キングダム788話ネタバレ考察: カン・サロの足止めは不可能か?
2024年4月12日より「spoilerplus.net」ブランドは「mangaspoilerplus.net」に変更となります。

キングダム788話ネタバレ考察: カン・サロの足止めは不可能か?

5/5 - (4 votes)

キングダム788話ネタバレ考察: カン・サロの足止めは不可能か? この記事ではキングダム788話の内容を中心に考察していきます!

キングダム788話ネタバレ考察: カン・サロの足止めは不可能か?

キングダム787話は以下のリンクから無料で読むことができます。➡ キングダム787話 Raw – 読んで議論する

キングダム787話のあらすじ

キングダム787話の全体のあらすじと考察は以下のリンクに載せています。 ぜひアクセスして読んでください!➡ 【確定】キングダム787話ネタバレ: アガを討ち取るも瀕死!

続きを読む:  キングダム781話の分析: 田里弥必殺部隊の実力は?

キングダム788話ネタバレ考察

カン・サロの足止めは不可能か?

カン・サロは申赫楽を斬り、相棒ジ・アガを見送り、司馬尚の後を追ったわけですが、これを止められる戦力は秦側には無さそうですね…

山秀が生き残っているものと思いますが、実力的にカン・サロをどうにかできるとも考えにくいですね…

亜光が楽彰を討ち取ったなら、引き返してカン・サロの後方を突く事もできそうですが、それをすると、おそらくは趙軍が更に後方から軍を送り込んできた時に食い止める者が誰もいないという事にもなりますね…

全員でディフェンスにまわれば、それこそ更に李牧の思う壺になりそうな気がします…

カン・サロもジ・アガを討たれた事で固い覚悟が更に固まっているでしょうから、今まで以上に強くなっている可能性は高い…

最後の頼みは関常率いる玉鳳隊ですが、やはり目先の司馬尚を防ぐ為にカン・サロの進撃を止めるという事の為には動けないのではないでしうか?

仮にそう動いたとして、関常がカン・サロをどうにかできるとも思えない…

王翦軍が今のような状態になったのは、李牧の思惑にはまってしまったという事が大きいとは思いますが、更に輪をかけて青歌軍に対して圧倒的に武力不足が原因だと感じられます。

糸凌がジ・アガを仕留めたのは非常に大きいとは思いますが、それでも対局は変わらない…

カン・サロはこのまま倉央と田里弥の後方に突撃する展開になりそうですね…

三将戦死全滅の可能性大?

王翦はこれまで育て上げてきた信頼する有能な三将を全て失う可能性が高いのではないかと思います…

続きを読む:  【確定】キングダム791話ネタバレ: 秦が諦めるまで勝ち続ける

現在、倉央と田里弥は司馬尚軍の後方から突撃している状況ですが、その報告を聞いた司馬尚は全く動ぜず、自分が屠るから通せと言っていました…

誰を屠るのかと言えば、やはり軍を率いている倉央と田里弥を指しているとしか思えない…

また、倉央と田里弥が司馬尚をどうにかできると思えないですし、田里弥は元々参謀タイプですし今は深傷を負っている状況…

田里弥は何もしなくても失血死してしまいそうな雰囲気でもある…

更に後方からカン・サロが攻撃してくる可能性が極めて高いわけですから、やはり一番戦死の可能性が高いのは田里弥だと思います。

また、倉央も元々自分の武力を頼みにズンズン進撃するタイプではないわけですし、その典型にして究極みたいな司馬尚に叶うわけがないと思います…

一撃で両断されてしまう可能性は高いかと思いますね…

また、亜光もすでにかなりの深傷を負っていると思いますが、楽彰にも深傷を追わせていますね…

おそらく亜光は楽彰を討ち取るだろうと思いますが、亜光はそれで力尽きる可能性が高いかと思いますね…

もう既に限界をはるかに越えているでしょうし、楽彰を討ち取った後に更に後方から趙の予備軍が送り込まれてくる可能性は高いと見ますので、それを食い止めるべく戦い、討死するのではないかと思っています…

王翦はもはや退却するしか実はないと思われますが、退却するにも極めて困難ですよね…

信と王賁は王翦を救えるか?

信はおそらく元々いた右翼に戻るのではなく王翦本陣を目指していると思いますが、信が間に合えば、やはり司馬尚をどうにかできそうなのは信ですよね…

しかし、信が司馬尚を討ち取れるかと言えば史実ではそうなっていないですから、食い止めるという事しかできないでしょう…

そこに王賁が加わったとしたら話は変わってくるでしょうね…

撃退するというような可能性も出てくると思います。

そうなるとしたら、やはり右翼の戦いは放棄して中央に合流するというような形になるのではないかと思います。

続きを読む:  キングダム780話 Raw – 読んで議論する

現状、右翼については戦っている意味がないとも言えますよね…

左翼がどうなるかはわからないですが、右翼は敵もかなりのダメージを受けているでしょうし追撃があるかどうかも微妙だと思います。

結局、王翦は三将が時間を稼ぐという形で王翦を守り、救うのは信と王賁ではないかと思います。

楊端和も今の状況を知らないわけないと思いますから、楊端和が来るという可能性もあるでしょう…

結局、今の状況からして全軍退却という展開は必至でしょうから、もはや右翼も左翼もないだろうと思いますし…

やはり王翦は李牧に完敗…

それは前回の戦いで王翦が閼与から動かなかった事から見えていたともいえるかもしれないですね…

Responses (2)

  1. 連載ちゃんと読んでます?倉央と田里弥は司馬尚の後ろから、王翦が放ったモブ2隊は前から。司馬尚が通せと言ったの前から来るこの2隊の事ですよ?

  2. 前方から2隊来てます(王翦側)→無理に止めずとも良い、ここまで通せ、俺が屠る。
    なので<<誰を屠るのかと言えば、やはり軍を率いている倉央と田里弥を指しているとしか思えない…

    は少なくともコマ割り的には違うかと。王翦側から来てるモブ隊の事だと思います

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です