【確定】キングダム789話ネタバレ:亜光と倉央走る!

【確定】キングダム789話ネタバレ:亜光と倉央走る!

3.7/5 - (6 votes)

【確定】キングダム789話ネタバレ:亜光と倉央走る! 前回は王翦が現状に対する心境と見解が明らかになり、まだ勝機はあると考えている事、またキタリが番吾城に到達した様子が描かれましたが…

次のリンクからキングダム 789話 に関するディスカッションに参加できます。➡ キングダム789話 Raw – 読んで議論する

【確定】キングダム789話ネタバレ

【確定】キングダム789話ネタバレ:亜光と倉央走る!

キタリ番吾城到達も李牧は動ぜず

前回ラストにてキタリとメラ族の部隊が趙軍の包囲を破り番吾城に到達したという様子が描かれましまたが、李牧はその報告を聞いても一切動じていない様です。

続きを読む:  キングダム780話ネタバレ: 王翦VS司馬尚はどうなる?

壁は番吾城には何か仕掛けがあると言っていましたから、李牧が動じない根拠はそれにあるというのは間違いないところでしょうね…

また、キタリとメラ族の兵力がどれほどか明らかにはなっていないですが、どう考えても城攻めを成功させられるような兵力ではないように思います。

それらを踏まえ、史実では秦軍は今の番吾の戦いにおいて番吾城を落している事になっています。

過去にも書かせて頂きましたが、番吾城に捕虜として囚われている壁達は衰弱しているながらも決起する事を考えており、おそらくキタリ達が番吾に迫っているという状況から番吾城内の雰囲気が変わり、壁がそれを察して動き出す可能性があるかと思います。

また、キタリは楊端和の命を受けたわけでなく独断でメラ族を率いて動いていますから、番吾城を落とすというよりは壁の救出を目的としてやってきたはずです。

李牧がどのような仕掛けをしているのか、まだ全くわからない状況ですが、壁とキタリ、内外の呼吸がガッチリと合う事により、二人が李牧の想定を超えるような展開になる可能性は高いかと思います!

キタリ達の活躍により番吾城が落ちるというよりは、壁達が城内で決起し、内から城門を開く事によってキタリ達が城内に突入し城が落ちるみたいな展開になるような気がします。

李牧は捕虜達がまとまってそんな力を発揮するとは想定しておらず、壁が将軍であるというのがバレていないのが想定を超える要素になるのではないかと思いますね…

また、王翦は更に追い込まれるようです!

司馬尚が王翦に肉薄!

現在、王翦本陣は司馬尚軍の猛攻に晒されていますが、司馬尚軍は後押しを失い勢いは落ちてジリジリ前進を続けるという状況…

それに対して亜光軍、また田里弥軍のサポートを受け司馬尚軍に突っ込む倉央軍、関常率いる玉鳳隊に後方を突いている状況…

カン・サロと楽彰が迫っているという状況もあるわけですが、司馬尚軍は王翦軍の一斉攻撃を受けているという形になっていますね…

続きを読む:  【確定】キングダム780話ネタバレ: 倉央VSジ・アガ!亜光VSカン・サロと楽彰!

しかし、やはり司馬尚は怪物であり、矛を一閃する度に立ちはだかる王翦軍の兵が数人倒れていくという状況は続いており、司馬尚はついに王翦の目の前にまで到達してしまうようです!

王翦の周りには、ボディガードのような本当に最終防衛ラインと言えるような、わかずかな兵にしかいないという状況になってしまうようです!

つまり、司馬尚があと矛を数回振れば王翦の首が地に落ちているというような、まさに絶対絶命というような状況であるわけですが、王翦はそれでもまだ諦めたりしていないようです!

王翦は司馬尚を討ち取りさえすれば反転攻勢は成ると考えているわけですが、現状、王翦に司馬尚を討ち取れるような可能性はゼロだろうと思いますし、可能性は一番近くにいるだろう亜光と倉央にしか無いものと思われます。

王翦が他に何か準備をしているようには見えないですし、王翦がまだ勝ち目があると考える根拠は部下達に対する信頼感でしょう…!

常勝将軍・王翦と言えど、今日の地位を築くまでには何度も今のような修羅場を潜り抜けてきた経験があっての事でしょうし、今回も潜り抜けられるという自信もあるのだと思います。

しかし、司馬尚はやはり怪物であり、今のところまだ疲れも見せていない…

わずかな兵達による薄い防壁の向こうに司馬尚が透けて見えている様な状況から王翦はどう生き延びるのか?

亜光と倉央、走る!

王翦がわずかな兵に守られるだけという絶対絶命の状況にあり、まだ逃げずに動じないというのは部下達に対する信頼感からの事だと思えますが、その信頼に応えるように、亜光と倉央が王翦のもとに走り、間に合うようです!

おそらく亜光と倉央が間に合う事により、王翦は両軍に守られる形で後方に下がるような展開になるものと思われますが…

亜光と倉央が間に合ったのは、彼らの奮戦が直接的な原因だと思いますが、司馬尚は後方から攻撃してくる将はみずから屠るから通せと言っていましたから、おそらく、それも影響しているものと思われます。

しかし、亜光と倉央が間に合ったとて、二人に司馬尚をどうこうできるほどの力があるのか?

王翦は二人が司馬尚を討ち取ると確信しているようなんですが、これまでの司馬尚の強さを見るに、そう確信できる根拠が見えてきません…

王翦は亜光と倉央が司馬尚に匹敵する武を持ち合わせていると評価しているとして、その根拠がわからない…

二人がどうこうと言うよりは、二人の軍が到達する事により、数の力で司馬尚を包囲し孤立させ、討ち取るというような策を考えているのかも知れないですが、これまで異常な突進力を見せてきた司馬尚の力を見るに包囲するという事も無駄であるように思えます。

しかし、仮に司馬尚を獰猛な獣だと考えてみるに、討ち取るには力づくで望むよりかは、知恵と工夫で討ち取ろうと考えた方が可能性は高いように思います。

続きを読む:  キングダム770話ネタバレ確定速報!|総大将は王翦!

王翦はやはり、李牧のように後方に下がりながら司馬尚軍を縦長みたいな状態に引き伸ばし、弱体化させるのを狙っているのかも?

それにも亜光と倉央をはじめとする全軍の更なる奮戦が必要だと思いますが、そうするうちに王賁や信が駆けつける可能性もあるでしょう…

正念場は更に厳しい状況になり続くようですが、このまま史実通りの敗北という展開にはなず、やはり司馬尚を撃退するくらいの事はあるようには思いますね!

Via Gorilife

Responses (2)

  1. >>後方から攻撃してくる将はみずから屠るから通せと言っていました

    後方からの将なんて一言も言ってないですよ。前からくるモブ2隊のことで将とすら言ってないです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です