【確定】ワンピース1099話ネタバレ「平和を愛する者」

【確定】ワンピース1099話ネタバレ「平和を愛する者」

4.2/5 - (16 votes)

【確定】ワンピース1099話ネタバレ「平和を愛する者」 | ワンピース1099話の初期情報を入手しました。下にスクロールして読んでください!!!

表紙の読者リクエスト:おでんの髪に3匹のタヌキがセットされています。

ベコリ王は、ゴア王国の王がそこで何をしたか(「灰色のターミナル」を焼き払う)についてのニュースを聞きました。 それで彼は今、ソルベ王国でも同じことをしている:村を焼き払い、抗議する人々を射殺している。
クマは我慢できなかった

クマは耐えられなくなって宮殿を破壊し、ベコリ王を倒しました。 この出来事は後に「ソルベの一人革命」と呼ばれるようになりました。 その直後、メアリー・ジョワーズでセイント・サターンはソルベ王国に新しい王が誕生したという知らせを聞いた。

続きを読む:  【確定】ワンピース1110話ネタバレ:ゾロがルッチを倒す

人々の願いを断れなかったクマはソルベ王国の国王となる。 しかし彼は今も教会に住んでおり、実際にソルベ王国を運営しているのはブルドッグ王(先々代の国王)である。

ある日、ボニーは誤って「トシトシの実」(いつ食べたのか、なぜソルベ王国にあったのかは不明)を食べてしまい、大人の姿(現在と同じ姿)に変身してしまう。 。 誰もが彼女がジニーだと思ってショックを受けました。

キング・ブルドッグは母親のコニーと一緒に教会を訪れます。 ボニーはコニーを見ながら変身の練習をしようとしたため、以前の姿はコニーに非常に似てきました。 この部分では、人々がお互いを混同し続ける面白いシーンがあります。

キング・ブルドッグはクマに悪い知らせをもたらします。 再び逃亡した元国王ベコリは現在、世界政府を味方につけています。 クマは権力を得るために彼を打倒し、現在はソルベ王国の邪悪な支配者であると報告されています。 そこで海兵隊はソルベ王国を取り戻すためにベコリに兵力を貸​​すことになる。

クマはベコリを大切にしようと決意するが、それではソルベ王国に居られなくなる。 クマはソルベ王国をブルドックに託した。 彼はボニーを連れて城で一緒に暮らし、ボニーが自然光に触れないようにするつもりだ。
それからクマはベコリに直接会いに出かけました。 ベコリさんは海の真ん中で海兵隊の艦隊に護衛された。

ベコリ「殺せ!! 奴は私から王国を奪った『暴君』だ!!」

クマはすべての船を自ら沈めた(ベコリが死んだかどうかは分からない)。

この事件の後、クマは海へ逃亡し、海賊となった。 彼には多くの残酷なあだ名があり、その強さのおかげで非常に高額な懸賞金が掛けられています(この章では彼の懸賞金は確認できません)。 一方、ボニーはソルベ王国の城でコニーに守られて暮らしていた。

ボニー「10歳になったら、お父さんみたいな海賊になってやる!!」
クマはボニー病の治療法を見つけるために世界中を旅します。 彼はサボディ事件の際に麦わらの一味を送り込んだすべての島を訪れ、トリノ王国の人々、ウェザリアの科学者、ボイン諸島のヘラクレスと対話する…アブドーラやジートでさえもクマの賞金首を横取りしようとした、しかしクマはそれらを破壊しました。 船。

続きを読む:  ワンピース1100話ネタバレ: ニカとくまがエッグヘッドで出会うか!

海の真ん中の船「風グランマ号」で、クマはついにドラゴンと再会する。 現在の革命軍司令官は全員参加しています(サボとコアラを除く)。 ドラゴンはクマに、イワンコフとイナズマは二人とも捕らえられ刑務所に送られたと告げる(これについてのさらなる詳細は示されていない)。 一方、クマは「王」になり、「暴君」になり、そして今度は「海賊」になった。

ベロ・ベティがクマに何かを尋ねた

ベロ・ベティ:「私は東部軍の司令官になりたいのですが、ドラゴンはあなたの許可がない限り、その地位を誰にも与えません…」

クマ「口の悪い女が指揮官になるのか!? わかった!!」

ドラゴンはクマにベガパンクについて話す。 ドラゴンはパンクハザードにいる間はベガパンクに会えなかったため、クマにベガパンクを紹介しなかったと語った。 しかし、ちょうどパンクハザード(シーザー・クラウンの大爆発)で「事故」が起こり、ベガパンクは研究室を移転せざるを得なくなりました。

ドラゴン:「新しい研究所の防御はまだ弱い、今すぐ会いに行ったほうがいい。

クマ「ありがとうドラゴン!!

ボニーを治せるなら、また一緒に戦いたい!!」

ドラゴン「運命を吹く『風』に託せ、我が友よ!!」

ボニーの話に戻りますが、彼女は戦い方を学んでおり、子供の姿で訓練すると白兵戦で大人を倒すことさえできます。 くまはボニーに会うためにソルベ王国へ向かう。

クマはボニーを箱に入れて、まだ冬の島であるエッグヘッド島に連れて行きます。 彼らはまだ頭が大きいベガパンクと出会う。 ベガパンクとクマが話している間、ボニーは戦桃丸と遊んでいます。

ベガパンクはクマに、ボニーの病気は治せる、一般の病院では使われたことのない新しい細胞移植技術を使うが、その費用はロボットを作るのと同じで非常に高額になると告げる。

ベガパンクはくまの血液を検査し、くまが海賊であることを知りショックを受けた。 ベガパンクは、なぜクマが自分のような政府の人間に会いに来るのかと尋ねます。 クマはドラゴンを信頼していると言う。 クマはベガパンクに自分の血が人間の血とどう違うのかを尋ねます。 ベガパンクは「無い」と言う。 明確な説明をするにはサンプルが不足しています。

続きを読む:  ワンピース 1078話ネタバレ: ヨークの持つ夢・ラストのナレーション

ベガパンク「クマ!! オレが作るつもりのクローン軍団の宿主になって、無料でボニーを治してやる!!」

クマ「ボニーのためならどんな条件でも受け入れるよ…でも、あなたの分身はどうする?」

ベガパンク「彼らは海兵隊になる!! レーザーを発射させて悪い海賊を倒し、強い体を持たせて罪のない人々の盾にしてやる!!」

メアリー・ジオーズに移ると、セイント・サターンが実際に彼らの会話をすべて聞いていることがわかります。

サターン「あのベガパンクはこのチャンスをどう活かすか分からない。私には別の考えがある…」

エッグヘッド島に戻っても、クマとベガパンクはまだ話しています。

クマ「最初は悪魔でもどんな条件でも受け入れるつもりだった。でも、分身で人の命を救えるなら、そのために私は生まれてきたのかもしれない!」

ベガパンク「お前は聖女だ!!」

クマ「いえ、私はただの『パシフィスタ』です!!」 (クマさんは「パシフィスタ(7179)」をカタカナで「エ」と表記しています)。

ベガパンク「その言葉いいね!

それを使って、私たちが生み出す『未来の戦士』を呼ぼう!!」

章の終わり、来週は休みなし。

 

Responses (3)

  1. 戦争に終わりがないのではない。
    終わりのないものを我々は戦争と呼び、週刊連載もまた、それらと同等の意義を成すものなのである。
    つまり、ワンピースとは戦争であり、週刊連載であり、終わりのない物語なのである。

  2. これだけくまの回想長いと、あと数年で終われるとはとても思えない

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です