ジニー誘拐の黒幕はサターン聖!?|ワンピース1098話考察

ジニー誘拐の黒幕はサターン聖!?|ワンピース1098話考察

3/5 - (2 votes)

ジニー誘拐の黒幕はサターン聖!?|ワンピース1098話考察

ジニー誘拐の黒幕はサターン聖!?|ワンピース1098話考察

天竜人はバッカニア族を見逃さない

第1096話では、くまはイワンコフとジニーをはじめとする五百人もの奴隷達を救い、ソルベ王国へと逃げ切れたわけですが、その前にくまが対面したサターン聖はニカの伝説を語り継いでいて、その精神性を継承するバッカニア族は滅びねばならない存在だというような事を言っていました…

しかし、バッカニア族はおそらく、くま一人を残して絶滅と言えるような状況にあるわけで、今更くま一人に拘るのかというような気もしますよね…

それでも天竜人達はくまを虐めに虐め抜いてきたと言えると思いますので、天竜人達は例え最後の生き残りだろうがなんだろうが、バッカニア族は絶対に許さないし見逃さないというようは強い意思を感じさせます…

天竜人がバッカニア族に拘るのは、やはりニカという存在との精神的な繋がりに根差した思想に理由があると思いますから、一人のバッカニア族を取り逃す事が面倒な事態に繋がるというような脅威を感じるのもわかりますが、やはり一人しかいないというのは、現実的に見てそこまで脅威とは思えない…

仮にくまがニカの伝説を広め、民衆に希望を与えたとしても、くまのように自分がニカになろうとするような人間などほとんど出てこないでしょうし、天竜人達なら、そういう集団がいたとて、反社会的なカルト集団として壊滅させる事は容易いでしょう…

ですから、やはりくまに対する拘りには狂気じみた偏執を感じるのですが、要は天竜人は絶対にバッカニア族とニカ伝説を絶滅させるのだという非常に強い意思を持っているという事であり、くまに対する拘りは、そのままバッカニア族という種族に対する天竜人達の憎悪や恐怖などの感情の現れかと思います。

それならひと思いにくまを処刑すればいいだろうと思いますが、それでは満たされないような嗜虐的な感情もあるのでしょう…

脳改造されたくまを奴隷にして虐めて喜んでいたのは、その典型的な例になると思いますが…

また、第1097話でジニーが誘拐されたというのも、おそらく黒幕は天竜人…サターン聖ではないかと思います…

続きを読む:  ワンピース1091話ネタバレ: 「戦桃丸」ルフィvs黄猿! ゾロvsルッチ

ジニー誘拐の黒幕はサターン聖?

第1097話では、革命軍幹部となり、近々久しぶりにくまと再会できると喜んでいたジニーが誘拐されたというニュースがドラゴンのもとに届いていたわけですが、個人的にその誘拐事件の黒幕はサターン聖である可能性が高いと思っています。

殺害ではなく誘拐するという事は、何か交換条件みたいなものが用意されているものと思われますが、それはおそらく、くまの身柄だろうと思います。

おそらくサターン聖はくまとジニーの関係を知った上でジニーを誘拐し、ジニーを人質にすればくまが従順にいう事を聞くはずだというような考えをもち、それを行動に移したのだろうと思うんですよね…

おそらく、ニカ伝説を知るくまが革命軍という組織にいる事が危険だというような考えもあるのだと思いますが、それ以前にやはり天竜人達はバッカニア族であるくまを激しく憎悪して偏執的な拘りを持っているのが最大の理由かと思いますが…

過去に、サターン聖はくまをソルベ王国の国王にし、ニカになりたいというくまの意思とは真逆の事をソルベ王国国民に対してさせる事により苦痛に与えようとしているのではないかと書かせて頂いていますが、天竜人達ならそういう事ができるでしょうし、実際にやりそうですよね…

ソルベ王国を奴隷国家にし、くまを奴隷の王にする事で、くまを苦しめ虐め抜く…

これも過去に書かせて頂きましたが、くまは天竜人という神々から呪われているのだと思います。

呪いというのは、それをかけてきた相手が死ぬか呪うのをやめない限りは、ずっと呪いの対象を苦しめ得るものだと思いますが、くまの場合はまさにそれに当たるような気がします…

また、その呪いは家族や近しい人間にも影響を及ぼすことは、くまの父親クラップが政府に囚われる事により妻と息子を巻き込んだ事で証明されていますが、やはりくまもジニーを巻き込んでしまったのかもしれない…

続きを読む:  ワンピース1085ネタバレ: イム様にとってリリィ女王の存在

また、くまの人生にはサターン聖が大いに絡んでいるようですから、今回の事もそうだろと思うんですよね…

ジニーはどうなるのか?

ボニーの記憶の中には、『お父さん』はいても『お母さん』は全く登場しませんよね…

ジニーが大喰らいでありプロポーション抜群のキュートな女性だという要素からして、ジニーがボニーの母親だと言うのは間違いないように思いますが、ボニーの記憶の中に登場しないという事は、ジニーはやはりボニーを産んですぐに亡くなっている可能性が高いかと思います。

個人的にはジニーはくまを言いなりにする為の人質であり、ジニーが死亡した後はボニーがその代わりを強要されたのではないかと思いますが、おそらくくまはソルベ王国の王にされ、天竜人達の言いなりにめちゃくちゃさせられていたんじゃないかと思いますが、それを見ていたジニーはくまの事を見ていられず、もしかしたら自殺してしまうのではないかとも思いますね…

結局、くまは天竜人を倒さない限り幸福になる事はできず、また、自分の不幸に巻き込んでしまう事も自覚していたからこそ、革命軍をも抜ける事になったじゃないかと思います…

一人の人間を虐めて虐めて虐め抜くという行為は天竜人の異常性を表現するにこの上ない方法と思いますが、くまの人生を見るに、そのようにしか考えられないんですよね…

歪んだ性格のいじめっ子は、人して何らか正しい信念を持っているような子供の信念をへし折り、それを支配しようとしたりしますが、虐めても折れない者に対してはエスカレートしていくものですよね…

くまとサターン聖をはじめとする天竜人達の関係はまさにそれだと感じます…

天竜人達はくまを脳改造し奴隷にする事で完全に屈服させ支配したように思っていたようですが、くまはおそらくニカという希望を失っておらず、人生の最後に必ずニカになるという夢を果たすだろうと思います!

マリージョアから消えたくまは、おそらくソルベ王国で奴隷達を解放するだろうと思っています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です