団と白ひげ海賊団の抗争で、当時は白ひげ海賊団にいた光月おでん様を触れる事なく軽々と吹き飛ばした技でしたが…

明らかに覇王色を纏い、覇気を体外に放出するような系統の技ですが、雰囲気はゾロの飛ぶ斬撃ににていますね…

ロジャーの動きを見るに、剣に込めた『覇王色+武装色』の『覇気』を剣を振ると同時に打ち出すというような感じですが、その技名は、おそらく神でさえ避けるような威力を持つというような意味だと思います。

覇気を弾丸のように打ち出すというのはヤマトもやっていましたが、かなりのレベルの猛者であってもできる者は少ないですよね…
八衝拳とか波動とか流桜とか、似たものはありますが、理屈とか概念は同じようなものでも四皇級のそれは全くの別物、別次元に感じられます…
おそらく修練を積めば誰でもできるというものではないんじゃないかと思いますね…

やはり覇王色を備えていて、その中でも特に強力な、カイドウが言っていた『一握りの強者』レベルじゃないと神避のような技にはならないんじゃないかと思います。

単に覇気を打ち出すだけではなく、おそらく物理的な衝撃波を発生させるくらいの覇王色の持ち主だけが、あんなレベルの技を出せる素質があると言う感じなんじゃないでしょうか?

シャンクスはロジャーと同じ技をロジャーと同等かそれに近い威力で再現しているんじゃないかと思いますが、シャンクスが神避を使うという事には特別な意味がありそうな気がします…

海賊王ロジャーの息子であり後継者

ロジャーにはエースという実の息子がいて、おそらく成長すればロジャー並みに成長していたんじゃないかと思いますが、エースは自分ではなく白ひげを海賊王にしたいと考えていた…

個人的には、エースの器はそこまでだったんじゃないかと思うんですよね…

覇王色を備える者が自分ではなく他人を王にしようと考えるのは、そういう事だったんじゃないかと思います…

続きを読む:  【ワンピース考察】シャンクスがワンピースを手に入れようと思った理由は何ですか?

しかし、ロジャーにはエースの他にまだ二人、息子と認識しても間違いではないような男がいますよね…

シャンクスとバギーは赤ん坊の頃からロジャー達に育てられたわけですから、血は繋がっていなくても親子関係にあると言えます。

バギーには力で海賊王になる才能は無いでしょうが、強運で七武海となり、今は祭り上げられているだけだと言っても四皇ですし、なんだかんだと野心はありますよね!

シャンクスはロジャーに勝るとも劣らぬ強さとカリスマ性を持ち、自らの力で四皇にまで上り詰め、更にワンピースを取りに行くと宣言しています…

また、神避というロジャーの技を使っているということは、個人的には我こそが海賊王ロジャーの後継者であり、次期海賊王だというアピールであるように感じられます!

キッドはおそらくシャンクスに触れる事もできずに神避によって倒されたんじゃないかと思いますが、リンリンを倒した男を海賊王の技で倒したのには、そういう意味があるように思いますし、なんだかルフィとの関係性も見えてきたように思いますね!

おれたちを越えていく者

ロジャーはラフテルから帰還した後、レイリーに『20年以上後おれたちを超える者が現れる』というような話をしていました…

しかし、仮にラフテルに到達してワンピースを手に入れてもロジャー達と同じ事をしただけで超えたとはいえないかも知れない…

もしかしたら、シャンクスはルフィより先にワンピースを手に入れてルフィが自分からそれを奪うという事でロジャーを超えさせようとしているのでは?

シャンクスは強さやカリスマ性においてもロジャーと同等か、それ以上なんじゃないかと思いますが、それを超えたならロジャーを超えたと言ってもいいでしょう!

すでに亡くなっている人間を超える事は不可能だから、シャンクスはロジャーの代わりにルフィが超えるべき壁となる…

それくらいじゃないかとロジャーと同じ夢の果てには到達できないんじゃないかと…

続きを読む:  【ワンピース座談会】バギーの躍動、海賊王への道が開かれる!!

シャンクスがルフィと交流していた頃はまだ四年でもなかったわけですが、ルフィがロジャーと同じ言葉をいい、『ゴムゴムの実』を食べ、自分達を超えると宣言した事が、もしかしたら今のシャンクスを作ったのでは?
シャンクスを今ほどに強くしたのではないか?

あの第一話は、シャンクスがルフィに道を示しただけでなく、シャンクスの生き方も変えたのかも知れない…

ルフィが海賊王の資格を得たシャンクスに挑んで、それを奪うという展開になるかも知れないなと、シャンクスが神避を使った事から、そんな事を思いました!

最後までお読み頂き、誠に有難うございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です