【確定】キングダム788話ネタバレ:カン・サロ進撃!王翦の心中!
2024年4月12日より「spoilerplus.net」ブランドは「mangaspoilerplus.net」に変更となります。

【確定】キングダム788話ネタバレ:カン・サロ進撃!王翦の心中!

5/5 - (4 votes)

【確定】キングダム788話ネタバレ:カン・サロ進撃!王翦の心中! キングダム 788 の主な展開を分析してみましょう!

キングダム 788話が公開されました。次のリンクから無料で読んでディスカッションに参加できます。➡ キングダム788話 Raw – 読んで議論する

【確定】キングダム788話ネタバレ

【確定】キングダム788話ネタバレ:カン・サロ進撃!王翦の心中!

カン・サロ進撃!王翦の心中!

前回、糸凌はジ・アガとの『死闘』を制し討ち取ったわけですが、最早一歩も動けぬくらいの重傷、まさに瀕死の状態となりましたが…

続きを読む:  【確定】キングダム784話ネタバレ: 王翦軍奮闘

申楽赫を討ち取ったカン・サロは友ジ・アガに別れを告げた後、糸凌のもとに行き、トドメは刺さないというようです。

よもやジ・アガを討ち取る者がいようとは思わず、糸凌の強さに敬意を表すと共に、ジ・アガへの手向けとして、傷からしてじきに死ぬだろう糸凌にはジ・アガがつけた傷によって死んでもらうと言って司馬尚の後を追うようです。

糸凌はもはや長くはもたないと自覚があるのか倉央の名を呟きながら泣いているようです…

カン・サロは武人として見事な戦いを演じた者には敵味方問わず敬意を表するというのは、まさに武人の鑑と言えますよね…

趙軍にはあまりいないタイプだと思いますが、やはり司馬尚がそういう部下を育てられる男だという事なんでしょう…

また、第788話では、今の状況に対して、これまで多くを語らず淡々とした様子だった王翦の心中が明らかになるようです。

倉央・田里弥の軍と関常の玉鳳隊の奮闘により司馬尚軍の脚色は鈍っているが、それでもジリジリと王翦本陣に迫ってきているという状況であるようです。

王翦の側近達はせめて王翦だけでも後退すべきだとか、今王翦が退がれば士気が低下し司馬尚軍を防ぎきれないとか、色々と声が上がっている中、王翦は未だ淡々とした様子であるようです…

王翦はこの状況に陥ったのは李牧の二つの策…早々に信の飛信隊と王賁の玉鳳隊が封じられた事、また、司馬尚率いる青歌軍の実力が自分の想定以上だった事にあり、このまま司馬尚を討ち取れないとこの戦は完敗…

李牧に策負けしたと認めると王翦は思っているようです。

しかし、李牧とて危うい状況にあると王翦は分析しているですね…

亜光軍反転!王翦軍の士気上がる!

王翦は司馬尚さえ討つ事ができたなら青歌軍は急激に力を失い問題なく勝てると考えているようで、それさえ果たせれば左翼に自身の側近の強軍を集中させている事からして今度は李牧が危うくなると、やはり司馬尚討伐に勝機があるとみているようです。

続きを読む:  キングダム781話 Raw – 読んで議論する

そこに、何と亜光軍が反転し司馬尚軍に襲いかかるという展開になるようですね!

亜光はやはり深傷を負い血塗れですが、雄叫びを上げ敵兵を蹴散らしながら進軍しているようですが、楽彰もそれを追っているです。

楽彰は亜光と亜光軍の強さは想定以上だと感じているようですが、亜光軍という存在は単に司馬尚に対する兵力増強というだけでなく、王翦軍の士気を大いに高める効果があり、王翦軍は青歌軍を勢いで上回るような状況になるようです。

それを察した田里弥は自分の手勢に対して田里弥軍は捨て兵となるから、構わず先に進めと倉央に叫んでいます。

田里弥はもう自分は助からないと思っているのではないかという感じみたいで、命の限り王翦を守り戦い抜くという覚悟を固めたのかも知れないですね…

倉央もそれに応え、必ず司馬尚を討ち取ると覚悟し、進軍するようです。

司馬尚軍は王翦軍の総攻撃を受ける形になってきているようですが、それでもやはり表情が変わる事はなく、王翦を討ち取るべく前進を続けるつもりであるようです。

王翦は李牧が司馬尚を討ち取れる者は王翦軍にいないと見ているのだろうが、こちらが司馬尚と青歌軍の実力が想定以上だったように、李牧は王翦軍の実力が想定以上だと思い知る事になると確信しているようです。

確かに司馬尚さえ討ち取るされば、王翦軍はまさに反転攻勢となるのは明白だと思いますが、司馬尚を討ち取れるような者がいないのは事実かと思います。

やはり信と王賁の力が欲しいですよね…!

キタリ番吾城へ迫る!

李牧は今、自分の策が完全にはまっている状況で有利なわけですが、そんな状況を思わせない厳しい表情で戦況を見守っているようです。

おそらく、これまでにやるべき事は全て滞りなくやり切っているはずで、それも成功しているわけですが、それでも相手は王翦…

また、最も厄介な男である信は本戦から遠ざけていますが、討ち取っているわけではない…

常に想定以上の働きをする故に厄介なわけですから、やはり一抹の不安はあるのではないでしょうか?

そこに報告が入ってくるようですが、それが壁救出に向かっているキタリ達の動きに関するもの!

続きを読む:  キングダム781話の分析: 田里弥必殺部隊の実力は?

楊端和軍の中の一軍が骨ミン伯将軍の包囲を破り、現在番吾城に向かっているという状況が報告され、李牧本陣では叫び声が上がっているようです。

キタリ達は少ない手勢での城攻めになるわけですが、おそらくキタリ達が救出に来たと知れば壁達も呼応するように内部から何らかの行動を起こすでしょう!

城を攻め落とす必要はないと思いますが、このキタリ達の動きは李牧の想定外の事であるはずですよね…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です