【確定】ワンピース1102話ネタバレ:くまの命

【確定】ワンピース1102話ネタバレ:くまの命

3.5/5 - (8 votes)

【確定】ワンピース1102話ネタバレ:くまの命 | ワンピース1102話最新情報を更新しました。下にスクロールして読んでください!

この章はくまの生涯と展示に焦点を当てています

【確定】ワンピース1102話ネタバレ:くまの命

表紙の読者リクエスト: ボニーはオオカミの群れが作ったサンドイッチを食べています。

この章はボニーの旅から始まります。 ボニー海賊団はくまを探してある島へ旅していた。 そこにはいたが、ボニー海賊団が到着した時にはすでにくまはワープして去っていった。

ボニー海賊団は攻撃後、常に負傷した子供や老人を大量に残していたため(彼らは実際にはボニーの力によって変身した海兵隊でした)、海兵隊は彼らが本当に邪悪な海賊であると信じていました。

くまはボニーが自分を探していることに気づいていたが、彼女には会えないと判断した。

続きを読む:  ワンピース1089話公式内容:麦わらの一味はヨークを倒した?

ルフィが初めての賞金首を獲得したシーンへ。 ジャンプフェスタ2024で披露されたルフィのリアクションとリアクションページ(エース、ジンベエ、サボ…)が見られます。

その少し後(エニエス・ロビー事件中)、くまはエッグヘッド島のベガパンクを訪ねた。 ベガパンクは生産されているパシフィスタ軍団を見せ、エニエス・ロビー事件について話した。

くまはベガパンクにルフィがドラゴンの息子であることを明かしました。 くまはベガパンクにすべての記憶を与えるとすでに約束していたので、ベガパンクにこの情報を隠しても無駄であることを知っていました。 ベガパンクはルフィがドラゴンの息子であることを信じられません。

くま「ゴムの力を持った少年が世界政府にどう立ち向かうのか気になる…」まさに伝説の「ニカ」!!」

ベガパンク「そうだよ、ペペペ!!」

それからサーラーバーク事件に移り、くまの視点からそれを見ます(くまは麦わらの一味がモリアと戦っているのを見ました)。 事件後、くまはでんでん虫から白ひげとの戦争準備を命じられる電話を受ける。

シャボンディへ向かう。 ボニーの紹介シーンが見られますが、今度はくまが実際にはレストランの外に隠れて窓からボニーを眺めていたことがわかります。 くまはボニーを見て微笑んだ。
くま「強い海賊に成長した!!」

「天竜人事件」を聞いたくまは、すぐさま人間オークションの屋上にワープし、中を覗いた。 ルフィが魚人を守るために天竜人を殴ったことを知り、くまはショックを受ける。

くま「これは何世紀にもわたって誰も出来なかった反逆行為だ!!」
そして、シャボンディ事件(黄猿・戦桃丸・パシフィスタVS麦わらの一味)をくまの視点で見ます。

ルフィ「救えなかった…!!」

仲間が一人もいない……!!!!」

くま(心の中で思いながら)「そんなことはないよ。

皆さんはまだ新世界への準備ができていません。

覚悟が出来るまで来るなよ、君はいつか世界を救うかもしれない男だから!!」
エッグヘッド島では、サターンはベガパンクに、念のためくまに追加の自爆スイッチを入れるよう命じた。 ベガパンクはくまの意識を維持できる他の方法を交渉しようとしたが、サターンはくまの心を消去する必要があると主張した。
サターン「私も科学者だ。嘘をつくのは無駄だよベガパンク!!」

続きを読む:  【確定】ワンピース1114話ネタバレ:ベガパンクが「空白の世紀」を語る!

「日常」最後の日(マリンフォード頂上戦争直前)、くまとベガパンクは別れを告げた。 ベガパンクは戦争で白ひげ海賊団と戦うようにくまをプログラムしましたが、くまはベガパンクにサウザンド・サニー号を守るようにプログラムするように頼みました。
くま「麦わらの一味の成長が見たいです…」

でも私にはそれが出来ないから、せめて家だけでも守りたい!!」

ベガパンク「くまさん、なぜそこまでルフィを信じるのですか?」

くま:「ニカ」が単なる伝説だということは知っています。

しかし、私はボニーに、いつか「解放の戦士」が彼女を解放するために来ると約束しました。

ルフィの感動の行動は俺だ!! いつか海を変えるかもしれない男だと思うよ!!」

くまは約束通りベガパンクに記憶を渡した。 くまの記憶は元の記憶のコピーのようなもので、くまは能力で引き抜いても何も忘れません。 また、記憶は誰かに触れると消えてしまうため、ベガパンクは記憶球そのものに触れずに記憶を観察・研究するシステムを開発した。

くまが記憶を引き出すと、くまの人生全体が目の前に浮かび上がり、くまの愛する人々の顔がすべて見えます:彼の父親、母親、イワンコフ、ジニー、ボニー…

次に、非常に感情的なシーンで、ベガパンクが涙を流しながらマシンのレバーを引くのが見られます。 機械はくまの意識を消去し始め、エッグヘッド島には光線が輝いていました(くまが人々からダメージを受けたときの教会のように)。 科学者全員と戦桃丸は一緒に祈り/敬礼していました。

この章の最後のページで回想が終わり、エッグヘッド島の「ニキュルーム」に切り替わりますが、くまの記憶のある球体は消え、ボニーは床で泣いています。

この章はベガパンクにボニーに伝えるように頼んだくまの最後の言葉で終わります。

くま:「ボニー、10歳のお誕生日おめでとう!!!」

この章の終わり。 来週はお休みです(クリスマス休暇のため、少年ジャンプはありません)が、おそらく次の章はもっと早く掲載されるでしょう。

引き続き更新していきます!!!

続きを読む:  コビー海軍大将の夢実現は間近?|ワンピース1089話考察

いち早く情報を受け取るには、X でフォローしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です