ワンピース1090話考察: 黄猿 vs 戦桃丸 二人の男の戦い

ワンピース1090話考察: 黄猿 vs 戦桃丸 二人の男の戦い

4.5/5 - (4 votes)

ワンピース1090話では、幼なじみである黄猿ボルサリーノと戦桃丸が激しい戦いを繰り広げます。 では戦桃丸はどのくらい強いのでしょうか? 誰が勝ちましたか?

ワンピース1090話考察:  黄猿の心意気について

ボルサリーノは上陸前に通信で戦桃丸と話をしていましたが、今は敵同士でありながら二人ともこれまでと変わらないようなフレンドリーな感じでしたよね…

続きを読む:  くまさんの生涯まとめ!

ワンピース1090話考察: 黄猿 vs 戦桃丸 二人の男の戦い

しかし、お互い立場を変えるような事もなくボルサリーノはベガパンク抹殺に、戦桃丸はベガパンクのボディガードとして、二人ともそれその今の本分を貫き通す覚悟であるようです。

ボルサリーノは今エッグヘッド島に攻撃すれば戦桃丸はパシフィスタとシービーストウエポンを使って反撃してくるだろうが、それによる味方の被害は計り知れないと言い、サターン聖はボルサリーノに上陸してエッグヘッドのセキュリティシステムを破壊するなどして反撃能力を殺すように命じますが、ボルサリーノはそれについては戦桃丸が全力で守るだろう…戦桃丸は自分と戦う覚悟を決めていると返すとサターン聖は無視すればいいと言いますが、ボルサリーノは覚悟を決めた男を無視するなんて自分のやり方に反するから出来ないと答えた…

ボルサリーノは任務を優先して戦桃丸を無視する事もできるわけですが、そうしないとサターン聖に宣言しているわけですから、やはり本気なんでしょう…

戦桃丸とボルサリーノには圧倒的な力差があるように感じられますが、もしかしたら戦桃丸はボルサリーノとて本当に殺す事を前提に全力で戦わないと勝てないくらい強いのかも知れないですね!

ワンピース1090話考察: 戦桃丸の覇気のレベルは?

第1090話では、戦桃丸とボルサリーノの激突によりルフィはエッグヘッドにかなりの強者がやってきた事を感じていますが、それは戦桃丸とボルサリーノの覇気が激突するのを感じたんでしょうね…

ワンピース1090話考察: 黄猿 vs 戦桃丸 二人の男の戦い

戦桃丸は2年前にルフィをまさに子供扱いするような強者ぶりを見せつけましたが、それは覇気を使える者と使えないものの差であると同時に戦桃丸が上位の覇気操作術を会得している事にもあったようです。

戦桃丸はルフィをバレーボールみたいに扱っていましたが、ルフィはあれについて触れずに弾く覇気だと理解していたようで、戦桃丸はやはり外に大きく纏う覇気操作術を使えるのは間違いない…

また、ルフィとの戦いでは全く本気では無かったようでしたし、あれから2年経過しているわけですから、戦桃丸は更に強くなっているはずですよね…

ルッチの不意打ちには簡単に背後から腹部を貫かれたわけですが、もしかしたら背面が弱点だったりするのかも?
しかし、背面は弱点ながらも前面については鉄壁だったりするんじゃないかとも思いますね…

第1090話では海軍大将であるボルサリーノの攻撃を完全に止めていますから、弱点はありそうではありながらも戦桃丸の覇気は中将クラスをはるかに超えていたりするかも?

ワンピース1090話考察: 黄猿 vs 戦桃丸 二人の男の戦い

中将クラスがボルサリーノの全力を一撃を完全にガードするなんて出来なさそうですからね…

また、防御だけでなく戦桃丸は2年前二波使わなかった自慢の鉞を使う可能性は高いかと思います。

続きを読む:  コビー海軍大将の夢実現は間近?|ワンピース1089話考察

鉞を使った時の戦桃丸がどんな実力を発揮するのか非常に楽しみですが、おそらく戦桃丸は海賊にすれば軽く10億越えの猛者であり相応の覇気を備えているように思います。

ワンピース1090話考察: 戦桃丸は死ぬ気なのか?

戦桃丸がどれだけ強かろうが、やはりルッチから受けた傷は大きな影響があるでしょう…

ワンピース1090話考察: 黄猿 vs 戦桃丸 二人の男の戦い

明らかに格上である相手に万全ではない状態で挑むという状況はまさに絶望的…

また、ボルサリーノも全力で来るのを戦桃丸もわかっているでしょう…

戦桃丸は単にそれだけの覚悟があるというよりは、実際に死ぬつもりでボルサリーノに挑んでいるのではないかと思います…!

彼はベガパンクのボディガードという立場を貫いているわけですが、ボディガードは対象を守るのが本分であり、おそらく戦桃丸はベガパンクに雇われた子供時代からずっとベガパンクを守る為に命を使う覚悟を持っていたんじゃないかと思います。

ベガパンクから味方になってくれと頼まれた際には乗り気ではない雰囲気でしたが、あれから第1090話に至るまでの言動を見るに結局は最初からベガパンクを守るつもりではあったはず…

おそらくボルサリーノを倒す自信なんか全くないでしょうし、万に一つの勝算なんかもないかと思いますが、ただ実直にベガパンクを守る為に全力を尽くすというスタンスなんでしょう…

その覚悟が潜在能力を引き出しボルサリーノを足止めできたならルフィ達も脱出の成功率はグッと上がるでしょうが…

しかし、戦桃丸が死んでしまうという展開だけは絶対に勘弁して欲しいし受け入れられない…

ルフィは戦桃丸を気に入っているようですから絶対に見捨てないでしょうから、途中でルフィにスイッチすると思いたいのですし、やはりボルサリーノを倒し得るのはルフィしかいないでしょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です